懲役太郎さん激怒 名古屋で起こった現代のホームレス狩りについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

youtubeを見ていると、いつも見ている懲役太郎さんが、かなり激怒されている模様。
内容は、名古屋のホームレスの女性をさらしあげて、おもちゃにしているような動画をTIKTOKで上げている若者です。
詳しい内容と、これが現代のホームレス狩りだなと思う理由について、まとめてみました。

このブログでは、youtubeの話題や、youtubeの炎上などにまつわるまとめや記載を行っています。よろしければほかの記事もご覧ください。

キッズ・リターン 考察 北野武映画の中で最も残酷で、最も深い作品 エンディング、ラストシーン、ネタバレ

建設会社に入っていた時のゆゆうたさんの壮絶なパワハラ、ブラック会社についてまとめ

三星ナナミ 登録者5万人超 令和のVTuber アイドルとの違い 中の人との境界線 子供は見るな

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

名古屋の路上生活者を無断で撮影し続け、さらし者にしてしまう現代のホームレス狩りについて

名古屋にいる路上生活者に対して、「食べ物をかってあげる」とコンビニまで行き、会計の前で置き去りにするという様子をTIKTOKにあげている模様が、ツイッターで問題となった。

なぜTIKTOKではなく、ツイッターで問題になったかというと、TIKTOKのコメントでは、あたかも被害にあっている路上生活者の女性が悪で、成敗させたかのように賞賛のコメントがいくかあったからです。

 

 

動画は、路上生活者から離れる実行者の若い女性が映っていますが、他にも若い男性やグループで、路上生活者を無断で撮影し続けて動画にしている模様です。

 

スポンサーリンク

SNSによるホームレス狩りがいとも簡単に狩られてしまう

今回の路上生活者の撮影について、自分たちはホームレスになるわけがないという全能感と、未来予知のなさから生まれた行為なのは間違いないでしょう。

これは私の中ではSNSを利用した「ホームレス狩り」です。晒上げて、相手の名誉を著しく棄損しています。

 

 

これが、従来のオフラインでの暴力で完結したホームレス狩りであれば、警察などが出動しないと判明することが難しく、闇に葬られてしまいます。

しかし、オンラインで全世界に公開される現代なら、実行したことによる承認欲求を得ることを引き換えに、自分たちもさらし者にされ、別のネットユーザーに狩られてしまう大きなリスクを抱えることになるのです。

まさにミイラ取りがミイラになるという事態です。

事実、ホームレスを晒した若者たちのアカウントや、動画などはツイッターで簡単に拡散され、へずまりゅう氏などの著名人にも拡散されています。懲役太郎さんのようにyoutubeといった別媒体で、取り上げられ、拡散力はさらに増します。

インターネット、とくにSNSなど簡単に個人が情報発信という名の刃をもっている令和の時代、自分たちも標的にされるという想像をしなければ、ネットを使う資格はないでしょう。

 

スポンサーリンク

その晒しに正当性と危険性はあるのかどうか?

今回の路上生活者をさらした若者たちの深層心理は、おもしろさや小ばかにしているという点があげられますが

一方で、「社会にはこのような人間がいるんだ」という曲がった正義感であげている可能性もあります。

仮にそうだったともしても、あの動画に正当性のかけらはないでしょう。

 

一方で、例えば、普通に道を歩いて、暴言をはかれたとか、暴力を受けたという実害を受けたなら、動画発信に正当性はあるでしょうか?

正当性は一定ほどあるかもしれませんが、相手の顔をさらしたり、そこに自分の感想などをのせてしまうと、まわりまわって相手に伝わって、被害を受ける危険性が高まります。

晒す、発信するという行為に正当性があったとしても、テキスト>画像>動画のようにリスク管理をはっきりとさせておくことが大切です。

 

情報発信をする場合、まずはそれを発信する影響を考え、発信すると決めた場合でも、万が一のことを考えて、オブラートに包む技術も考える。これが必要になります。

 

 

 

スポンサーリンク

情報発信の危険性やリテラシーに関しては、実際に痛い目にあいかけないとわからないこともある

現代は、SNSによる文章や画像、さらには今回のように動画で拡散、共有できる世の中になっています。

今回のSNSによるホームレス狩りは、特殊な例ですが、SNSでの発信についてあまりにも無防備すぎたり、後先考えずに発信している光景をいくつか目にします。

 

 

情報発信の危険性やリテラシーというのは、今回のように明らかに道義に反しているケースなら、事前に気づいてあたりまえなのですが

私もブログやSNSで失言したり、あやまった発信をしてしまうことは意図せずあります。それで、トラブルになりかけることもあります。

 

 

痛い目をみたり、九死に一生を得ないと気づけないトラブルもある点が、ネットの情報発信の厄介な点です。昨日がよかったとしても、今日事故にあたるというリスクは十分にあるのです。

キッズ・リターン 考察 北野武映画の中で最も残酷で、最も深い作品 エンディング、ラストシーン、ネタバレ

建設会社に入っていた時のゆゆうたさんの壮絶なパワハラ、ブラック会社についてまとめ

三星ナナミ 登録者5万人超 令和のVTuber アイドルとの違い 中の人との境界線 子供は見るな