令和の虎 北川哲平社長が引退の背景 賭けポーカーよりも深刻? レスの遅れ、出資遅延、不履行という問題があらわになる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログでは、令和の虎の賭けポーカー問題、炎上から、令和の虎の諸問題についてまとめてきました。過去の動画では、今後の令和の虎を支える虎になるであろう人物の1人に、北川哲平社長をあげていたわけですが・・・
なんと、諸事情により北川社長が令和の虎を引退することになったそうです。
そして、賭けポーカーの影響をうけて、困っている虎の子(志願者)たちを救済する企画で、一部社長と連絡できていないことや、出資を受けられていない事実が判明しました。

 

 

今回は、レスの遅れ、出資遅延、不履行と北川社長が指摘される内容を、軽くまとめるとともに、令和の虎は今後どうあるべきかを考える内容になります。

このブログでは、令和の虎についての内容をポジティブ、ネガティブを含め、発信しています。よろしければほかの記事もご覧ください。

令和の虎 賭けポーカー炎上についてまとめ 関係者、社長一覧の対応について思うこと

牛タンECの條社長の現在 林氏と前田社長との関係について 令和の虎炎上後・・・・ 

青汁王子こと三崎優太社長が生放送で暴露 令和の虎賭けポーカーをZ李氏に伝えたのは條社長 桑田社長は三崎社長を嫌っていた理由についての考察と推測

令和の虎 プチ炎上?和妻マジックの上口龍生氏と岩井社長の仲違いについてまとめ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北川哲平社長引退の経緯 令和の虎の闇? 出資遅延、不履行、レスの遅れについてまとめ

虎の子たちを守れ!コンテンツにて、複数の志願者が虎たちより、出資を受けていないという事実が判明。

一部しか入金されていない現状に対しても、北川社長は「オールオアナッシングなのに一部しか振り込まれていないのは、おかしい」と疑問。

北川社長がこれだけ主張される背景には、過去に共同出資した志願者が、「ほかの虎が出資遅延している」という報告を受けて、たてかえたという過去があるからです。

また、賭けポーカー関係なく、社会人として一度出資を決定したことに対して、約束を守らないのは、いかがなものか?という考えをもっています。

 

スポンサーリンク

番組の不手際を複数のタイガーファンディングで穴埋めするのはどうか?

北川社長が最も疑問に感じた事例として、キャビア鈴木さんの500万円の投資の件です。

500万のうちの200万はトモハッピー社長と林社長で、こちらを辞退。残りの300万は、実行予定ながら、辞退した200万円は、再びタイガーファンディングを受けることで、集める予定のこと。

こちらもオールオアナッシングの精神に反すると北川社長は指摘。ほかの志願者も穴埋めのために、何回もタイガーファンディングを受けることにならないのか?さらに200万円が約束されているわけではない。

この騒動で辞退された200万円は、他の虎で埋め合わせて、サポートするべきではないか?と北川社長は主張されています。

 

 

言葉だけではなく、北川社長は令和の虎のyoutubeのコメント欄でも、自分で200万円を出資する旨をコメント。これは主催の岩井社長に事前連絡なく行い、後日指摘されたとのこと。

北川社長があえて公然の見える形でコメントした背景は、内内で済ませてしまうとオール達成後の代替案が視聴者、志願者予定の方々に見えない形になるという不利益を考えたからとのこと。




私個人は、北川社長の勇気ある、志願者の立場に立った行動に感銘を受けましたが、感情的になってしまったことを反省し、北川社長は虎を降りることになりました。

今後は、こちらも元虎の竹ノ内社長の竹ノ内の虎に出演される予定。

だからといって令和の虎と完全に縁を切るのではなく、ファンクラブの形で付き合いを継続される予定です。

 

スポンサーリンク

令和の虎の問題点について 番組の長期化、志願者の増加により細やかな管理が不可能になっている

まず、前提として、出資が遅れている社長たちの言い分が全く聞けていない。虎側にも自分の事業や、大勢の志願者をみているケースがあり、出資遅延=悪であると断定はできません。

北川社長が、出資遅延に関する動画を流してから、続々と北川社長あてに出資遅延、連絡が途絶えたという報告が届いているといいます。

北川氏の考察は、推測の部分も多いため、ここでは割愛しますが、私が感じた原因としては

令和の虎は志願者を多く募りすぎている

これにつきます。令和の虎はモノリスが収益をあげている側面があり、マネーの虎以上に、超ハイペースで更新されていきます。

 

 

さらに投資が達成する確率も非常に高いため、1人の虎で複数の志願者を抱えてしまうという状態が多くみられます。

グループラインなどで管理はされているようですが、1つ1つのプロジェクトやビジネスは決して小さくなく、数年間、令和の虎が継続しているひずみがここで起こっているなと感じました。

多くの志願者を募るため、令和の虎運営サイドも、志願者と虎が密に連絡できているのか、入金はされているのか?といった細かいチェックが欠けている可能性が高いのです。

 

スポンサーリンク

令和の虎の危機について 一部の虎が出資遅延を行うことによって、誠実に投資している虎が馬鹿をみる

そして、この状況の何が不利益なのか?というと

  • 「令和の虎は岩井社長がやっているからとても安心できる」とおもって志願する志願者の方々
  • 志願者のために1日でも早い投資を行っている、誠実な対応をされている虎の方々

 

 

言葉を選ばなければ、たとえ覚えてなかったとしても複数の志願者に出資を番組上で決定している虎は、「この人すごい投資しているいい虎だな」って良いイメージを得て、志願者を一生懸命選定している虎は「自分の会社の宣伝、ケチ」みたいな評価を受ける可能性があるということです。

この「正直者が馬鹿を見る」事態をなんとかしないといけないのかな?と視聴者ながらに思いました。

 

私も、北川社長同様に、令和の虎は社会貢献できる番組だと思っています。過去の記事でも令和の虎経由で、使用した商品、サービスなどもあります。

その商品やサービスが社会で流通する現実を実現するためには、投資するという当たり前の約束事が必要になります。

今回の北川社長の警鐘については、令和の虎の根幹を揺るがす問題だと思います。賭けポーカーの時よりも重い問題ではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

岩井社長 出資遅延に対して返答する

オール、条件付きオールになって動き出している志願者は合計で86名(オールになったが断念した人などはのぞく)

86名中、68名はお金を受け取って、事業を始めている。

4名は、オールになったが自分たちの資金でやっていけるということで投資を断っている

いろんな理由があって、事業ができていない人が9名
(事業を始まっていないからお金が入らないことは当然)

キャビア鈴木氏に関しては、自分たちが契約書を作っていないことに非があると本人が言っている

マンゴーホルモン高橋さんは、問題があると思っている。結果として2人の社長が出資をしていない。

今後、令和の虎では弁護士に契約書をつくってもらって、トラブルが起こらないように気を付ける。

問題があれば、令和の虎に出演できないなどの手段をとるとのこと。




ごく一部、問題があることを認めたうえで、いままで8割以上の志願者がお金を受け取っていることを岩井社長から聞くことができ、以降のルールもしっかり統制されるようです。

 

 

令和の虎 賭けポーカー炎上についてまとめ 関係者、社長一覧の対応について思うこと

牛タンECの條社長の現在 林氏と前田社長との関係について 令和の虎炎上後・・・・ 

青汁王子こと三崎優太社長が生放送で暴露 令和の虎賭けポーカーをZ李氏に伝えたのは條社長 桑田社長は三崎社長を嫌っていた理由についての考察と推測

令和の虎 プチ炎上?和妻マジックの上口龍生氏と岩井社長の仲違いについてまとめ