受験生版タイガーファンディング 松原主宰がなぜ辞任したのか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

突然の松原主宰の受験生版タイガーファンディング脱退動画から一定期間経過し、引き継いだ令和の虎より、なぜ松原主宰が抜けてしまったのかという理由や経緯についての説明がされました。
その動画を視聴して、受験生版タイガーファンディングのファンである私が思ったことや、今後の受験生版タイガーファンディングについて思うことも含めてまとめてみました。

このブログでは、令和の虎、受験生版タイガーファンディング、成功者虎の壁についてまとめています。よろしければ他の記事も御覧ください。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

松原主宰が受験生版タイガーファンディングから抜けてしまった理由と経緯

株式会社受験生版タイガーファンディングを立ち上げ、新会社は、小林社長、細井先生、松原主宰で株を持っているという状態だった。

一見、一番の所有権は、松原氏にあると思われていたが、実質的な所有権は、第三者にあることが判明した。

受験生版タイガーファンディングに関わっていない人がその所有権を握っていることは、非常に問題である。

 

 

小林、細井、両氏は取締役を辞任する形になる。

その後話し合いになり、松原氏自らが、受験生版タイガーファンディングから全て手を引くという形になった。

もちろん、司会や裏方として残るという提案を、小林、細井、岩井社長も含めて提案するも、意志は固く、松原氏は辞める。

 

 

運営元は難航し、小林、細井はそれぞれ自分の会社、仕事があるが、細井氏の熱心なラブコールによって、岩井氏、令和の虎が引き受けることになる。

 

 

スポンサーリンク

受験生版タイガーファンディングの運営の裏側と大変さについて

受験生版タイガーファンディングの裏方としては、令和の虎のように虎をあつめたり、志願者の選定が必要になってきます。

動画で細井先生が説明されたように、未成年を扱うため、親御さんとの話し合いや、契約内容についてデリケートな部分が生じる。

そのため、小林、細井だけでは対応が厳しく、令和の虎というモデルケースを今なお運営し続ける岩井社長の手を借りることになったとのこと。

 

 

岩井氏は令和の虎との両立は難しいと感じていたが、受験生版タイガーファンディングのコンテンツの質や、志願者の熱意を考えると、このまま終わらせるのはもったいと感じる。

社内で会議を重ね、人員を増やすことで対応。

 

スポンサーリンク

受験生版タイガーファンディング 松原主宰のやめ際について

前回の記事でも書いたように、松原氏は自身のチャンネルで、受験生版タイガーファンディングを降り、経緯については令和の虎が説明するという動画を流されました。

この時点で、視聴者側は、松原氏と令和の虎である程度話がついて、松原氏が引き継ぎを行った上で、動画をだしたという認識で視聴していたものだと思われます。

 

 

実態は全く異なり、松原氏が小林、細井、岩井のグループラインで動画を上げたと同時に、youtubeで動画を公開しています。

7月までは志願者の手配と責任を持つという発言をされながら、唐突に抜けたことに対して、岩井氏は最後まで責任をもってほしかった、残念であると発言。

 

 

もともと、松原氏が令和の虎で、受験生版タイガーファンディングの企画をやりたいということで、林社長から出資を受けているのですが、返済は順調であり、その返済は必ず行うとのことでした。

松原氏にも、辞めるしかない事情があったかもしれませんが、動画に出演した3人は、松原氏の帰りをいつでも待っているとのことです。

 

スポンサーリンク

岩井主宰とモリテツ氏の関係について

ファンの間で、話題になった岩井主宰とモリテツ氏について、岩井氏はモリテツ氏を出禁にするほど嫌っているわけではありませんが、モリテツ氏が岩井氏に対して、多少の距離感を感じているようで、早急に、令和の虎運営の受験生版タイガーファンディングに復帰するわけではないということです。

ただ、モリテツ氏は、一度、復帰され、禊の動画も撮っているため、近いうちに復帰し、切れ味の鋭い質問をまたしてくれることを期待しています。

 

スポンサーリンク

受験生版タイガーファンディングについて思うこと

私は、令和の虎以上に受験生版タイガーファンディングというコンテンツが大好きで、主宰の松原氏も含めて虎の方々のキャラクターや、志願者に対する熱心な姿勢も好きでした。

繰り返していますが、受験生版タイガーファンディングの長所は、志願者(受験生)に対して、何千人と受験生を見てきた、受験のプロ中のプロが、5人ともしっかり向き合うという点です。

 

 

たまに、とんでもない志願者が出演することもありますが、未成年が出演しても、令和の虎以上の緊張感や、濃厚な議論、志願者に対する未来について、画面の向こうの我々も真剣に考えることできます。

令和の虎が、エンターテインメントも多少考慮されている点に対して、受験生版は、ドキュメンタリー色がかなり濃いといえます。

今回、令和の虎、岩井主宰が受験生版タイガーファンディングを引き継ぐことによって、延命できたことは、本当に喜ばしいことです。

 

 

私は今後とも、令和の虎含めて、受験生版タイガーファンディングも全力で応援していこうと思っていますし、この記事を読んだ人も、受験生版タイガーファンディングを応援していただきたいと思っています。

 

令和の虎 受験生版 まとめ これはひどい?再チャレンジ青山学院大学志望者の結果について

令和の虎 賭けポーカー炎上についてまとめ 関係者、社長一覧の対応について思うこと

牛タンECの條社長の現在 林氏と前田社長との関係について 令和の虎炎上後・・・・ 

青汁王子こと三崎優太社長が生放送で暴露 令和の虎賭けポーカーをZ李氏に伝えたのは條社長 桑田社長は三崎社長を嫌っていた理由についての考察と推測

令和の虎 プチ炎上?和妻マジックの上口龍生氏と岩井社長の仲違いについてまとめ