令和の虎まとめ

令和の虎 プチ炎上?和妻マジックの上口龍生氏と岩井社長の仲違いについてまとめ

2022年3月13日

残念ながら、賭けポーカーの騒動がひと段落ついたと思いきや、岩井社長が社内ベンチャーで向かい入れていた、和妻マジックの上口龍生氏の岩井社長との不仲暴露によって、また、令和の虎の一部がざわついた形となりました。
お互いに食い違う点があるのですが、内容について軽くまとめていきたいと思います。

このブログでは、令和の虎について、いろいろまとめていたり、取り上げています。

最近の問題、出資遅延についてのまとめはこちらから

令和の虎 北川哲平社長が引退の背景 賭けポーカーよりも深刻? レスの遅れ、出資遅延、不履行という問題があらわになる

 

 

すべてはここからはじまった 上口氏と岩井社長の社内ベンチャーまでの流れ

上口龍生氏は、マネーの虎の虎たちがあつまるレジェンド回の志願者として、出演されました。

サロンメンバーによる志願者虎の穴で、113万円を獲得して、本番組でも岩井社長の社内ベンチャーによって、ALL達成となりました。

ちなみに、お互いのいざこざを見た後に、あらためて上口氏の出演回をみると、今回の絶縁はなるべくして、なったのかな?と思ってしまいます。

改めて、南原社長のアドバイスの的確さや、岩井社長に対する危うさという人を見る目は、素晴らしいものだと感じさせられました。

 

社内ベンチャー解消の経緯 上口氏と岩井社長の主張の違いについて

今回の両者の言い分について、すべてまとめると膨大なテキスト量になるため、割愛する部分は多々あるので、ご容赦願います。

便宜上、上口氏の主張は黒、岩井氏の主張は赤で表示したいと思います。

 

結論から言えば、我妻のイベントの合間に上口氏と岩井社長のトークイベントがあり、岩井社長が「金返せ」といったことに対して、上口氏が「お金なんてもらってないじゃないですか」と言い返したことが、きっかけとなって、2人の関係は疎遠になります。

上口氏は、志願者虎の穴で得た113万円を、岩井社長の依頼によってモノリスジャパンに振り込みました。その113万円は、岩井氏と上口氏が共演するマジックの龍channelの運営資金として使われた。

動画を作り続けて、収益の条件を満たしましたが、youtubeからの広告収入はモノリスジャパンに振り込まれ、上口氏は一銭も受け取っていません。(現在ではチャンネルの権利はすべて上口氏のもの)

モノリスジャパンは1本約1万円程度のコスト、編集の外注なども依頼して、動画を100本以上制作し、当初の113万を使い切って、さらに追加投資をモノリスジャパンからしている。

youtubeの収益も雀の涙で、その収益も結果的に、上口氏の和妻サポートに使われた形になる。

 

上口氏が講演を行うための、衣装代、道具代などをモノリスジャパンに請求書を送るが、払ってもらえず、すべて自腹で行うことになった。

請求書を送られたら、しっかり払う。

コロナの影響で、渋谷公演しかできなかった。渋谷公演だけはまかなえるということで、渋谷公演だけは、上口氏が負担して、2022年の全国ツアーは支援してほしいと岩井社長に伝える。

渋谷公演は何が何でも自分で払うと上口氏が伝えていた。

令和の虎によって、チケットも売ってもらい、youtubeで宣伝してもらい、モノリスジャパンのスタッフには感謝している

 

金返せのくだりについて なぜ岩井氏は上口氏にフラストレーションがたまっていたのか?

前述のように、モノリスジャパンは上口氏のチケットを売るために、コストをかけて、番組を制作したり、他方にお願いしたり、スタッフたちの労働も伴っています。

上口氏からは、公演や仕事に関する連絡が深夜などもひっきりなしにかかることについて、社会人としてどうか?という疑念がわいたとのこと。

さらに、渋谷公演当日にいきなり、上口氏から打ち合わせのないトークイベントを提案され、足を運んだ観客のために了承したものの、上口氏の身勝手なふるまいについて、岩井社長はフラストレーションがたまっていた。

お金返せやという発言をしたものの、その前に上口氏から失礼な言動、態度がみられたことを受けての発言だったのことです。

ちなみに上記の動画を、上口氏は全く見ていなかったとのことです。

上口氏は、公演後から岩井社長と連絡できないといわれていましたが、岩井社長は、公演ために労力を尽くした社員たちに謝罪しないと気持ちよく仕事できないということを伝えたとのこと。

最後まで、上口氏から社員への謝罪などはなかったとのこと。

 

賭けポーカー炎上時の上口氏とのやりとりについて

賭けポーカー炎上時に、上口氏は、モノリスのスタッフ経由で、youtubeのチャンネルの権利を譲渡してほしいと依頼。

上口氏が、岩井社長に電話されて、心配するものyoutubeにあげる動画について「サムネで釣ってもいいですか?」と提案、そして公開されたのが、岩井社長とのやりとりを告白する動画だったのとのことです。

上口氏の動画によって、岩井社長に対して、「金をかえせ」という誹謗中傷を含むコメントが寄せられる。

上口氏は、岩井社長から動画の内容について誹謗中傷で訴えるといわれましたが、岩井社長は、顧問弁護士に動画を確認し誹謗中傷にあたらないかチェックしているとだけ伝えています。ここだけでも意味合いが違います。

そのあとのやりとりもちぐはぐな形になり、上口氏から一方的に社内ベンチャーを解消された形となりました。

岩井社長としては、しっかり謝罪があれば、関係を修復することも考えていたとのことです。

今回の騒動を受けて、岩井社長は今後社内ベンチャーの受け入れを一切拒否するとのことです。過去3人受け入れたらしいですが、どれも失敗されたとのことです。

 

モノリスジャパン岩井社長と上口氏どちらに問題があったのか?

両者の話をきいて、互いがしっかり話し合えばと思うところもありました。

これは、條社長と林氏の関係に似ていますね。上口氏が、岩井社長に過剰な要求をして、その要求が通らなかったから裏切りに感じてしまったという。

動画に関しては、挑発的なタイトルをつけたのは上口氏が先でしたが、岩井社長側も、「上口、目を覚ませ」というタイトルはややきつめに見受けられます。

岩井社長は、上口氏の出演回の時点で、上口氏が周りのアドバイスや気配りに対して無頓着な一面があることを問題視されていました。

そうであるならば、50歳を超えていたとしても、「こういう気遣いをすべきだ」「この裏ではこういうことがあるんだ」ということを、上司として伝えたほうがよかったと思います。

上口氏は、自分の意志を貫き通す強さや、行動力のある方だと見受けられますが、その熱意の裏返しとして、周りが見れていない一面があると思いました。

アーティストとしては、自分の作品のクオリティをあげるために周りを多少犠牲にすることは、必要かもしれません。

ただ、上口氏は会社の代表でもあるため、1人のマジシャンではなく、経営者として、モノリスジャパンと付き合うことを考えたほうがよかったのでは?と考えています。

令和の虎 北川哲平社長が引退の背景 賭けポーカーよりも深刻? レスの遅れ、出資遅延、不履行という問題があらわになる

-令和の虎まとめ