おいしいこってりラーメンを出す天下一品を見分ける2つの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

どうもみなさん、今日もお昼はラーメンでしょうか?なんと!!3食ラーメンですか!!

今回紹介するのは、京都発のチェーン店「天下一品」についての超当たり前情報をあえてブログにするという記事水増し企画・・・

(写真映えすごいですね。スープが黄金に輝いておりますな)

皆さん、天下一品はご存知でしょうか?・・・まぁ周知だと思います。

あの「こってり」ラーメンで有名で、味重ねがなかなか注文されていないラーメンチェーン店です。

店舗数は2018年現在で、238店舗に及びます。

僕もこってり中毒者のひとりで、1か月に1杯ペースで食べないと気が済まないです。勤務先と実家の近くになければ、わざわざ定期券エリアを超えてまで食べにいきますわ。

フランチャイズ展開を積極的に行っているわけですが、「餃子の王将」同様に、店ごとに特色があります。

例えば、二条駅前店は、昼の11時から3時まで営業されており、メニューの多くが定食セットになっていたりします。

店によって、若手中心、おっさん中心、夫婦経営?とココ壱番屋のように様々な形態があるのも面白いです。

チェーン店ですが、券売機の店もあれば、普通の店頭のレジで払う店も分かれています。時々混乱しますね・・・

ただ、それは店によって「味の品質が異なる」ということになります。

よく「やっぱり本店が抜けておいしいです」と言われています。僕も本店は人生で2回ぐらい行ったことがあるんですけど、本当に中毒なら無理してでも本店に行きますから、そこまでどでかい感動があったかというと・・・

大宮にある王将の一号店もうまいんですけどね・・・

というわけで、今回は最低限「天下一品」のおいしい店の選別法を書きます。

①炒飯はあっさりしているのか?

ラーメン屋なので、ラーメンと炒飯をセットでよく頼みます。

駄目な天下一品の例として、炒飯の味がやたらと豚臭い、肉臭い味わいになっている店があります。そういった店は、こってりラーメンの豚骨にえぐみが出たり、逆に豚骨のコクがスープに浸透しきっていないという場合はほとんどです。

あと炒飯に脂身が多いかどうかは、鍋をしっかり洗っているかという4Sを選別するうえでも判断材料になります。

②細麺は選べるのか?

本店で初めて知ったのですが、麺の堅さではなく種類を選べる店もあります。

個人的に天下一品は、細麺一択です。

こってりスープと麺の絡みが最も絶妙です。麺が普通だとスープとの絡み具合がいまいちだったり、お腹にもたれるだけってこともありますので。

でも、細麺が選べる店って意外と少ないんですね。

「すいませんやってません」と返されることが多いです。これは逆に細麺を選べる店は、客のリクエストに応えられる準備ができているというとらえ方もできます。

いろんな店舗にいったといっても5~6店舗ぐらいなんですけど、ひどい店は器を使いまわしているのか、スープが異常に酸っぱかったりするんですよね・・・

値段が変わらないからこそ、良い店を選びたいもの・・・

うわ・・・・写真貼って見続けたら、こってり食べたくなってきましたわ~

いってきま~~~~す

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。