麒麟川島さん始めファン多数 新福菜館たかばし本店 中華そばとチャーハンの評価  |スープ 第一旭と比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日は1938年創業の京都たかばし、京都駅近くにある新福菜館(しんぷくさいかん)本店へいってきました。先日、お笑いコンビの麒麟(きりん)がラーメン屋を食べ歩く番組をやっていて、麒麟の川島さんが、舞台の合間に食べに行くほど好きという新福菜館の話があったので、行きたくなりました。


このブログでは、京都のラーメン情報を発信しています。よろしければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

新福菜館 スープがしみるチャーハンが有名 甘くて濃厚なここでしか味わえないおいしさ

新福菜館といえば、濃厚の醤油スープの中華そばが看板商品ですが、中華そばの醤油スープをつかったチャーハンも同じように有名です。

 

 

醤油スープをからめたチャーハンは、香ばしいというよりは優しい甘さに包まれており、食べやすく、女性でも簡単に平らげるようなおいしさではないでしょうか。

麒麟の川島さんがやったように、チャーハンに中華そばのスープをつけるという罪な行為も(笑)

醤油スープの濃厚な味わいとチャーハンのパラパラした食感が非常にマッチングしております。

 

新福菜館 黒い中華そば 極厚チャーシューと太麺の男らしい組み合わせと繊細な甘さ

新福菜館の中華そばとご対面です。秋葉原など関東にも出店しているので、京都以外の方にもなじみのあるラーメン店ですが、やはり本店は一味違うのでしょうか?

まず、チャーシューの厚みに感動しました。決してチャーシューラーメンを頼んだわけではないのに、極厚で、量も多いチャーシューです。これが甘口醤油にしっかりからんでいます。このチャーシューだけでご飯が3杯はいけそうです。


ねぎも大きめにざっくりカットされており、ねぎのちょっとした臭みも感じられるのですが、ねぎ本来の味わいとこれまた醤油スープの絡みが、素晴らしいです。

 

 

極めつけは、極太の中華麺です。すするたびに醤油の豊かな風味が鼻孔を突き抜けます。

麺、チャーシュー、ねぎのそれぞれが全く異なる形で、醤油スープと対面することで、中華そばの楽しみ方とおいしさが飛躍的に増しています。

 

たかばしにある新福菜館と第一旭はどちらがおいしい?

新福菜館 本店 たかばし 京都

実は、たかばし店の隣には、第一旭の本店もあります。新福菜館と第一旭はほぼ同じ場所で、しのぎを削っているわけです。

私は、地元民ですが昼間の混雑する状況では、第一旭の方が圧倒的に並んでいます。昼のピーク時でありながら、新福菜館は並ばずに利用できる状況もあります。

店内の席数は、決して第一旭が少ないわけではありません。

 

 

新福菜館も第一旭も王道の醤油ラーメンでともに勝負しています。

どちらもストレートな醤油の味わいで、魚介やとんこつを前面に押すというものではありません。

決して、新福菜館が第一旭に大きく劣っているわけではありません。食べログでも新福菜館本店には、1000を超えるレビューが記載されており、好意的なレビューが多いです。

 

 

地元民である私の考えだと、どちらもチェーン展開しているのですが、第一旭はチェーン店ごとに独自性があり、ラーメンの味わいもばらつきがある。新福菜館は黒い醤油ラーメンという共通点があり、統制の取ったチェーン展開をしている。

つまり、京都駅近くまで訪れなければ、第一旭本店の味は食べられないけど、新福菜館本店に近い味は、ほかの店でも近いクオリティが食べられるということです。

 


こうなると、第一旭本店の方に足を運びたくなるというのが、人の心理です。

統制の取れたチェーン店であるほどこの傾向は強いですね。京都で有名なチェーン店をあげると、餃子の王将、天下一品などがあげられ、私はどちらも1号店、本店を利用したことがありますが、休日にわざわざ本店にいかなければならないか?と問われたら、近所のチェーン店を利用すると答えますね。

 

新福菜館の醤油ラーメンのスープに対する考え方

純粋に味の点で、新福菜館の醤油ラーメンを評価すると、スープの量がかなり多いです。通な人はチャーハンと中華そばを一緒に頼むのですが、中華そばは、(小)で頼むこともあるようです。

極太麺で麺をすべて消化すると、スープを飲むだけの体力が残っていません・・・

新福菜館のスープはストレートに醤油で、飲み続けるとすき焼きの残り汁をすすっているような幸福感に包まれるのですが、ではどんぶり一杯平らげたいといわれると・・・

 

 

ラーメンの評価基準は人それぞれですが、私は個人的にすべてスープを飲み切れた店が好きだ・・・という評価基準になります。

すべて飲むことが善ではないにしても、新福菜館のスープは、半分ぐらい残してしまいました。

天下一品は、こってりであることを利用して、あえてスープを少なめに設定して「次も飲みたい」と心残りにさせますし、第一旭は絶対に最後まで飲めるぐらいのあっさりしてますからね・・・

 

以上が、新福菜館のレビューでした。間食にチャーハンだけ食べに行くのもありですし、醤油ラーメンだけでもいいですかね。このラーメン屋にしかない味わい、体験などがあるので、京都に訪れた際、京都駅の帰り道に寄ってみるのもお勧めです。