高麗人参茶という身体を温めるおすすめの食べ方でインフルエンザに備えたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今年は、10月からインフルエンザの季節といわれています。すでに予防接種を受けている人は多いでしょう。
しかし、私は昨年予防接種を受けながら、インフルエンザにかかってしまいました。
今回は、海外の研究結果や、韓国人は免疫力を高めるために使用しているといわれている高麗人参茶を買ってみました。
紅茶やしょうがといった食品も併用して、インフルエンザに備えたい人やそうでない人も、高麗人参茶というお勧めの食べ方を提案したいと思います。

今回は、ドラッグストアに販売されている「高麗人参茶」を購入しました。

ドラッグストアによってプライベートブランドで販売している店もあり、今回は60包を2980円で購入することができました。1包あたり50円ぐらいの計算ですね。健康食品と考えるとリーズナブルですかね。

ちなみに今回購入したのは、コスモス薬局の「紅極」という商品です。店内でも喧伝されていたので、思わず買ってしまいました。

スポンサーリンク

お湯に溶かして、身体を温める 利便性が非常に高い高麗人参茶という食べ方

このように赤と金できらびやかな見た目になっていることが多いです・・・写真が撮りづらい

高麗人参エキスだけではなく、ビタミンCも配合されています。
ビタミンCも風邪の予防として、日ごろから服用されている方が多いです。

顆粒タイプが便利な点として

  • 個包装で携帯性が高いこと
  • そしていざというときにそのままで、飲むことができるということ

食べ方にアドリブを効かせやすいのです。顆粒なので、サラダやヨーグルトにかけるひともいるでしょうし、飲料水に混ぜることで苦みを軽減させる人もいるでしょう。

そして、水やお湯に溶かして飲むことができます。お湯に溶かすことで、早朝に飲めば身体をしっかりと温めることができます。

個人的には、お湯でとかす食べ方が、一番理想的でお勧めです。本当にあったまりますから。

まだ使用して日が浅いので、効果を実感とまで至りませんが、身体を温める性能常に高いものであると感じています。

下記のお湯でといた食べ方で、飲んでみましたが、このブログを書いている間も少し暖かさを感じるぐらいに、ぽかぽかしています。

ただし、高麗人参特有の生薬っぽい独特の臭いや、ちょっとした酸っぱさや臭みも入っています。「良薬口に苦し」・・・といったところでしょうか。

(ネットでも販売されていますが、サポニンの内容量や、価格なども変わってきます。ドラッグストアがプライベートブランドとして、扱っている場合は、供給量は安定しているので、近所で力入れているドラッグストアを探すのもありです)

風邪薬に関しての医薬品紹介はいろいろと行っています。よろしければ参考にしてみてください。

高麗人参のサポニンによる免疫力の高さ、インフルエンザの予防に期待したい

高麗人参の主成分はサポニンで、血流を改善することで、疲労回復やアンチエイジング、冷え性改善ができたという口コミや、リピーターが多い商品になっています。

サポニンは、6年間、皮をむかずに蒸して一番搾りした高麗人参の「6年根」「一番搾り」の製法によって増えるといわれています。

そして、今回の「紅極」もそうですが、高麗人参を使用した商品の中には

「大韓民国政府機関の認定マーク」が使用されている商品を購入されることをお勧めします。

大韓民国政府機関が、安全と品質を認めた高麗人参を100%使用した商品にのみ与えられるマークです。

高麗人参は近年、エナジードリンクでも積極的に使用されているということもあり、健康食品の中では、若年層への認知度も高いです。

高齢者のみならず、現役で頑張るサラリーマンの方でも積極的に高麗人参のドリンクを購入される人が多いです。

滋養強壮、疲労回復に魅力を感じる現代人が多く、今回紹介した顆粒のみならず、ドリンクや錠剤、カプセルといった販売形態が非常に広い。

【特集】高麗人参 市場規模250億円に到達、「温活」「エナジー」がキーに

またドラッグストアや、コンビニのような実店舗から、ネット通販でも、高麗人参を専業として取り扱っている店舗が、存在します。高麗人参の人気の高さが、うかがい知れます。

日本では、高麗人参は上記のような認知と人気になっています。

一方で、高麗人参の本場の韓国では、「免疫力を高めるために使用する」人が多いということを、高麗人参の商品を取り扱う会社の方から伺ったことがあります。

アメリカのマウス実験でも、免疫力が上がるという結果が出ているようです。

あくまで「食品」扱いであり、医薬品ではないので、「高麗人参はインフルエンザ予防に効果的です!!」といえません。

最近では、テレビなどでしょうが紅茶などが、インフルエンザ予防に活用できるという内容をよく目にします。予防接種と並行しながら、免疫力を高め、そして睡眠をしっかりとることで、インフルエンザへの予防は強固になっていくでしょう。

私は2019年の1月にインフルエンザにかかって、つらい思いをしたので、この高麗人参を使用しながら、体調管理をしっかりして、今年から来年にかけてインフルエンザにならないように、万全の準備をしていきたいです!!

後に、実際に高麗人参を使用して、インフルエンザにかからなかったどうかも含め、後日談を記載する所存です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。