のどぬーる 鎮痛カプセル 喉の痛みと熱に イントウェルからリニューアル 評価・口コミ    |ペラックT錠との比較 イントウェルとの違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回はのどぬーる 鎮痛カプセルというカプセルの医薬品の紹介です。のどぬ~るといえば、スプレーを筆頭に小林製薬の代表的なシリーズですが、今回は喉の痛みや熱に特化したカプセルになります。
ドラッグストアで働いていて、前身のイントウェルを何個か販売したことがあり、私自身もよく喉の痛みに悩まされています。
元はイントウェルという名前の商品でしたが、リニューアルしたことでどのように変化したのでしょうか?
今回は実際に使用したレビューと、イントウェルから何が変わったのか?ほかのペラックT錠と比較して、のどぬーる鎮痛カプセルがどのような人に適しているかを紹介します。


また、過去にも喉の痛みに対する医薬品をいくつも紹介しています。よろしければ参考にしてみてください。

銀翹散 葛根湯との違い 

ぺラックT錠 

昔からの龍角散粉末タイプを服用した

ファミリー層から支持の厚い コルゲンうがい薬ワンプッシュ

アズレンスプレー 

ツムラの漢方トローチ 桔梗湯 

 

 

スポンサーリンク

のどぬーる 鎮痛カプセル イントウェルからリニューアル 喉が痛いときにカプセル3つは辛い

のどぬーる 鎮痛カプセル 中身 カプセル

のどぬーる鎮痛カプセルは、もともと同じく小林製薬で販売されていた「のどぬ~るシリーズ イントウェル 内服カプセル」のリニューアル商品になります。

2019年8月からになるので、かなり最近ですね。

値段や成分、効能効果はそのまま据え置きです。

咽頭炎がよくなるという意味を込めて、イントウェルとつけられたと想像できますが、イントウェルを直接指名されるお客様もいましたね。


のどの痛みが強いお客様には、ペラックなどの錠剤タイプをおすすめすることもあるのですが、仕事中にも服用しやすいスプレーやトローチを好まれるお客様が多いです。

私も不摂生なので、いつも喉を傷めるのですが、錠剤タイプの方が炎症などを抑える力が強いと感じます。

 

鎮痛カプセルという名前の通り、カプセルタイプになっています。中が液状になっており、早く効きそうな構造になっています。

残念な点として、喉が痛いときに服用するにも関わらず、1回服用量がカプセル3つなんですね。喉が痛いときにこれは辛いですね。

カプセルや錠剤がのみにくいからドリンクや粉薬を選択されるお客様も多いです。

 

のどぬーる 鎮痛カプセル ペラックT錠との比較 それぞれにお勧めな人

のどぬーる 鎮痛カプセル 添付文書 効能効果

のどぬーる鎮痛カプセルは、主にのどの痛みに服用するものになりますが、同じく有名な第一三共ヘルスケアのペラックT錠とどのように違うのでしょうか?

ぺラックT錠 のブログ

比較してみると、1番の違いは頭痛薬としても使われるイブプロフェン(解熱鎮痛剤)の有無です。


のどぬーる鎮痛カプセルは、イブプロフェンが主成分に入っており、EVEなどと同様に1日量が450ミリ入っています。

そのため、イブプロフェン+トラネキサム酸で喉の痛みをしっかりと抑えるとおもに、熱や頭痛を伴う場合は、のどぬーる鎮痛カプセルは良い選択肢になるでしょう。

一方で、イブプロフェンが入っているため胃に影響を与えてしまう点と、15歳以上しか服用できません。一方で、ペラックT錠は7歳からも服用できます。

(ペラックも最近パッケージをリニューアルしました)

他の違いとして、ペラックT錠は、イブプロフェンがはいっていませんが、トラネキサム酸の量が多く、効能・効果に「口内炎」の記載があります。塗り薬ほどの即効性はありませんが、一応頭の片隅に入れておいて損はないです。

 

両者共通のメリットとして、咳止めや鼻水をおさえる抗ヒスタミンなどが配合されていないため、眠気が起こらないというのが、大きなメリットです。

ただ、漢方の桔梗湯など眠気が起こらない喉の痛みの医薬品はほかにも選択肢があります。

まとめると

  1. ペラックT錠は7歳から服用できるが、のどぬーる鎮痛カプセルは15歳以上しか服用できない
  2. のどぬーる鎮痛カプセルもペラックT錠も眠気を催す成分がはいっていない
  3. のどぬーる鎮痛カプセルは、熱と喉の痛みだけの症状なら、ピンポイントに働く成分が選ばれている

以上は最低限の違いになります。

 

のどぬーる 鎮痛カプセル スプレーなどは殺菌消毒が目的だが、鎮痛カプセルは、喉が痛くなった時こそ飲める

総括すると、のどぬーる鎮痛カプセルは、必要最低限の成分で構成されています。

のどぬーるシリーズの代表格であるのどぬ~るスプレーやのどぬ~るは、ヨウ素が主成分で、殺菌・消毒を目的としたもので、喉が痛くなった時の使用に適さないものになっています。(勘違いしている人が多い)

(こちらばかりが目立っている気もします)

一方で、のどぬーる鎮痛カプセルは、喉が痛くなった時に最も適している医薬品になっています。

しかし、あくまで対処療法で、喉の炎症や痛みを一時期的に抑えているにすぎません。そのため、喉の痛みがひいたらしっかりと休養をとるように心がけましょう。

そうしないと

痛い→薬を飲む→痛みがおさまったので無理をする→痛い→薬を飲むというループに陥ってしまいます。

治すのではなく、あくまで抑えるものであるという認識で服用しましょう。

夜更かしが多く、喉を傷めることが多いので、これからいろいろと活躍してくれそうです。

できることならばカプセルを3つ飲むのがしんどいので、カプセルの服用量を減らす方向に改善してほしいなと考えています。

 

銀翹散 葛根湯との違い 

ぺラックT錠 

昔からの龍角散粉末タイプを服用した

ファミリー層から支持の厚い コルゲンうがい薬ワンプッシュ

アズレンスプレー 

ツムラの漢方トローチ 桔梗湯