ツムラの漢方トローチ 桔梗湯 感想・レビュー 味も効果もマイルドなトローチ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今日はトローチの紹介です。ツムラの漢方製剤「桔梗湯」のトローチです。

カンゾウとキキョウで構成されたトローチで、「体力に関わらず使用でき、のどがはれて痛み、ときにせきがでるもの」に使われます。

5歳以上で1日1錠、15歳以上で1日2錠でそれぞれ1日3回の服用になっています。

トローチなので、噛まずに口の中でしっかりと溶かして服用してください。

トローチは、アズレンを使用した抗炎症(喉のはれ)に効くトローチや、セチリピリニジウム(コルゲンうがい薬に使われる殺菌成分)を使ったトローチがあります。

それらを使ったことがないので、比較はあまりできませんが、使用した直後は確かに喉の痛みは和らぎます。

一応、せきにのも効能があるのですが、のどの痛みだけでしたので、効果はわからず・・・

味わいも甘く、ちょっとチョコレートの風味があって「漢方製剤」としり込みしてしまいますが、服用しやすいです。これを直接注文されるお客様もいますからね。

効き目もマイルドで、トラネキサム酸の「ぺラック」は、半日ほどの効き目がありますが、ちらは2錠服用しても30分~1時間ぐらいの効き目にとどまり、また喉が痛くなります。

桔梗湯そのものが、他の駆風解毒散(くふげどくさん)などの他の漢方処方製剤に比べて、マイルドであり、風邪薬や喉の薬でも使用されているものなので、こんなものでしょうか。

短気使用に限られるものではありませんが、5~6回の仕様で改善がなければ、高熱を伴う二次感染を起こしている可能性があるため、医師の診察を受けるなどの検討が必要です。

初めて漢方を使われるのは、「葛根湯」というかたが多いかもしれませんが、桔梗湯の方が汎用性が高く、のどの痛みという熱よりは、症状が出やすい状況で使えるので、こういうトローチがあるということをお見知りいただければ、幸いです。

(歌手やタレントも使っているという、声がれに対して、効果の高い漢方。いずれカラオケ後に使ってみたい・・・)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。