InFAMOUS Second Son インファマスセカンドサン 評価・感想 いかにしてゴーストオブツシマにつながったのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム温故知新(ゲームレビュー+考察)
inFAMOUS™ Second Son_20210628215356
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、名作ゴーストオブツシマを手掛けた、サッカーパンチプロダクションによるインファマスセカンドサンを遊んだ感想になります。
古い作品なので、クリア後のネタバレレビューになります。主にストーリーやオープンワールドのゲーム性について語ったブログになります。
このインファマスがどのようにして、PS4で最も評価されているゴーストオブツシマにつながったのか?を深く考えるブログになります。

 

このブログではドラッグストア店員で登録販売者の筆者が、ゲームレビューをしています。PS5の最新作もレビューしていく予定です。

ゴーストオブツシマ ストーリーレビュー ネタバレあり エンディングの意味と境井仁の行動 オープンワールドのストーリー最高傑作のひとつ

DAYSGONE デイズゴーン考察 ネタバレあり クリア後 登場人物よりストーリーを振り返る

Marvel’s Spider-Man: Miles Morales PS5 スパイダーマン マイルズモラレス クリア後評価・感想 

 

 

スポンサーリンク

インファマス セカンドサン ストーリー あらすじ

主人公のデルシン・ロウは、シアトルの海岸沿いに住んでおり。兄のレジーはシアトル警官で品行方正。

そんな兄とは対照的にデルシンはやんちゃばかりしており、仲の良いアコーミッシュのベティの世話を焼いています。


ある日、コンジット(超能力を持つ人たち)を収容している車が事故を起こし、逃走したコンジットと接触した、デルシンは、ハンクというコンジットから煙の能力をもらいます。

DUPというコンジットをバイオテロという危険因子として、管理する組織のリーダー、オーグスティンに目をつけられたデルシンは、オーグスティンの能力と、見せしめにアコーミッシュたちにコンクリートを植え付けられます。

シアトルでは、逃走したコンジットを捕まえるためにDUPが戒厳令と拠点を敷いており、実質支配体制に。


住民の中にはコンジットに恐怖するものもいれば、強圧的なDUPのやり方に不満を持つものも。

兄とともにシアトルに降り立ったデルシンは、脱走したコンジットと協力して、オーグスティンの目的を暴き、シアトルを解放するために能力を使っていきます・・・・

 

インファマス ストーリー評価 善と悪どちらに進んでも結末は大きく変わらないのが不満

インファマスシリーズは、主人公に善の道を進むか、悪の道を進むかを選択させ、ストーリーや展開が分岐していきます。

例えば、人を助けたり、敵を拘束した場合は善の道になり、善の道に沿った行動をすることで、経験値が手に入ります。悪の場合は全く逆となります。

インファマスセカンドサンでは、善の道に進めば、デルシンはDUPの支配からシアトルを救うヒーローとしての道を歩みます。

悪の道を進めば、DUPの目論見通り、危険因子のコンジットとして市民に恐れられます。立ちはだかる重要人物を助けず、次々と処刑していきます。

これだけみると、善と悪でだいぶストーリーが違って見えるかもしれません。ただ結果的に重要な人物の死を免れることはできません。悪の道にすすむとデルシンの言動もかなりサイコパスにむかっていくのは、ゲームならではの味付けですが・・・

ゴーストオブツシマでも、境井を侍として生きさせるか、冥人(くろうど)として手段を選ばず殺傷させる人物にさせるかを、ストーリーで選択できるようにしたかったと思われます。


実際は、物語終盤の大きな結末を選ぶだけにとどまり、ゴーストオブツシマでは自由なゲームプレイと、逃れられない運命と戦う境井のストーリーが重く描かれることで、成功を収めました。

インファマスは、方向性の選択が魅力でありながら、それが「縛り」となってしまい、善の道でプレイしても、時々破滅的なプレイをしたいし、悪の道でプレイしても人助けがしたいと思っても、別のセーブデータをつくって、プレイしなおさないといけない不便さが勝ります。

 

インファマスセカンドサン ネタバレ考察 オーグスティンの目的は何だったのか?

インファマスセカンドサンのボスであり、デルシンと対立するDUPのリーダーであるオーグスティンという中年女性。

ラストにオーグスティンに触れることで、コンクリートの能力をデルシンは手に入れ、彼女の過去を知ることになります。

オーグスティンは、コンジットへの迫害を目の当たりにして、コンジットの迫害を止めるために、DUPというコンジットを管理する組織を作り上げ、政府に認めさせました。

ミイラ取りがミイラになるのではなく、ミイラがミイラ取りになるという構造になります。

オーグスティンは軍経験者というカリスマ性で、統率しており、自らの能力であるコンクリートをほかの兵士に分け当たることもできます。能力を盗むデルシンとは対照的な立場です。

オーグスティンはコンジットの救済を掲げておりますが、コンジットを収容した先で、コンジットを訓練していたことからもわかるように、XMENのマグニートのように、人間に反旗を翻す準備を着々と行っていたことがわかります。

そのため、オーグスティンはコンジットには、優しく。デルシンに対してもまともに話し合うし、能力を開花させていくデルシンを見て、笑顔を見せさえもします。

対照的に、コンジットではないアーミッシュの部族やデルシンの兄に対しては、命を奪っても良いという覚悟で攻撃します。これはオーグスティンが無意識のうちに、人間に復讐したいという表れです。

最後にゴーレムのような姿で、殺意むき出しでデルシンに襲うオーグスティンですが、それが彼女の本性だったのでしょう。

 

 

インファマスセカンドサン オープンワールドとしての魅力

舞台となるシアトルの美しさは、さすがに6年後に発売されたゴーストオブツシマに比べると、粗さが目立ちますが、2021年基準で見ても、アスファルトやビルの景観は美しく描かれています。

特に夕日の描写は特筆するレベルで美しいです。

ただ、スパイダーマンと同じように主人公の移動手段が空を飛べるなど、かなり優れていたり、ファストトラベルも、DUPの拠点を制圧すれば使用でき、便利なため。美しい景観はただの背景に終わってしまうことも多々あります。

また、サブストーリーなどはあまりなく、メイン以外は拠点を制圧するだけにとどまっております。フィッチやユージーンといった魅力的な相棒と共闘するのもメインミッションに集約されており、もう少しコンジット関連にまつわる、サブイベントがあればよかったと思います。

(麻薬におぼれ、麻薬によって兄妹を失ったことで、麻薬組織に復讐を誓うフィッチを更生させるも、復讐に付き合うのもプレイヤー次第です)

また、優れた移動手段がいくつもあるにもかかわらず、レースゲームなどのサブイベントがないのは、かなり残念です。

 

インファマス セカンドサン 戦闘 TPSによるリソース管理の面白さ 後半からステルスなど自由度が広がる

デルシンは近接と遠距離攻撃それぞれもっており、ゴーストオブツシマのように中盤以降は、優秀なステルス攻撃を備えることも可能です。

まさにプレイするXMENといったところですが、完全無欠で圧倒するというゲーム性ではありません。

デルシンは、スモーク、ネオン、ビデオとそれぞれエネルギー供給源をさがしながら、エネルギーを満たしつつ敵と戦う必要があります。

例えば、序盤はスモーク(煙)の力だけが使え、煙をつかって遠距離攻撃するのですが、遠距離攻撃を多用すると、煙のエネルギーが枯渇してしまいます。煙突や故障した車から煙を供給して、また戦います。

これによって、リソースを管理するシューティングゲームにある楽しさがあります。

また、複数の敵を処刑したり、拘束したり(善か悪かで決まる)すると必殺技が使えるようになり、周囲の敵を一掃します。

この必殺技がかなり強めにつくられています。

善の道でプレイすれば、敵を連続して拘束すると使用できますが、1人でも殺傷してしまうとまた連続して拘束をやりなおすことになります。

悪の道の場合はとにかく敵を撃退すればいいのですが、一定時間撃退が遅れるとまたやり直しになります。

この違いが面白く、インファマスの善悪選択制のなかでも成功例の1つになっています。

ゴーストオブツシマでも、必殺技はかなり派手に強めに設定されています。

 

インファマスセカンドサン 総評 なぜゴーストオブツシマは名作になったのか?

インファマスはPS4のローンチとして登場しました。PS5でプレイしたので、比較はできませんが、ローンチで考えると素晴らしい作品でした。

ただ、ローンチとして発売するために、メインストーリー一本道的な遊び方になってしまうのが、少し残念でした。

その改善点をゴーストオブツシマでしっかりされています。こうして比較すると面白いですね。

 

ゴーストオブツシマは、戦闘のシンプルさ、爽快感、そして寄り道の多さ、探索の楽しさなど、インファマスセカンドサンでは、物足りなかった部分を見事に、補完して、昇華させています。

8月には、追加要素とPS5向けにチューンナップされたディレクターズカットも発売されるので、非常に楽しみですね。

 

ゴーストオブツシマ ストーリーレビュー ネタバレあり エンディングの意味と境井仁の行動 オープンワールドのストーリー最高傑作のひとつ

DAYSGONE デイズゴーン考察 ネタバレあり クリア後 登場人物よりストーリーを振り返る

Marvel’s Spider-Man: Miles Morales PS5 スパイダーマン マイルズモラレス クリア後評価・感想 

 

タイトルとURLをコピーしました