己のヒキを測定 全てのスロッター必携アプリ フリーズライフの攻略とレビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スマホを買うと、「お前はスロットを打ちに行け」といわんばかりに充実したアプリが並んでますね。カチカチくんを筆頭に天井測定アプリ、そして本命の実機アプリ。実践動画も見放題。

スマホの月額料金+パチスロでお金を失う・・・この二重苦に苦しめられているカイジ連合軍多数。

まぁ、ギャンブルを推奨するわけではありませんが、ゲーム性としても実用性も兼ね備えたスロッター御用達アプリをあえて紹介しましょう。

2016年秋にリリースされたばかりのフリーズライフというアプリです。

このアプリに対する解析、攻略が乏しいので、あくまで僕の主観的情報であることを了承願います。

はじめにこのアプリ、レバー押しっぱなしでセグが進むオートカウンターという課金要素があります。99999回オートなどありますが、すべてクリアするとオートカウンターの課金はいりませんし、毎日ログインボーナスで2000のオートカウンターをもらえます。

課金するとしたら広告削除でしょうか、あまり気になりませんけど。

まずゲームを始めると「フリーモード」から始め、

8192、16384、32768、65536、98304からランダムにあてられた確率分母で実践。

金枠のレバーとセグの映像だけが表示された画面で、レバーをペチペチタッチするとセグの数字が1ずつ増えていく。見事フリーズをひきあてると、プチュンと黄文字の映像とともにフリーズ成功画面が。そしてどの確率分母が選ばれたかも公開されます。

(やることは画面のレバーをペチペチたたくだけ。シンプルです。指の運動になります)

(なんというグレーゾーン)

フリーモードでフリーズした確率分母はモードセレクトでいつでも再挑戦できます。

フリーモードでフリーズすると、ステップアップモードと体験いうゲームが立て続けに発生。

512分の1から半分ずつ減っていき、2分の1まで確率分母内でフリーズを引くという己の引きのみがゲーム性となっているモードです。最初は256分の1や128分の1で終わってしまうと思います。

(結構難しいです。クリアしようと気張らず適当な暇つぶしでたまたまクリアしたよって感じになるかと)

このステップアップモードが進んでいくと神々の凱旋やハーデスのGG中に似たBGMが流れて熱くなるんですよね~

このステップアップモードを成否にかかわらず4~5回ぐらい出すとフリーモードからステップアップモードだけを遊べます。

何回か遊んでいくとフリーモードにある1024分の1などが全く解放されません。暇つぶしにステップアップモードを繰り返して、ある日の深夜にたまたまクリアしました。

ステップアップモードをクリアすると256、128、64、32、16、8、4,2がすべて開放します。加えて、1タップ1回転だったのが、1タップ長押しで10までカウントしてくれる機能が開放されました。

それでも1024,2048,4096が開放されない・・・・

よく注目するとフリーモードで確率を選んでフリーズすると選択した確率が白枠から黄色枠に・・・これってクリア要素?ということで32768まで黄色枠にして、以上の確率分母がすべて解放

(もう一度フリーモードから確率を選んでクリアすると黄色枠に)

98304も2万回転ほどで運よくヒットして、10回転、100回転のオートカウンター。要約するとレバー押しっぱなしで自動的にセグが回り続けます。

帰り道で人差し指、中指でポチポチしていたあの頃が懐かしい・・・

選択できる分母が増えて、何回転でフリーズしたか分かりやすくなるので、フリーズの引き測定器としてクリア後は存分に発揮してくれます。

ゲームのコンセプト通り8192を何回転以内に引けるか実践前に占ったり、パチンコのSTや確変中の66分の1や32分の1を100回転以内に何連続引けるか仮実践することもできます。願わくば現行パチンコのように99,199,319があったら完璧だったんですけどね。

暇つぶしアプリで、スマホを凝視する必要がないのがメリットで、ステップアップモードのようにゲーム性のあるモードもあります。そしてクリアすると確率シュミレーターとして利便性が広がっていくのがいいですね。最初からすべて解放したほうがいいんではないか?ってことですけど、「当たるかな~あたんないかな~」とちょっとした運試しをしながら携帯できるスマホアプリという特性に合った作品だと思います。スロッターファンは必携のアプリです。