IMU(いむ)ちゃんねる 来店イベントに行った感想 出玉、設定とリアルカイジさんの屋台について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、IMU(いむ)ちゃんねるの来店イベントに参加した話をします。私のブログでは、いむちゃんねる関連の記事が一番読まれており、近場でいむちゃんねるの来店イベントが行われており、リアルカイジさんの屋台も同時開催されていたので、参戦してみました。
この記事では、いむちゃんねるのイベントでホールは出玉を見せてくれたのか?リアルカイジさんのたこ焼き屋台は実際どうだったのかを臨場感を交えてお伝えします。


いむチャンネルに関して、紹介記事を書いています。よろしければ閲覧してください。

 

スポンサーリンク

いむちゃんねる来店イベント 中小規模のホールでも設定6を使っているのか?出玉に関して

いむちゃんねるの来店イベントは5日連続企画で、来店した演者は薙刃さんとクニンさんでした。そして、なんと・・・いむちゃんねるのプロデューサーであるはやおPも現場にいました。

抽選時間の30分以上前に前乗りしたのですが、和気あいあいとスタッフで会話しており、駐輪場近くで、収録。薙刃さんの「JP~」という声が高らかに聞こえました。オンオフのスイッチがすごいな・・・この人たち。

 

 

抽選人数はおそらく100~120人ほど。小中規模ホールであれば十分な集客数ではないでしょうか。

男女比は99.5%男性でした。女性はいないことはなかったですが、カップル連ればかりでした。

ネットの噂では、いむちゃんねるは10万人以上の登録者を抱えて、追っかけの女性ファンがいるぞというのも聞いたことがありますが、それはなかったですね。

いむちゃんねる イベントの出玉に関して

出玉に関して、私は良い抽選番号を引けず、昼ぐらいに切り上げたのですが、メイン機種である20台以上設置されている番長3の半分ぐらいが箱積みになっていて、13時ぐらいにもかかわらず、3箱詰んでいる台もありました。おそらく6を使っているのでしょう。

また、まどマギ好きのクニンさんが来店ということで、まどマギ2もそれなりによさそうな出玉になっていました。

 

 

一方で、ジャグラーコーナーは履歴のよさそうな台がありましたが、通路になっていました。

メイン機種だけを狙いに来た客が多かったため、6号機にちらほら座っている客もいましたが、若手中心だったため、未練打ちする人が少なく、店が明らかに出している機種が埋まって、それ以外が少し寂しい結果でした。

 

 

中小規模ホールならやむなしといったところでしょうか。しかしながら、いむちゃんねるのブランド力の高さは、さすがでした。

 

いむちゃんねるのパフォーマンスと裏打ちされた演出について

崖チャレイベントでもなく、動画の後半にいれるような収録だったと思われますが、いむちゃんねるの撮影は、かなり迅速で効果的に行われていました。

前述の通り、クニンさん、薙刃さんともにオンオフの切り替えが素晴らしく、はやおPも一番人が集まって、盛り上がっている抽選前後に演者とのからみを見せてくれました。


 

動画で何度も目にしていた、はやおPがリアルカイジさんに詰め寄って、リアルカイジさんがあたふたするおなじみの光景や

リアルカイジさんが、開店前に「今日は間違いなく出ます!!その金額でたこ焼きを10箱買ってください!!」と鬼気迫る表情で、お客様に懇願したり

 

 

テレビで見ているお笑い芸人の芸に遭遇したような、迫力と幸福を感じられました。あれだけでその日の負け額を忘れられそうです(養分)

 

リアルカイジさんのたこ焼き屋台による客のメリット

いむちゃんねるの企画として、人気ナンバー1演者のリアルカイジさんが、はやおPに借金返済のために、全国のホールを回ってたこ焼き屋台でたこ焼きの売り上げによって、返済するというものがあります。

正直なところ、やらせもはいっているのかと疑っていましたが・・・

 

 

当日のリアルカイジさんは、笑顔ではきはきと接客をされていて、抽選前にお客様に1人1人丁寧にお声がけされていました。接客対応は、正直ホールの店員さんも負けているのではないかという丁寧さ。

彼は、営業経験や職を転々としているため、接客などのスキルも備わっているようです。

 

 

たこ焼き屋台は、オーダーが入って1から作るのではなく、あらかじめ数個作っておいて、対応するというものでした。炎天下の中、たこ焼きを作り続けることは、並大抵の精神力では難しいでしょうね。

私も1箱500円(たしか6個か7個入り)のたこ焼きをいただきました。

 

 

非常においしくいただけたのですが、それ以上にYOUTUBEで毎日のように見ていたリアルカイジさんと、実際にお話しする機会ができたのが、最高でした。

 

 

人気の演者を屋台で働かせることには2つのメリットがあると感じました。

  1. 暖簾などでいむちゃんねるの来店をアピールできる
  2. 人見知りでも演者と話すきっかけができる

特に2つ目のメリットなのですが、最近はパチスロライター、演者がYOUTUBEの影響でタレントのような人気になっています。

 

 

来店イベントも、店の出玉よりも演者と写真がとりたい、交流したいを目的にいらっしゃる方も増えています。

ただ、すでに常連の方と話されていたり、真剣にスロットを打っている演者に対して話しかけるのって、すごく勇気がいります・・・実際僕もゆうちゃろさんと至近距離にいましたが、話せませんでした。

 

 

演者さんにはコーヒーやエナジードリンクみたいな差し入れもいるのかな・・と気遣いしてしまいます。

一方で、屋台ならば商品を買うという口実で、お話することができます。

薙刃さん、クニンさんと話すことはできませんでしたが、リアルカイジさんとお話しすることができて、店の去り際に

 

 

「ごちそうさまでした、返済がんばってください」とお声がけしたところ、笑顔で

「ありがとうございます。またご利用になってください」と丁寧に返答していただきました。すごくいい思い出になりました・・・3万円負けましたが(笑)

 

また、近日中にイベントをやるなら、仕事の休みと相談していこうか考えています。設定はメインだけにしっかり入れるという考え方なので、抽選番号が悪ければ、さっさと撤退するか、甘デジでだらだらと1日過ごそうかなと考えています。参考になれば幸いです。