ノーモアヒーローズ トラヴィスストライクアゲイン 評価・レビュー ネタバレあり シンプルで硬派な難易度

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

2月18日のニンテンドーダイレクトで、ノーモアヒーローズ3の情報がさらに解禁されましたね。今回はノーモアヒーローズサーガの最新作のTravis Strikes Again(トラヴィスストライクアゲイン)

の評価・レビューをしていきます。アクション性はどうなったのか?ゲームを遊んでみた感想や難易度に関して。ネタバレも含みますが、トラヴィスがどうなったかも含めての記事になります。
ちなみに、今回のプレイ環境はPS4です。

 


このブログでは、switchやPS4の最新作を紹介していきます。ブログでは、ノーモアヒーローズ過去作のレビューも行っています。3の発売前の予習として、お役立てください。

 

ノーモアヒーローズNO MORE HEROES 感想・攻略・レビュー 英雄たちの楽園からレッドゾーンまで 描写の歴史 オープンワールドはなぜ空虚なのか? アクション面の攻略について

 

NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE ノーモアヒーローズ2 評価・レビュー・攻略 switch HDリマスター 2010年でも傑作アクションゲーム

 

ワンダフル101 感想 アクションゲーマーにとっては楽園、だけど理不尽に難しい落とし穴

(YOUTUBEでもゲームレビューしています。面白いと思っていただければ、チャンネル登録と高評価お願いします)

 

 

 

 

スポンサーリンク

トラヴィスストライクアゲイン ストーリー ネタバレ注意

 

トラヴィスストライクアゲインは、ノーモアヒーローズ2のストーリーの続編にあたります。暗殺者ランキング1位となったトラヴィスには、次々と頂点を狙う刺客に命を狙われます。

 

彼は、妻(シルヴィア)と子供を守るため山奥のトレーラーハウスにこもります。

 

 

平穏な日々を過ごしていたトラヴィスに、1作目のランキング2位、トラヴィスが殺したバットガールの父親、バットマンが復讐のため襲ってきます。

 

 

戦う中に2人はデスドライブというゲームに吸い込まれます。ゲームをクリアすることによって願い事がかなうということは、2人はバットガールを生き返らせるために共闘します。

 


ストーリーはアクションパートとアドベンチャーパートに分けられています。アドベンチャーパートでは、トラヴィスがゲームソフトを手に入れるまでの経緯が描かれます。手塚治虫のように、昔の須田剛一氏が手掛けたキャラクターが続々と出演します。

 

 

 

トラヴィスストライクアゲイン アクション シンプルだけど充電を考えてヒットアンドウェイで遊ぶ必要アリ

 

 

トラヴィスストライクアゲインのアクションは、今までの3人称視点でじっくりと敵と向かい合って戦うスタイルから一変し、固定視点でバッサバッサと切り倒す爽快感のあるアクションゲームに変わっています。

 

操作はシンプルに弱攻撃、強攻撃、ジャンプ攻撃と分けられています。トラヴィスストライクアゲインからの新要素として、スキルシステムがあげられます。

 

 

トラヴィスストライクアゲイン 新システム スキルセットによって戦略を立てる楽しさ 難易度がかなり変わる

 

ボスを倒したり、ステージ道中でスキルをゲットできます。スキルには攻撃用、補助用といろいろ種類があり、それぞれボタンに振り分けて、4つまでセットすることができます。

 

 

スキルは、単発で攻撃するだけとか、回復という単体で使えるものから、敵を画面中央に吸い寄せたり、一定時間足止めする補助スキルもあり、他のスキルと併用することで効果を発揮するものがあります。

 

各スキルにはクールタイム(同じスキルを使用するまでの時間)が設定されており、スキル構成によって、難易度も大きく変わります。

 


ちなみに、このスキルシステムは、最新作のノーモアヒーローズ3でも採用されているので、夏発売前に、トラヴィスストライクアゲインを遊んで、予習するのをおすすめします。

 

トラヴィスストライクアゲインは、ゲーム性こそ異なりますが、ビームカタナの充電などの過去作にあった要素は継承されており、充電は今までのノーモアヒーローズの中で最も重要です。

 

 

過去作のように充電をフルにしてくれるアイテムはなく、相手の隙や攻撃の合間を見つけて、的確に充電しないとダメージが全く与えられないからです。

 

充電を重要視した設定は、トラヴィスストライクアゲインは、無双タイプの単純に攻撃するのではなく、ヒットアンドウェイが重要な作品になります。

 

 

トラヴィスストライクアゲイン レビュー レトロ、インディーズゲームへのリスペクト精神にあふれた実験作に見えて、シンプルで硬派なアクションゲーム

 

トラヴィスストライクアゲインは、見た目はかなり外連味にあふれていて、実験作的な印象が強いのですが、遊んでみるとノーモアヒーローズシリーズの中で最もシンプルな内容になっています。

 

(アステロイド風のベクタースキャンの超レトロゲーがあるかと思えば、3D黎明期のレースゲームもあり、須田剛一氏の趣向が全開になっていて、ゲーマーも歴史を振り返ることができる作品になっています)

 

 

ただ、敵のパターンが一定化しており、どうしても「飽き」の問題はぬぐえない作品になっています。

 

特に終盤は、かなり長期戦になっており、セーブポイントも細かくついているのですが、クリアまでの道中が長く、テンポが悪いです。

 

また、ミニゲームが多いのですが、戦闘も都度挿入されており、基本のバトルアクションが楽しめるかどうかで、本作の評価が二分します。

 


ノーモアヒーローズトラヴィスストライクアゲインは、親しみやすいシステムになっており、須田剛一作品、俗にいう須田ゲーが好きな人はたまらない作品になっています。

 

一方で、クリア時間はおよそ5~6時間程度とミニマムな作品になっていますが、アクションがシンプル過ぎて、最後まで楽しさが持続しないという問題もあります。

 

 

インディーズ愛をぶつけていたり、最新のアンリアルエンジン、switchの挙動を調べるノーモアヒーローズ3へつながる試金石な側面もあり、現在は2000円程度でダウンロードコンテンツも入ったPS4版も遊べるので、おすすめです。

 

ノーモアヒーローズNO MORE HEROES 感想・攻略・レビュー 英雄たちの楽園からレッドゾーンまで 描写の歴史 オープンワールドはなぜ空虚なのか? アクション面の攻略について

 

NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE ノーモアヒーローズ2 評価・レビュー・攻略 switch HDリマスター 2010年でも傑作アクションゲーム