ゲームレビュー

遊戯王 マスターデュエルPS5 プレイ感想 無課金でも遊べる?動作について

1月19日に、待望のダウンロードリリースが開始された、遊戯王マスターデュエル。PCのsteam、switch、PS4とPS5でダウンロード可能です。スマートフォン、iosは現在リリースされていません。いつリリースされるかは、続報を待ちましょう。
プレイして、3日ほどですが、オンラインはプレイせず、ソロモードとカードを集める過程を遊んでみたので、第一印象を述べていきます。無課金でも遊べるのか?という参考にしてください。

 

このブログでは、遊戯王の情報について発信しています。youtubeでも遊戯王コレクターとして動画を公開していますので、よろしければ閲覧ください!!

KONAMIからデジタルカードゲームの遊戯王マスターデュエルは成功するのか?

遊戯王コレクター・投資目線として ホルアクティと万物創世龍どちらを購入すべきか? 2021年4月時点の相場と価値について

クリプトスペルズ 現状のままでは問題点が多くてつまらない? カードリストや将来性について 10時間プレイしての感想

 

 

遊戯王マスターデュエル 動作の快適性とグラフィックについて

遊戯王を運営するKONAMI。開発チームは異なると思われますが、eフットボールで品質について、かなり炎上し、公式が謝罪するに至りました。

さて、期待と不安が入り乱れる中、リリースされたマスターデュエルに関してですが、動作や演出については、安定しており、高クオリティになっています。

(エースモンスターを召喚する場合は、特別な演出が発生します。迫力はありますが、くどくないので、プレイの邪魔になりません)

私がプレイした環境はPS5になりますが、ロード時間やカードの動きに関しては、サクサク動き、手で動かす場合と違和感なく操作できます。

ただし、相変わらず遊戯王のルール上、チェーンの仕組み上、トラップやモンスターカードの発動確認は、頻繁に行われ、決定すると打ち消すことが不可能なのは、不便ですね。

また、PS5でプレイされる場合は、初期設定で相手にダイレクトアタックする場合は、かなり振動するので、設定から振動をオフにすることをおすすめします。

 

遊戯王マスターデュエル 無課金でも強いデッキは作れるの? カードパックから目当てのカードを狙うのは難しい

(最初は、汎用カードが必ず手に入るセット商品を引きましょう。ログインボーナスなどでジェムはしっかり手に入ります)

遊戯王マスターデュエルは、ジェム(要するに石)を消費して、パックを剥くことになります。

カードのレアリティは、ノーマル、レア、スーパー、ウルトラとあり、同じウルトラでも特殊な加工がされている場合もあります。

ウルトラカードを手に入れる確率はそこまで低くないものの、目当てのカードを狙ってあてるのは、難しいです。

ちなみに、パックから、ブルーアイズホワイトドラゴンを手に入れたり、のちに説明するカード生成で、ブルーアイズを精製すると、ブルーアイズのテーマにあわせたシークレットパックが登場します。

これは、ブルーアイズに限らず、アンデット、機械、シンクロといった特定のテーマでシークレットパックが登場します。ただし解放されてから24時間という出現条件があります。

シークレットパックは、狙い撃ちで引くというよりも、テーマデッキを組みたいときに満遍なく狙いたいというときにおすすめ。自引で狙うよりも、生成から出現させたほうが、効率が良いです。

 

遊戯王マスターデュエル 生成システムは優秀

遊戯王マスターデュエルは、パックからしかカードを手に入れられないの?

ご安心を、MTGアリーナのように、複数のカードを処分して、ほしいカードをピンポイントで手に入れられる「カード生成システム」が存在します。

カード生成は、デッキ作成から使用可能です。

例えば、黄金卿エルドリッチが欲しいとします。エルドリッチはウルトラレアになるので、ウルトラレアポイントというポイントを消費します。

ウルトラレアポイントは、ゲームを進めたり、ネット対戦することで増えるのですが、他のウルトラレアカードを解体することで、ポイントをゲットできます。ウルトラレアの場合は一律10ポイント、特殊な加工レアなら、もう少しだけポイントがもらえます。

解体するカードは1枚のみ所持しているカードも可能です。

カードをたくさん集めて、4枚以上になったカードはメニューから、自動的にポイントに変換することも可能です。

特定のカードを生成する場合は、30ポイント消費します。つまり、必要のないウルトラレアカードを3枚処分すれば、エルドリッチが手に入ります。

つまり、遊戯王マスターデュエルは、少しプレイすれば目当てのカードを集めることがとても簡単。汎用カードを3枚集めていれば、他のデッキにも応用できます。

どうしても、短期間でデッキを作りたいという人が、パックをたくさん剥くという目的でなければ、無課金でも十分遊べそうです。

しかも、現在環境トップの一角である、エルドリッチは、無課金でも早く作成可能です。youtubeや個人ブログで、おすすめデッキや考察がはかどっているので、参考にしましょう。

 

遊戯王マスターデュエル ソロプレイを遊んだ感想

マスターデュエルは、ネット対戦がメインなのか?答えはイエスですが、個人用のプレイも用意されており、遊戯王のルールをじっくり学びながら、遊ぶことが可能です。

ソロモードは、特定のテーマのストーリーなどを軽く扱いつつ、テーマデッキをレンタルして遊ぶことができます。

デッキによっては、クリアすることでストラクチャーデッキの形で、使用可能ですが、完成形を求めるために、デッキを強化していく流れになります。

不満点としては、チュートリアルはかなり簡素で、切り札モンスターを出す流れだけをプレイすることになります。

遊戯王は、詰めていけば魔法、トラップ、効果モンスターを駆使して、いかに相手に妨害されず、切り札を出せるか?が楽しくもあり、学びの多い点でもあります。

気になるデッキがあれば、こちらもyoutubeなどで実際にプレイしている動画を参考にしたり、膨大なデータベースとなっている、遊戯王ocgwkiを参考にしましょう。

 

以上が、マスターデュエルを遊んだ感想になります。動作が快適で、簡単に即戦力デッキが作れて、遊戯王復帰組(ペンデュラムで断念)としては、非常にありがたいツールでもあります。

次回は、実際にオンライン対戦をプレイした感想などを述べていこうと考えています。

 

KONAMIからデジタルカードゲームの遊戯王マスターデュエルは成功するのか?

遊戯王コレクター・投資目線として ホルアクティと万物創世龍どちらを購入すべきか? 2021年4月時点の相場と価値について

クリプトスペルズ 現状のままでは問題点が多くてつまらない? カードリストや将来性について 10時間プレイしての感想

-ゲームレビュー