ゲームレビュー

遊戯王マスターデュエル 無課金 エルドリッチデッキ 名推理型 回し方と弱点

マスターデュエルをダウンロードしてから、眠れぬ日々が続いております。デッキ構築だけでも、1~2時間軽く吹っ飛びます。
というわけで、プラチナランクにようやくあがったので、2022年1月時点で、現在進行形で使用している「名推理型エルドリッチ」を紹介したいと思います。比較的、無課金でも組みやすいデッキになっています。

 

このブログでは、マスターデュエルについて紹介しています。主に筆者はエルドリッチを使用しております。

遊戯王マスターデュエル オンラインデュエル 4時間ほどプレイした感想 ゴールド帯に入って 強いけど楽しいエルドリッチ

 

遊戯王マスターデュエル プラチナまでの環境・ガチデッキ

ネットを調べると、遊戯王マスターデュエルのティア1(ガチデッキ)は

ドライトロン アルティメットデクレアラーの召喚を目指し、相手を妨害しながら、盤面をコントロールするデッキ

トライブリゲード 圧倒的な展開力のパワーデッキ

エルドリッチ 罠ビート。墓地アドバンテージを駆使しやすい

しかしながら、プラチナにあがるまで、トライブリゲード、ドライトロンには各1回しか当たらず、エルドリッチにあたっては、ミラーを規制しているのか?全く当たったことがありません。

融合でビートしていく「召喚獣デッキ」、ストラクで大幅強化された「三幻魔デッキ」、岩石儀式の「メガリス」、「ブラックマジシャン」。

このあたりは、2回ほどあたりました。特にエルドリッチは、三幻魔には、かなり苦戦を強いられます・・・

まだサービス開始間もないので、「ファンデッキで楽しみたい」という層も多く、最初に作るデッキであれば、いきなり混合デッキをつくるのは、ハードルが高いため、種族などが統一されている状態が多いです。

エルドリッチの場合、メインからでも「群雄割拠」(UR)「御前試合」(SR)「センサー万別」(UR)もも考慮されますが、積むのであれば基本3枚、しかもUR率が高いので、つぶしがききにくいです。

デッキ考察については、後述していきます。

 

名推理型 エルドリッチの強みと弱み 回し方

名推理型エルドリッチは、名前の通り、名推理を駆使したデッキになります。

デッキレシピに関しては、大会プレイヤーのネクストプレイさんが、かなり勉強になりました。単にデッキを公開するのではなく、カードの採用理由、なにをメタに想定しているか?そして、枚数のこだわり、実際に運用した感想など。

名推理の効果で、相手にレベル10を指定されても、エルドリッチが落ちておいしい、さらにエルドリクシル、黄金卿関連のカードが落ちるのもおいしいです。

名推理型のメリットは、先行の安定感が増すという点にあります。爆発力と事故の低下という、素晴らしいメリットを2つ得ることができます。

エルドリッチの弱点は、他のガチデッキに比べて、爆発力が薄い点にあります。

そのため、純エルドリッチの場合、先行は罠を守るための罠(神の宣告など)がなければ、かなり不安定です。

神の宣告は強力なカードで、3枚詰めるのですが、ライフ半減というコストの重さや、モンスター効果に対する対応力を考えると、不採用にしても問題ないと判断しました。

 

 

神の通告でも過不足なく、働いてくれます。

かわりに「永久に輝けし黄金卿」の枚数を増やしました。バックに置いた時の安定感が高く、エルドリッチが盤面にいない状況が少なく、コストにコンキスタドールも使えます。

1枚にしたときは、ここぞという時しか使えないので、気づきませんでしたが、2枚にすることで、対応力の高さと、エルドリッチデッキとのシナジーの高さから、非常に信頼のおけるカードであると確信しました。

 

エルドリッチ デッキ組み方 妨害カードの難しさ

エルドリッチは罠ビートであり、ワンキルルートはかなり限られてしまうので、いかに相手の動きをとめるかという勝負になります。

スキルドレイン、王宮の勅命は確定枠として、残りにどのような妨害カードをいれるかが、エルドリッチデッキの個性になります。

そうそういませんが、相手の切り札が3500ラインを超えると、かなりきついです(どのデッキでもそうか・・・)

前述のように、マスターデュエル環境では、群雄割拠などが腐りやすくなり、汎用性をもとめて、サモンリミッターをいれてみました。

結論は、弱いです。そもそも現環境で、ちまちま2~3回以上出すというのは少なく、1ターンで一気に複数体出すデッキも多いです。

さらに、後攻で引いた時が、絶望的に弱いです。逆に御前試合、群雄割拠は後攻であっても、除去カードとして機能する場合があり、相手デッキによっては、1枚で勝利にもっていけます。

腐るといっても、エルドリッチの各行動のコストに使用できるのは強みですが、多少の有効打は欲しいところ。

手違い(ミステイク)も検討のしどころです。

 

エルドリッチ エクストラデッキの考察 使用するのはほぼ、グスタフマックス

エルドリッチは、EXデッキをあまり活用せず、多くの場合は「強欲で金満な壺」の餌になります。

とはいえ、いざというときは欲しくなるため、重要なカードだけは複数枚確保したいです。

アーゼウスやジャガーノートリーベがありますが、ほぼ使用するのはグスタフマックスになります。グスタフマックスは2枚欲しいですね。

あとは、ドラグマパニッシュメントのコストに使用できて、1:2を実現できるヌトス。ただし、ヌトスはURなので、生成は重め。

PSYフレームで登場するスターダスト。コンキスタドール2枚で出せるプレアデス、コンキスタドールを墓地に送りやすくするためのリンク各種。

ただ、ほとんどの場合はグスタフマックスしか使いません・・・コンキスタドールが2枚フィールドで残るのは稀です。(1ターンに1度の制約があるため)

 

エルドリッチ 名推理型の弱点 後攻の対応力の弱さ

エルドリッチの強みについては、いまさら語る必要はないと思いますが、名推理型をつかって感じた弱点について語っていきます。

露骨に除外カードでメタされることはあまりありません。多くのデッキが自分の動きを展開することだけが必要だからです。

さらに、エルドリッチは手札誘発にある程度強く、うららは、強欲で金満な壺ぐらいしか使われません。(初動は弱くなりますが)。こちらもうららメタに、PSYフレームを持っています。

Gに関しても、エルドリッチは大量展開するわけではないので、痛手になりません。

 

 

(ガンマは、通常召喚できないため名推理との相性が良いです)

名推理を採用する場合は、Gとうららをあまり採用、いや採用できないのが、弱みの1つになります。

無限抱影をいれて、ある程度後攻への対応ができるといいかもしれません。

先攻に特化したデッキにしたため、後攻時の対応力が弱まります・・・とはいえ遊戯王はほぼ先攻ゲーなのですが。

遊戯王マスターデュエル オンラインデュエル 4時間ほどプレイした感想 ゴールド帯に入って 強いけど楽しいエルドリッチ

-ゲームレビュー