新世界で最も有名な串カツや八重勝 スタンダードの追求 平日の15時なら狙い目ですぜ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

かねてから行きたかった、新世界で屈指の串カツ店と言われている八重勝さんを紹介したいと思います。

正確には、御堂筋線の動物園前から徒歩2分ぐらいで、ジャンジャン町という居酒屋、喫茶店、すし屋など様々な飲食店が並ぶ界隈の中心にあります。

 

ちなみに、店内でスマホと携帯の使用を禁止されたので、暖簾の写真のみになりますが、ご了承願います。

この店は、初回上司と一緒に新世界に行ったときに、大阪在住の上司が「ここが鉄板だよ」と言われました。ただ、土曜日ということで15時~18時ぐらいなんども往復しましたが、一向に行列が途絶えませんでした。

当然、行列が出来ている=評判があっておいしいってことですが、行列がなくとも裏路地に、隠れた名店がいくつも存在し、そこを探求するのも楽しいですね。ただ地元民でないと難しいですけど。

一応、僕がうかがった平日の昼も行列ができていました。店をはみ出すレベルではなかったのですが、知恵袋で「15時過ぎならあいてますよ」という情報をうのみにして、15時に突撃したら、ちゃんと空いてました♪待ち時間ゼロっす!!

平日の真昼間、本来ならサラリーマンなどが仕事している時間に、シフト休みの自分はビールを飲みながら、串カツをつまむ・・・・最高の贅沢じゃないですか!!あぁでもこの日は串カツと向き合いたかったので、ビール飲みませんでした・・・乙

まずは、鉄板のどて焼を頼みます。3本で300円で、すぐに出てきます。味噌に長時間つけこまれたとスジ肉なんと柔らかいこと。味噌も絶妙に甘辛で、お皿をぺろぺろとなめたくなります(さすがにしませんでしたが・・・)上に降りかかった七味もアクセントになっていますね~

次に、これまた定番の3本300円の串カツを食べます。うーんおいしい・・・しか言葉が出ない。

この日は、海鮮、野菜、牛肉を欲望のまま頬張り3300円ぐらい使いました。

海鮮物がやや高めです。一番高かったのはエビの450円ですかね。非常に歯ごたえがあって、エビの旨味を十二分に感じられますけど。

総括すると、衣の薄さが素晴らしいですね。これ以上薄すぎると素材の味に頼りすぎだし、逆に厚すぎると素材を殺してしまう。本当に衣という表現が似合うぐらいに、えびや貝柱を薄く温かくコーティングしている・・・まさに匠です。

さらに、感心したのは、席がほぼすべて埋まっているのに、矢継ぎ早に注文しても手際よく色付きの札を拾って、的確にメニューを聞くというオペレーション能力ですね。

そのオペレーション能力、早くて、そして旨いをシンプルに実行しているからこその人気と伝統なのではないでしょうか。

店によっては、客が札を書くシステムを採用するのが一般で、聴いている店もあるんですけど早すぎるとかなり注意されるんですよね・・・わかるんですけど・・・

そのため、おいしくても「次はリピートしづらいな」って店はあったりするんですよね・・・悩みどころ。

ただ、欲を言えば

「スタンダートの追求」

ってところで、期間限定だった子持ちシシャモの味わいと噛み応えは最高だったのですが、玉子は黄身がどろっとしている、ジャガイモはとにかくほくほくで甘味があるといった素材単発のインパクトの強さがもう少し欲しかったという印象です。

肉もヘレ肉なんかも頼んで、確かに柔らかくても肉の甘味もあったのですが「もう一本頼もう」って衝動よりも「次他のメニューを試してみよう」でとまりましたね。肉系で感動したのは、どて焼でしょうか。あの味付けと肉と味噌との絡みは、他の店では再現が難しいでしょうね。

結論をいうと、「外れのない店」です。初めて新世界に行くなら、並びの時間も覚悟は必要ですが、「有名な串カツはどんな感じ?」という雰囲気を味わえます。重要なのは、ビリケンさんをとにかく置くことじゃなくて、おいしい串カツを提供することと。(新世界だけでもビリケンさんは無数に存在します。通天閣を登れば、ビリケンさんを触りながら写真が撮れますよ・・・・俺、貯金がかなり減っているんですけどね)

ただ、大多数が支持をする、最大公約数が満足する店というのは、もう一度行きたいという衝撃があまりないですね。それは僕のような至極珍しいソロだからこそ浮かぶ感情でしょう。たぶん、友達と同伴するときは、「ここが有名な串カツやだよ」と反射的に紹介してしまいそうな自分がいます。行列や知名度、歴史というのはそれが強みですよね。

面白さにこだわるなら「ぼて」をお勧めしますよ。京都にあるね。