ワードプレスで画像をアップするのはスマホとデジカメどちらが優れているか?    |アプリを使ってアップする方法 アップできない時の対処法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、ワードプレス運営に関する記事です。長年愛用していたCasioのデジカメよりも、iPhone11の方がはるかにきれいに取れて、ワードプレスのアップロードも簡単なので、完全に乗り換えることにしました。
Twitterでブロガーの人と交流する人も多いのですが、無料の画像やいらすとやだけを利用する人が多くて、ブログを運営して、独自性を出すのであれば自分で撮った写真をアップロードするのは必要だと感じます。今回は、ワードプレス運用歴2年以上の私が、スマホとデジカメの違いや、スマホで写真をアップロードするメリットなどを重点的に紹介していきます。


このブログでは、過去にブログ運営についての記事をいくつも書いています。またbrainで、ブログ運営の有料コンテンツも配信していますので、よろしければ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

なぜワードプレスやブログで写真を挿入していない人が多いのか?

世の中のブログを見て回ると、すべてがそうとは断言しませんが、自分で撮った写真をアップしていない人が結構多いです。

もちろん、すべてのブログが写真をアップすべき内容とは限りません。無料の画像を使って、感情だけを表現するブログでも、アクセスを稼げるなら問題ありません。

 

ただ、私は写真をのせることで、ブロガーの個性が表現できると思います。

もちろん、メリットばかりではありません。逆光が強かったり、画質が悪い写真をだすと批判の対象になります(ブログあげる苦労もわからないくせに・・・といったら負けですが)

 


また、YOUTUBEという新しいメディアに対抗するため、画像という視覚を利用した武器が使えるというのは、大きなアドバンテージです。

アイキャッチ画像を設定していない記事よりも設定した記事の方が受けがいいですし、短期的効果は見込めないものの、長期的には独自性の高いコンテンツとして評価されます。

文章では似通った形や説明になってしまったとしても、画像が全く同じという記事は普通に考えてありえないからです。

 

 

ワードプレスのアプリがあれば、デジカメよりスマホのほうが楽にアップロードできる

私は、写真をアップロードする場合、主にワードプレスのアプリを活用しています。IOSもGoogleプレイも両方用意されています。

パソコンやタブレットでしかブログをアップしない人も、ワードプレスのアプリをダウンロードして、メディア活用するだけでも、作業効率が爆発的に上がります。

ワードプレスのアプリから、フリック操作でブログを記載することもできますが、本当の日記程度の記事の場合のみの活用にとどめています。キーボードに比べるとあからさまに効率が悪いですから。

操作は、簡単で、トップメニューからメディアを選び、「自分の端末から選択」を選択します。

これで、自分が過去にとってきた写真の一覧が表示されるので、ワードプレスのメディアにアップしたい写真を選択するだけです。1度に複数枚を選択することも可能です。


デジタルカメラの場合、Bluetooth機能を有したものもありますが、僕は有線のデジタルカメラを利用していました。つなぐためのUSBを探すのに苦労したり、つなげて接触不良になって、うまく写真が転送されていなかったり・・・

 

そして、低価格のデジタルカメラを使うぐらいなら、iPhone11などの最新スマホの方がはるかに優秀な画質の写真が撮れます。ブログの記事を載せるぐらいなら、iPhone11で十分すぎると思います。

あとは、ワードプレスのダッシュボードから、「メディアを追加」を押すと、クラウド上でアップされたスマホの写真が、ワードプレスの投稿画面から投稿できます。大きさやalt属性を指定するだけです。アイキャッチ画像もメディアから選択できます。

 

スマホからワードプレスアプリへ画像がアップロードできない場合の対処法

1つ問題点をあげるとすれば、状況によってスマホからワードプレスアプリへ画像がアップできない場合があります。

理由として

  1. サーバーのディスク容量を使い切っている
  2. 画像を一気に20~30枚以上アップしている
  3. 画像のサイズが最適化されていない

 

すべてではありませんが、代表的な例を挙げると3つになります。

1番は、ロリポップサーバーのライトプランのようにもともとのディスク容量が少ないプランを使用している場合に起こります。

また、キャッシュ関係のプラグインが悪さをしている可能性があります。頻繁にディスク容量を気にするか、多少金額が高くなっても、レンタルサーバーの高めのプランと契約することが対策になります。

話がそれますが、ディスク容量を酷使してしまうと、頻繁に発生するプラグインやテーマのアップデートにも対応できなくなります。

2つ目は、一気に20~30枚と画像をアップしようとしたときに発生します。ディスク容量が少ない場合は、1枚ずつでもアップはできませんが、小分けにしてアップした場合に解決できることもあります。

最後は、スマホのアプリやプラグインで画像のサイズを縮小にするものを導入することで解決できることがあります。ただこの方法を試す場合も、ディスク容量を考慮してから取り組んだ方がいいかもしれません。プラグインをほいほいとダウンロードしたら、ワードプレスのバグの原因にもなりますから。

 

ワードプレス アップすべきはデジカメかスマホか?

上記の内容から、すでに結論がわかるように、ブログ運営に少しでもこだわるのであれば、写真の性能の高いスマートフォンを選択すべきです。

よくあるのが、いざ外食でデジカメを使おうとなったとき、わざわざ自宅からデジカメをもっていくのが面倒です。

(Gショックが好きなので、カシオのデジカメを選択しました。特筆すべきポイントは少ないですが、低予算で手ごろなデジカメが気になる人にはお勧めです)

 

僕は忘れ物が多いので、ダウンのポケットにおさまる物だけを選択したいのです。財布とスマホですでに両方のポケットがうまっているので、デジカメをあえて持っていくのは、ストレスでした。

また、デジカメにもバッテリーの概念があるため、取りたい絵があるのに、バッテリーが切れて、断念することが多かったです。

スマホよりも画質が良くて、アップロードも簡単なデジカメも探せばあるかもしれませんが、スマホに比べて、外出先の持ち込みの優先度が低いという現実は変わらないでしょう。それこそ眼鏡型デジカメなどが登場しない限りは。

 

そして、上述したようにアップロード方法も一手間かかって

ブログが書きたいけど、写真をアップするのが面倒だからやめた

ということが頻繁に起こりました。面倒くさいはブロガーにとって最大の敵です。一つでも多くの面倒くさいを排除していきましょう。

 

現在のスマートフォンならばフル稼働させなければ2日ぐらいバッテリーが持つものが多いです。

今回はiPhone11を使用しました。動画の場合はさらにiPhone11は選択肢としてベストな選択になりますが、写真の場合はHuaweiなども非常にクオリティの高いスマホを出しています。

(中国メーカーのスマホもフラッグシップモデルは、iPhoneに劣らぬCPUやカメラ性能を誇っています)

iPhoneはすべての性能で80点以上の満足度がありますが、androidはメーカー間の競争が熾烈(しれつ)なので、一部の性能に特化させた、一部のユーザーを満足させる機種が多く競合しているのが、特徴です。

 

最終的には個人の好みにゆだねられるといったところですね。

あと、ブログやYOUTUBEで利益を上げている人は、確定申告などでスマホを経費として計上することができます。写真のアップはブログの生命線ですし、YOUTUBEは動画をアップする必要があります。

ブログやYOUTUBE、そしてツイッターなど情報発信の核として、これからも馬車馬のようにスマホには働いてもらうことになるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
未分類
tukasamakotoをフォローする
スポンサーリンク
京都のドラッグストア店員ブログ