未分類

ウィル・スミス アカデミー賞でクリス・ロックへビンタについて 海外の反応と日本の反応の違いはなぜ? ウィル・スミスはどうすべきだったのか?

ここ数日、話題にあがっているウィル・スミスがアカデミー賞で、司会をつとめたクリス・ロックに妻の身体の特徴、病気を揶揄されて、怒ってビンタした騒動。

このビンタ、暴力によって、アカデミー賞の話題は、ウィル・スミス一色になりました。

興味深いことにこのウィル・スミスの行動に対して、日本は同情と賛同、アメリカでは賛否両論だけど、否定的な意見も多数という全く違う考えになりました。

今回はこのウィル・スミスの行為についてyotuubeでアメリカ人の考えも多少見たうえで、考えます。

 

日本人はウィル・スミスをかなり擁護しているらしい

日本人の多くは、自分の妻が侮辱されたら同じ行為を選択するとか、家族の名誉を守ったウィル・スミスを支持するという意見が見られました。

また、暴力といってもグーで殴ったわけではなく、平手打ちじゃないか?という意見もあります。

ここまでウィル・スミスを擁護する背景には、ウィル・スミスが日本のバラエティに積極的に出る、新日ぶりをみせているという前提があります。

私も、ウィル・スミスにいやなイメージはないですからね。エネミー・オブ・アメリカとか今見てもめっちゃ面白いですから。

次に、アメリカもそうなんですが、死刑制度があることでやられたらやりかえすという考えが、浸透していること。

いじめやSNSによって、言葉の暴力の重みや感性が、他の国以上に敏感であることなどが、起因していると思われます。

ただ、アメリアも全くクリス・ロック側ではなく、いいすぎだと反論する人もいるわけです。

 

海外(アメリカ)の反応 ウィル・スミスが批判されている要因

アカデミー賞では、VIPや有名人に対して、有名なコメディアンが揶揄するとか、皮肉をおくるということが、通例になっており、クリス・ロックはアメリカのコメディアンの中でもトップクラスの地位にあります。

ちなみに、俳優としてもキャリアがあり、昔地上波でよく9デイズを楽しんでみていましたね。

コメディアンはもちろん、役者の中でもクリス・ロックに対して同情的な意見は多く、「彼は自分の仕事をしたまでだ」という擁護が見られます。

暴力で対抗した、ウィル・スミスに対して、日本は頼もしい、かっこいいという意見に対して、アメリカでは言葉に対して、暴力で反抗したことは情けないという価値観のようです。

また、ウィル・スミスの精神面の不安定さを気にする声もあり、騒動の中心人物である、妻のジェイダは、自身が中心となっているトーク番組で、不倫について堂々と語ったりしていた。

今回のクリスのブラックジョークに対して、ウィル・スミスは最初笑っていたが、ジェイダが冷たい表情を浮かべ、それを察して、暴力に至ったといわれています。

 

クリス・ロックのネタの反応は芳しいものではなく、言葉で対応すれば、ウィル・スミスの評価は高まっていたと思う

私は、アメリカで暮らしたこともないですし、ブラックジョークの文化について100%把握しているわけではありませんが、かなり皮肉の強いコメディ映画とか、サウスパークはよく見ていました。

確かに、日本人の感覚からすれば「不謹慎」と拒否反応がおこることでも、笑え!!という文化はあるんだろうなと感じます。

ただ、今回のクリス・ロックのネタは笑い声は聞こえますが、クリス・ロックが「もっと笑えよ」とまくしたてているように見えており、反応は芳しくなかったのでは?と感じます。

その時点で、クリスのコメディアンとしての勝負は負けになっているようなもので、ここで追い打ちをかけるように、ウィル・スミスがマイクをとって反論したりすれば、クリス・ロックはコメディアンとして、かなり追い込まれていたかもしれませんね。

どれだけ、日本人の感情で、よくやった、かわいそうといっても、結果的にウィル・スミスは謝罪をしており、公で暴力したことで、刑事事件に発展しないのがおかしい?なんて声もあるぐらいです。

クリス・ロックは損害賠償などをとりさげているようですが。

 

ウィル・スミスがとるべき行動 アカデミーを捨てられなかったこと

とはいえですよ・・・家族が侮辱されたと感じて、冷静に言葉で返す。それは一流の有名人なら、誹謗中傷を受け続けているわけですし、それが理由で命をたったハリウッドスターもいたと思います。

なら、退席してアカデミー賞を受けないという声明を出した方が、よかったんじゃないかなと思います。ただ、アカデミー賞の主演男優賞の重さって相当なものなんだなーと想像でしか語れませんが、思います。

アメリカでは重要な賞ですが、私が映画を見ていたころは、カンヌだったり、ゴールデングローブのほうが、信頼が高く、アカデミー賞はその時代の時流や世間の評価などをかなり忖度している点もあります。

私がウィル・スミスなら、クリス・ロック本人以上に、そんな比喩を容認するアカデミーの仕組みに腹が立ちますけどね。ただ、言われた瞬間は冷静になるのも難しいですね。

 

ウィル・スミスとクリス・ロックのビンタ後の対応について

これも評価の分かれ目ですが、クリス・ロックは「ゴン」となるぐらいの音でウィル・スミスからびんたを食らうのですが、やり返すことなく、「これは大きなニュースになるぞ」と皮肉を言います。

ウィル・スミスはクリス・ロックに対してFワードを連呼して、「妻の名前を呼ぶな」と激怒します。

妻の名前を呼ぶなということに、正当性はありますが、Fワード連呼というのが、全世界放映でいかがなものなのか?と感じました。

ビンタ=暴力ばかりが、議論されていますが、Fワード連呼をすることで、ギリギリをせめて、ネタを出すクリス・ロックに対して、無差別級でやりたいことをやる、ウィル・スミスという図式が立ってしまった気がします。

私の会社では月2回ぐらいに英語研修があるんですけど、Fワードについて講師に聞くと、講師は日本人だったのですが、かなり顔をしかめて「本当に言ってはいけない言葉」といわれたことがありましたね。

海外のメジャーリーグでもアンリトン(暗黙)のルールとあるように、自由に見えて、形式とか、共有されるべき空気が以外にあるアメリカ。

結果的に、ウィル・スミスはそのルールを破ってしまったということが、批判の的になってしまったわけです。

ルールや文化がおかしいって意見もあるでしょうが、ウィル・スミスもルールや文化にのっとって、反論できるチャンスはあったはずなので、そこが難しいところです。

 

 

-未分類