カタールワールドカップ 日本代表の快進撃について思ったこと 守り切って勝った事実 サッカー人気について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この1か月は本当に日本のワールドカップの快進撃で盛り上がりました。
私もサッカーゲームに触れているので、一般の人よりはサッカーについて多少詳しかったりするのですが、戦術やら選手の層などを度外視して、楽しめるようなそんな日本代表の予選でした。

このブログではFIFAやウイイレなどのサッカーゲームの感想なども述べていますので、よろしければほかの記事もご覧ください。

WCCF FOOTISTA(フッティスタ) 2022年4月にサービス終了を受けて なぜ失敗したのか? 復活する方法はあるのか?考える

FIFA22はなぜサッカーゲームとして面白いのか? 操作が面白いよりも、AIのサポートにより現実の試合を再現している臨場感がポイント

efootball 2022 炎上から復活? アップデート後の遊び方と新要素について ライバルFIFA22の違いについて

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カタールワールドカップにおける日本代表の変化 パスサッカー、組織力だけでなくインテンシティの強さ

本選前の4年間、サッカーファンや戦術yotuuberなどから、攻撃時の戦術のなさを批判されていた森保一監督。

コスタリカ戦、クロアチア戦の後半において、ボールを持った時の攻撃プラン、最終的に浅野1トップで、ドイツ戦の再現だけを計ろうとしていた戦術に対しては、修正の必要があるかもしれません。

ただ、今回はお互いに負けられない戦いで、ドイツ、スペインという世界屈指の強豪国、CL制覇した監督相手に、「勝ち切った」というのがすべての事実です。

いままでの日本は

ジーコジャパンのワールドカップ前のドイツ戦、ザックジャパンのコンフェデのイタリア戦、西野ジャパンのワールドカップベスト16のベルギー戦

このあたりが、強豪国と競り合って、一時期リードした、しかしながら同点や逆転にされたという試合です。

つまり、欧州の強豪国が点を取りに行けば、日本は簡単にとられてしまう事実を目の当たりにしました。

今回、スペイン戦に至っては、20分以上の猛攻を0で耐えしのぎました。

スペインが残りの時間をサイド突破にかけて、サイドのスペシャリストを4人投入したのに対して、冨安の投入と、三苫のウイングバッグが効きましたね。

もちろんこれは、戦術だけでなく、選手の個人。特に今回の日本代表はインテンシティ(プレーの強度、激しさ)が強かったと対戦国が発言しています。

いままでの日本はパスサッカーや細かい技術、組織力を評価されてきましたが、カタール大会では、三苫選手、冨安選手をはじめ、個の強さ、インテンシティの高さを見せつけました。

一時期、日本代表は日本らしいサッカーをすべきなのか、実績のある監督にまかせて別のサッカーを考えるかという迷走期にあり、今もその状況はクリアになっていませんが、個の強さがとにかくピックアップされましたね。

 

 

スポンサーリンク

ハイライトとして楽しまれることが加速するこれからのサッカーについて

ここ近年、日本代表の試合は、ワールドカップの予選も含めてダゾーンでしか見れないという状況が続いていました。

少し前なら、ちょっとした親善試合でもテレビが特集をくんで、全力で応援していました。

その意味で、今回の快進撃は日本のサッカー人気を復活させる起爆剤になりそうです。

しかしながら、メディアや娯楽の多様化、倍速で見る文化によって、じっくりと1時間半サッカーを見る人は減ったのではないかと思われます。

サッカー好きの知人と話しても、本当に応援しているチーム以外は、ハイライトでしかみないし、今回の日本代表戦もみなかったという意見もあります。

静止状態が多い野球に比べると、そこまでだらだらとみられないですからね(笑)

サッカー中継を全体でしっかり見せるよりも、これからは魅力的なハイライト。それこそすぽるとのマンデーフットボールがやってきたような魅力的な複数リーグのハイライトを見せるのが、大切なんじゃないかなと思います。

youtubeでもパリーグTVのように活性化していますが、youtubeでわざわざ見ている時点で、それが好きな人ですからね・・・

WCCF FOOTISTA(フッティスタ) 2022年4月にサービス終了を受けて なぜ失敗したのか? 復活する方法はあるのか?考える

FIFA22はなぜサッカーゲームとして面白いのか? 操作が面白いよりも、AIのサポートにより現実の試合を再現している臨場感がポイント

efootball 2022 炎上から復活? アップデート後の遊び方と新要素について ライバルFIFA22の違いについて