楽天アンリミットが登場しても、UQmobileのスマホプランを使い続ける理由 |スマホプラン お得度 速度 最安値

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は2018年から、UQモバイルユーザーである筆者が、UQモバイルの最安値プランである、スマホプランSを利用した感想になります。6月1日より、楽天モバイルに対抗して、スマホプランRを立ち上げるUQですが、まだスマホプランSは残り続けるため、UQモバイルの最安値プランの速度、お得度、スマホプランRとの違いについて、お答えしようと思います。


このブログでは、株やクレジットカードについての情報を紹介しています。YOUTUBEでも発信していますので、よろしければチャンネル登録お願いいたします。

auがUQモバイルを統合し、サブブランドとして発進したことがニュースで報道されました。営業体制を強化されるということで、リアル店舗が増えることは予想されます。サブブランドを持つことは、ソフトバンクと同じ土俵に立つことなので、UQとYmobileの価格競争は、今後見ものになってくるでしょう。

 

オリコカードポイントをおすすめしない理由 なぜ僕が解約したのか?
スポンサーリンク

UQ スマホプランS おしゃべりプランより価格が安くなったけど速度は変わったのか?

UOmobileのスマホプランは、2019年10月にサービスが開始したプランです。私は、UQでスマホも新規購入しており、料金分割分が残っていたため、すぐにスマホプランに乗り換えることができませんでした。

2年縛りが取り払われている今日において、スマホ代を分割して払うことは、プランを自由に変えられないことがデメリットになります。

スマホプランは、契約期間、最低利用期間、契約解除料がかかりません。一方で、おしゃべりプランで搭載されていた、スマトク割、イチキュッパ割といった期間限定の割引は適用されなくなりました。

「いやいや、比較して、スマホプランSとおしゃべりプランSどちらがお得やねん?」

月々合計で25分未満の通話利用ならば、スマホプランのほうがお得になります。

おしゃべりプランSは、最終的に月額利用料金が2980円になります。最安値のSの場合は、2GBがデータ容量になります。そして、国内通話が1回5分以内ならば、使い放題になります。

一方でスマホプランSは、通話料金が30秒20円適用されます。別途オプションで、かけ放題プランを選択することができます。さらに、データ容量が3GBまで増えました。

月々にどれだけ通話を利用するかで、柔軟に対応できるようになり、全く通話をしなければ1980円でUQの快適な通信環境が利用できるのが、スマホプランのメリットになります。

 

 

UQmobileのデータ通信の速度、安定性はほぼ文句のないレベルです

UQの基本仕様として、余ったデータ分は翌月に繰り越しが可能になり、高速利用と速度制限を利用できるターボ機能も搭載しています。

ターボ機能は、UQと楽天のみが搭載している機能で、データ容量の少ないプランであっても、ターボ機能をオフすることで、速度制限状態にして、データ容量の消費を抑える最高の機能です。

UQは格安SIMの中でも、速度が安定かつ高速であることが魅力とされています。

 

 

場所によって、建物の奥などでつながりにくいと思うことはあるものの、人ごみでも問題なく通信してくれます。

2年前の話ですが、大みそかのコミックマーケットでも問題なく通信できたことで、私のUQに対する信頼は、非常に上がりました。

同じデータ容量プランであれば、マイネオの方が安くつくことがあるのですが、数百円の差であるため、どこまで節約するかで選ぶレベルです。

 

 

3大キャリアからUQmobileに移行すれば、料金はほぼ間違いなく安くなります。

また、データ制限がかかった場合も、送受信最大300kbsです。画像の表示や動画鑑賞は難しいですが、テキストが多いブログや、ツイッターなどのSNSは問題なく利用できます。(ツイッターは読み込み回数が多いため、高速状態で利用するとデータ消費が激しい)

 

UQmobile スマホプランRについて 楽天モバイルとの比較 乗り換えを検討すべきか?

UQmobileが2020年6月1日から、新しくスマホプランRのサービスを開始しました。

スマホプランMとLを廃止し、月額2980円で、10GB利用できて、節約モードでも1mbs。あからさまに楽天モバイルを狙い撃ちにしたプランですね。

楽天モバイルにあって、UQmobileのスマホプランRにない要素

  1. アプリを経由した電話かけ放題
  2. 楽天回線内なら容量無限
  3. 1年間利用料金無料(先着300万)
  4. 楽天ポイントの恩恵


などがあり、挙げてみると「楽天モバイル一択ですね」と思ってしまいます。

一番痛いのは、通話料金が据え置きという点でしょうか。

ただ、楽天回線はまだまだ発展途上で、かけ放題が使えるアプリも、国内シェアの高いiPhoneには未対応であり、UQから楽天モバイルに移行するだけの決め手に欠けます。

 

 

将来的に、楽天回線が安定して、iPhoneでもかけ放題が適用された場合、楽天モバイルを本格的に検討しようと考えています。

UQmobile スマホプランSとRの比較

UQが楽天アンリミットに対して明確に秀でている点があります。

楽天アンリミットは、楽天アンリミット(月額2980円)のみの選択肢になります。

UQmobileは、楽天アンリミットに対抗したスマホプランRのみならず、月額1980円で利用できるスマホプランSがあり、自宅にこもる月がある場合があれば、スマホプランSに切り替えることで節約できます。

 

 

自宅のWi-Fi環境が充実されている方や、300kbsの速度制限でも問題なく利用できるという方でしたら、スマホプランSの選択肢があるUQmobileのほうがお勧めになります。

 

オリコカードポイントをおすすめしない理由 なぜ僕が解約したのか?