ユニバのCRバジリスクを1000回転ほど打った感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

2018年3月5日より全国で順次導入開始されたユニバーサルのメーシーによるCRバジリスク~甲賀忍法帖~弦之介の章。

早速、関西の導入初日(新台入れ替え)に打てることになったのでその感想を書きたいと思います。

今回は演出がどうとか、リーチがどうという話もしつつ、バジリスクという版権をどのようにうまく扱えたかを基準に感想を書いていきます。

確かに僕もバジキッズ同様にスロット経由でバジリスクを知りましたが、アニメ、漫画、山田風太郎の原作すべて触れたぐらいには好きです。

通常時の予告、リーチアクションについて

バジリスクはセット数上乗せ式のゲーム性だったため、1回のあたりが比較的軽い台が多く、1回のあたりが重い319のパチンコになると演出の期待度は当然ながら変わります。

特に予告演出、アニメの予告が流れたとしても、画面が突然止まって弾正やお幻が話しても何にもありません。

ウェイクアップ予告は頻繁に起こりますが、朧ZONE、伊賀強襲は一度も見ること叶わず。

保留については、無駄に点滅が多いです。これはST中も引き継ぎます。点滅からの保留変化がないわけじゃないですが、10回に1回あればいいほど。他のメーカーなら3回に1回は変化したり、無駄にリーチにして間延びさせますが、バジリスクの保留点滅は普通の白保留と思って打った方がいいです。点滅と同時に右から湧き出る伊賀襲来予告が出たらちょっぴり期待ぐらいでいいでしょう。

疑似連も演出がデフレ化した最近の台に比べると疑似3までいきやすい印象です。伊賀襲来ゾーンが「イガーイガー」と叫びながら疑似3への王道ルートです。

疑似3といっても道中にカットインや赤文字あおりがないと上位のリーチに繋がりませんので、これも「また3までいったな~」ぐらいでいいでしょう。

リーチに関してはスロット同様の日常演出失敗→開眼チャレンジ(当然30%なんてないよ)なんて演出がでて微笑みましたが、あんまり意味ないです。

王道は「相思リーチ」「相殺リーチ」、「相思相愛リーチ」、「最終決戦リーチ」です。

4つもあるのかよ~って感じですが、相思と相殺リーチの仕組みはほぼ一緒です。演出中にタイトル、文字、上下の帯、手裏剣から湧き出る湯気、これらが2つ以上赤文字なら少々期待。花火柄なら確定ですけど、まぁ拝めませんよ。

特にキャラの一枚絵がカットインすると期待度は高くなります。しかし、何も煽りがなければ平均7%以下の期待値です。たとえ赤保留から発展したとしても全く期待できません。

これは上位の「相思相愛」「最終決戦」にも言えることです。とにかくチャンスアップが一つもなければキツイ。

相思相愛は基本、夢幻泡影です。期待度80%?いえいえ単体なら30%後半ですよ。ただ大当たりの基本リーチはこいつです。

陽炎が弦之介のキスしようとした瞬間を朧が阻止できるかっていう原作のクライマックスを再現です。このアニメーション化はスロットを含めて初で、結構長めなので興奮させられます。なお、2回目以降はスマホとにらめっこ。

たまに天膳との一騎打ちであるきこくしゅうしゅう(変換面倒)に発展します。といっても期待度は+10%ぐらいです。

そして最上位の最終決戦リーチ・・・もちろんこれもチャンスアップがなければ平気でスカります。そしてなぜか流れる曲は蛟龍の巫女。

1000回転回して

夢幻泡影 4回

鬼哭シュウシュウ1回

最終決戦 1回

相思、相殺リーチは夢幻泡影の倍ぐらいはありました。

初当たりは3回で

うち2回は相思、相愛リーチのチャンスアップ(カットイン、赤文字含む)

1回は夢幻泡影のノーチャンスアップの素当たりでした。

夢幻泡影が来たら絆の低確の巻物だと思ってみてください。

皆さんも大当たりさせて、ウルトラセブン、開眼役物が落ちる瞬間を体感しましょう。

潜伏の可能性があるSTってやっぱつまんない

通常時のリーチ、演出バランスは伊賀襲来のもっさり感を抜きにしたら、打てる台です。まぁ隣のおっさんは台パンしてましたけど(笑)

問題は大当たり後の確変+STです。

本機は基本STですが、通常へ転落する要素のあるST機種です。

まず大当たり時にST確定の甲撃の刻かSTor通常の天命の刻の抽選を行います。ちなみに初めての当たりが10図柄当たりでこちらは5R確変が確定しました。3図柄なども同様の恩恵があると思われます。

潜伏を含みますが、ST突入率は80%とSTの土俵に上がりやすいというメリットがあります。ただし、STに入っても100回転以内に62.6を引くというのが意外と難しい。それから16Rの振り分けも50%とこれも厳しい。GAROが恋しくなるとろこです。

なぜか2回の初当たりは5%しか振り分けのない10Rを引き続けてしまうある意味不運。(まどマギのアルティメットボーナスで魅せつけたかった)

転落と潜伏要素がある影響で、天命で刺したとしてもそれが果たして確変なのか、時短引き戻しなのかわからず喜びどころがわからないです。こういうまどろっこしい要素にするなら素直にST突入率60%ぐらいでST確定にしてほしかったと思います。確変とSTの混合ってSTの良さを殺しているような気がします。

そして甲撃の刻の転落も非常に多いです。リーチになって伊賀忍者とようやく戦えても、背景の月が通常の色(熱いときは周りが赤くなる)、リーチ中に炎の煽りがない、伊賀からの先制攻撃、最後はボタン連打だと期待値は3割ぐらいですが実践上一度も刺せませんでした。10回ぐらいはチャンスはありましたが。

保留変化がなくとも刺せるときは刺せますが、実際はチャンスアップが絡んで、最後はボタン一撃でようやくスタートラインです。これでも7割ぐらいらしいです。

ちなみに僕は天命の刻のほうが好きです。

一方で、ハーデスアドベントでも採用された大型アタッカーは優秀です。ほぼ取りこぼさずオーバー入賞も見込めるため、16Rの獲得出玉は2300発ほど。ほぼ取りこぼしがないのでアタッカーの小さい2400発スペックよりも実質の獲得玉は多いのかもしれません。

 

バジリスクとしての演出について

演出に関して、Ⅲの反省を踏まえて3Dキャラは等身大になりましたが、デザインが非常に微妙です。ほんとうにSDサイズを等身大にしましたっていう手抜き感があります。

アニメーションはスロットのⅡ以上に原作のアニメを流用したものが多く、前述のような夢幻泡影などの再現は非常に喜ばしいです。

でもユニバーサルほどの開発力、資金力があるなら京楽のまどマギやSANKYOのシンフォギアみたいなフルアニメーションをばんばん作れたのでは・・・と思わなくもありません。

バジリスクの売りである版権曲について、甲撃の刻に入れば

甲賀忍法帖

蛟龍の巫女

ヒメムラサキ

WILDEYES

この4曲が聴けます。ちなみに天命では聞けません。WILDEYESを聞く難易度はスロットより低いですが、他3曲ははるかに高い(笑)

さらにスロットではARTに入れば必ず見られた追想の刻は追想BONUSという16R確定BONUSを経由しないとみられないので、難易度はかなり高いです。

(追想の刻がこんなに喜ばしいとは)

ちなみに複数連したら曲が開放されていくのかはわかりませんが、おそらくこの4曲固定と思われます。

ここで「おや?」と思った人は僕と堅い握手をかわしましょう。

バジリスクⅢで追加された

神風

愛する者よ、死に候え

がカットされています・・・なんでやねん・・・

スロッターのみなさんは追想BONUS中はヒメムラサキを流して、その後の甲撃で甲賀忍法帖を流しながら心の中で「継続確定」と叫んでください。さらに展開が悪くなったらWILDEYESで1セット+という恩恵ももらいましょう(あくまでイメトレです)

以上が、京楽にまどマギを寝取られたユニバーサルによるバジリスク弦之介の章でした。

おそらく最近の傾向からミドルから甘ではなくミドルからライトミドルっていう需要不明な派生になっていくかもしれません。99分の1にして誰でも開眼させられまくる爽快感のある台に仕上げてほしいです。

(まどマギ、ハーデスアドベントのように)

ミドルとしてみると、まどマギの圧倒的な爆発力、継続率、そしてショートSTのひりつくゲーム性がごっそり抜けて、中途半端なSTタイムになっています。通常時をたのしむのも伊賀襲来や赤保留に期待しないという条件付きな時点でマイナス要素です。

スロットでも継続率80%というのはストックなどがなければ案外あっけなく落ちるものです。それを2回1セットが条件という点で本機は辛い仕様なのです。体感的には60%ぐらいの振り分けにかって60%の確変で仕留めるという感覚でした。

余談ですが、僕が打った店は交換率が3.57でその日の1000円あたりの回転数が1万円使用して平均25回転(もう少し上だったかも)。

「おおー結構まわってんじゃん」と思ったのですが、ボーダーは3.57で25.7と実はボーダー通りなんですね。これから確実に締めていくので・・・・あとはお察しです。こうみるとかなりスペックは辛めです。

京都・・・というかスロットがネットの影響で若者に支持されるコンテンツになっているのでパチンコを強くしている店ってあんまり聞きません。だからこそ導入間もない、店がデータを取りたいであろう新台入れ替えぐらいしかチャンスがない。これを機にもう新台、さらにいえば4パチは下手に打つものじゃないと戒めました。(トキオスペシャルもそうしよう)

僕の人生で売ってきたパチンコは1パチの釘辛め調整とか、4パチでも1000円あたり10回転以下という極悪調整の店ばっかりでした・・・1回転ようやくしたら音量調整のメニューが出て、いらいらして時々3回保留たまったら「うわ~すっげぇまわってる」と興奮。完全にホールのおもちゃやがな。