伏見にあるちょっとした驚きとリッチにあふれたイタリア料理 トラットリア インヴィート

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、伏見桃山のイオンモールの向かいにあるイタリア料理店

トラットリア インヴィート

を紹介したいと思います。

店内では、洋食屋でよくある女性がウェイトレス、男性がシェフという構成になっていて、すでに外国人客が複数名座っていました。

ランチは、お得なパスタセットをしているみたいですが、今回はディナーで活用してみました。

まずは、さっぱりとした白ワインをセレクト。

席にはあらかじめ、プリッツのようなものが置かれていました。塩味がきいていて、軽いおつまみとして楽しめます。

まず、ワインにあわせるように濃厚な口当たりが特徴のハム、モルタデッラ(650円)を注文

メインはチーズとコショウのみのシンプルなパスタのカチョエペーペ。パスタはとても種類があり悩みましたが、ネットで検索して、一番シンプルなものを選びました。

羊のチーズを使ったこのパスタは、麺の弾力が非常にもっちりとしており、噛めば噛むほどにチーズの甘さとピリっとしたコショウのアクセントがからまっていきます。シンプルながらに奥が深い一品です。

そして、メイン2!!まだまだ探求していきますよ

ビステッカという牛肉のステーキです。150グラムで1650円です。

赤みが非常に美しいです。イタリアの肉料理ってあまり食べたことなかったです。

歯ごたえは非常に素晴らしく、噛めば噛むほどに肉のじんわりとした甘みをじっかんできます。まさに肉のうまみが凝縮されています。それを支えるように調味料も必要最低限です。

なんかい・・噛めば噛み程にってつかってるんだ(笑)

いやぁ、素晴らしい満足です。・・・いやいやデザートも頼みますよ

なんともおしゃれなアフォガード。エスプレッソの濃厚で深い苦みがアイスの甘味をさらに引きたたせます。

そして、エスプレッソが非常に香ばしい味わいだったので、単品で追加注文(笑)

いやぁ、もう大満足でした。

いままで、ブログを書きたいからと一杯注文したことはありましたが、あまりにもおいしくて、珍しくて、もっと探求したいと思って追加注文したのははじめてではないでしょうか。

イタリアの食堂で、家庭的なトスカーナスタイルの味を追求しているみたいですが、日本人からすれば、非常にリッチで品質の素晴らしいレストランでした。大切な人を誘っていきたいですね。