SOUNDPEATS TRUENGINE SE 最先端のワイヤレスイヤホン |使い方 プレゼント 感想 レビュー 評価 おすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、ネットでもレビューがそれなりにあり、使用者の多くが高評価という口コミのSOUNDPEATS TRUENGINE SE(サウンドピーツ トゥルーエンジンエスイー)を紹介します。実生活で、かなり使い込んでいるぐらい気に入っており、ワイヤレスイヤホンをこれから買ってみようかなと思う人にお勧めです。特に今は、家の中で過ごすことが多く、家族と過ごしている場合はイヤホンがほしくなると思うので、かなりお勧めです。
今回は、SOUNDPEATS TRUENGINE SESOUNDPEATSの使い方、物理ボタンの活用法、日常生活でどのようなタイミングに適しているか?購入すべき人などを含めて、レビュー、感想、評価を届けたいと思います。


このブログでは、ガジェットアイテムの紹介をいくつか行っています。よろしければ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

SOUNDPEATS TRUENGINE SE 音質の高さ 遅延の少なさ 理想的なワイヤレスイヤホンの1つ

SOUNDPEATS TRUENGINE SEは、音質を重視したワイヤレスイヤホンです。

デュアルドライバーを搭載しており、約6000円ほどの価格ですが、価格に見合った音圧を提供してくれます。

特に、ヘヴィメタルなどをよく聞くのですが、ベースの唸りといった低音が効果的に鳴り響きます。


また高音質コーデックのAAC(iPhone対応)、apt-X(主にandroid対応)とiPhoneとandroidに両方対応した、遅延対策ができます。

実際にロースペックのアクオスセンスとiPhone11で比べてみました。アクオスセンスも使用時にapt-Xのマークが表示されて、対応していると思ったのですが、ポケットにいれて歩行すると、プツプツと音切れが発生します。

次に、iPhone11で使用してみましたが、さすが最新機種だけあって、まったく音ずれはなく、ポケットにスマホを入れても、多少距離が離れても問題なく聴けます。YOUTUBEも見るのですが、口の動きとの遅延はほぼ見られませんでした。

 

SOUNDPEATS TRUENGINE SEのある生活 防音性の高さ 音量バーが小さくてもクリアに鮮明に聞こえる感動

SOUNDPEATS TRUENGINE SE 使い方 

ワイヤレスイヤホンについて、音質、利便性の面で非常に懐疑的でした。

実際、街を出歩くとサラリーマンか若者の一部がワイヤレスイヤホンをつけているだけ、種類もほとんどがairpod。

 

 

実は、若い人であっても有線イヤホンを使っている人が多いんです。ワイヤレスイヤホンもアマゾンで調べると3000円ぐらいの安価なものが多いので、有線イヤホン3倍ぐらいの値段で済むのですが。

実際に町中でSOUNDPEATS TRUENGINE SEを使用してみると、カナル型の耳の中にすっぽり入るイヤホンになるので、防音性がかなり高いです。


コロナの自粛規制前によくパチンコ・スロットホールで遊んでいたのですが、何も音楽をかけなかったとしても、ドラッグストアで販売されている耳栓と変わらないパフォーマンスを発揮しています。

YOUTUBEや音楽を聴く場合は、音量バーを半分ぐらいでも十分に聞こえます。逆に防音性能がた過ぎて、日常の会話や環境音はあまり拾えません。そのため、歩行中に使うのは危険が伴うので、控えた方がよさそうです。

 

 

SOUNDPEATS TRUENGINE SE 操作性 ワイヤレスイヤホンに物理ボタンを採用 再生・停止が簡単に

SOUNDPEATS TRUENGINE SEは機械音痴であっても非常に使いやすいのもメリットです。機械音痴の母親の誕生日にプレゼントしましたが、現在も使いこなしているようです。

使い方は非常に簡単で、Bluetoothの受信体制にスマホをしておいて、ケースからワイヤレスイヤホンを取り出すだけ。これで、自動的にBluetooth認識されて、使用できます。

ケースから取り出して、耳に装着すると

  • 「パワーオン」(電源がついた)
  • 「コネクテッド」(Bluetooth接続状態)
  • 「ペアリング」(左右両方がステレオ状態に)

 

以上の音声が鳴ります。両耳を同じタイミングでつけたら、パワーオンからコネクテッドという音声で接続完了です。

さらに、真ん中のSボタンを押すことで動画や音楽の再生・停止が行えたりします。ほかにも短時間い2度押すと音量をあげたり、さげたりできます。

 

 

ボタン操作は便利で、スマホをポケットにいれながら操作できるのはありがたいのですが、ボタン操作が成功したか確認するのが多少煩わしいです。結局ポケットにあるので、それならスマホで操作したら早いということで、ボタン操作しないこともよくあります。

 

しかしながら、再生と停止だけでも使えたら十分に便利なレベルといえるでしょう。

 

SOUNDPEATS TRUENGINE SE どんな人にお勧め? iPhoneユーザー YOUTUBEをラジオ感覚で使用している人は特に

(USBはタイプCではありません。USB端子が2つついた充電アダプタを使うことをお勧めします)

最後にSOUNDPEATS TRUENGINE SEがどのような人におすすめできるかまとめたいと思います。

まず、新しいもの、ガジェット好きな人は、ワイヤレスイヤホンの進化に触れることができます。遅延のなさ、音質の高さ、操作性、どれも感動できるだけのクオリティを誇っています。

私もコンビニの1000円ぐらいの有線イヤホンを使い続けてましたが、かさばりますし、いつの間にか紛失することが多かったのですが、ワイヤレスイヤホンは、ケースごといれても胸ポケットにおさまります。

 

 

すぐにイヤホンを使いたいという環境にも適しています。

仕事や休日中でも頻繁に外へ出歩く人にもお勧めです。現代は、YOUTUBEなどの動画コンテンツでもラジオのように聴覚の情報量が充実したチャンネルが増えているので、日ごろから動画鑑賞される人もワイヤレスイヤホンを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

次に、プレゼントとして最適です。スマホを持っている人は多いですし、イヤホンを使ったことがないという人は少ないでしょう。

特にiPhoneユーザーの人へのプレゼントとしては最適です。iPhone11などはイヤホンジャックなどがなく、独自規格のライトニング端子の有線イヤホンを使うのは、正直面倒でしょう。

 

SOUNDPEATS TRUENGINE SEはiPhone11との相性が非常に良いことを私が保証します。

 

SOUNDPEATSは過去にもワイヤレスイヤホンとして、様々なバリエーションを世に出してきました。SOUNDPEATS TRUENGINE SEは、最新作の1つとして、音質に徹底的にこだわり、過去作のノウハウも詰め込んだ、2020年以降も注目されるべきワイヤレスイヤホンの1つになっています。

有線イヤホンは安価なものが多いですが、思い入れがない分、紛失したり、からまって使用しないままということが多いのですが、SOUNDPEATS TRUENGINE SEは耳栓として使用できますし、スペースを圧迫しないので、日常生活で活用することが非常に多く、まさしく重宝しています。