ロシアW杯 日本VSコロンビア 歴史的勝利のど素人感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回のロシアW杯は、まさに波乱続きですね。番狂わせが多すぎて、僕のワールドカップTOTOはボロボロです。

そして、日本がコロンビアに歴史的勝利を収めました。ワールドカップで南米を下したのは、はじめてとのことです。素晴らしいですね。僕のワールドカップTOTOはさらに荒れましたけど(笑)

さて、今回もサッカー未経験の単に試合を見たど素人の感想をどうぞ

全員が考えて走るサッカーをすれば、強豪とも戦える

今回の試合、スタメンに昌子、柴崎、乾、香川とパラグアイ戦で連携、調子のよかった選手を起用しました。ただ、パラグアイ戦と異なり、現地のコロンビアサポーターの大歓声により、パラグアイ戦のように声を出し合って、ラインを統一することやサイドチェンジなどの連携が取れなかった場面も多くみられました。

逆に、オシム監督が提唱していた「考えて走る」サッカーを個人が考えて、オフェンスが不十分ならディフェンスでカバーして貢献、ディフェンスに余裕があったら自らハーフラインを越えて、前線へパスを供給など見られました。個人がどのようにすれば日本が優勢になるかを考えてプレイされていたような気がします。

日本蹴球・オシムの考え4

前半から後半のハメス投入まではひたすら右サイド攻めを意識していました。特にクアドラードが交代され、コロンビアが中盤を整えていることを利用して、守備の負担が減った長友のオーバーラップが見られるようになりました。結果はともあれ、乾と長友の連携は迫力があって、見ていて面白かったです。

ただ、クロスが一流ではない長友のプレイ、乾もサイドによりすぎて、シュートエリアまでボールを運べない。乾はボールを前線へ運ぶことは一流だと思いますが、後方からのパスをこぼす、または反対後方に荷重移動して取れないというシーンもいくつかありました。

一方で酒井宏樹は得意のクロスこそあまり見られなかったものの、前線の数が手薄なら自らシュートに持ち込んで、相手に手数の多さをアピールすることはできたと思います。

今回は、PK,コーナーキックからのヘディングと流れの中でのゴールは決められず、後半に縦パスを何本か供給するシーンがありましたが前線との連携がいまいち合いませんでした。

ああいう一本のロングパスやスルーパスを可能とするのは、コロンビアのファルカオのようにトラップ技術、ボレー技術、シュートスピードなどがそろったFWがいて成立する戦術なのかなぁと思いました。

大迫、原口、乾にはファルカオのような能力を持っていませんが、それを補うように

  • 大迫はポストプレーに徹して、得意のボールキープにより前線への攻め上がりを待ち
  • 原口は献身的なディフェンスで前線からプレスをかけて、相手のパスコースを塞ぎ、ゲームメイクさせない
  • 乾はコントロールの効いたシュートを打って、ペナルティエリア前でも脅威であることをアピールしながら、長友と連携して、サイド攻撃の起点となる

相変わらず、横パスやバックパスが散見されましたが、前線が意欲的にスペースを見つけ攻めあがる姿勢を見せるだけで、相手DFはカバーをする必要があるため、ボールに絡まないプレイが一番重要だったのでしょう。

前線がしっかり走り込むことによって、スイス戦のようなCB二人がコーナーキックに参加して、そのこぼれ球をとられてカウンターでゴールという少しおまぬけなシーンは見られなかったです。

また、前線と中盤が積極的に守備参加したことで、後半もバックは集中力を切らさなかったことも大きかったと思います。ファルカオ、バッカ、ハメスと世界的なゴールゲッターを有するコロンビア相手に守り切りました。

テクニックではなく、運動量で補っていく方向性は、後のセネガル、ポーランド戦に期待が持てます。

前回のギリシャ戦での反省を生かし、数的優位に甘えず、攻撃時は前線へ、守備時は全員がペナルティエリア周辺で陣形を組んで、ゴールを死守していました。

 


 

 

走りながらのプレイとファールは期待しない

スペースに走っていく、攻守の切り替えで走っていくことに関しては意識が高かったのですが、走りながらパスを供給していく、走りながらゴールを狙っていくという走り込みとプレイの連動が上手くかみ合いませんでした。

キーパーと1対1のシーンが多かったですが、走りながらコースを狙うということができませんでした。

パラグアイ戦の乾の2得点もスペースを作って、ペナルティエリア外からコントロールの効いたシュートでした。

散々、W杯前流れた宇佐美のデュッセドルフのシュートですが、あんなスペースが空いて相手が詰めてこないシーンってほぼないのでしょう。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

(テレビで少なくとも5回ぐらいこのゴールを目にしましたけど、ここまでドフリーになることはまずないでしょう)

W杯のチャンスは、走りながら、相手に1~2人詰められながらでもゴール前という状況になると思います。

前述したファルカオのように、後方に視野を持って、突然きたボールに対して反応できるレベルのストライカーがいないため、ポストプレーでディフェンダーの動きを制する、横パスでも相手をしっかりひきつけてスペースをつくってパスをするという堅実性や人数を当てた攻撃を丁寧にやっていくことのほうがいいような気がします。

あと乾や原口のような走り込めるドリブラーもいるので、迫力のあるカウンターをひとつ見せるだけで、相手のディフェンスを脅かすに至るのではないかと思います。

前半で、敵が攻めあがった瞬間にボール奪取をしても、素早い展開で崩していくというシーンが見られなかったことも、ペケルマンが攻撃に人数を割こうと思った要因だと思うので。(それが功を奏したわけなんですけど・・・・)

どういう形でも勝利したことは素晴らしいですが、「日本の攻撃陣は守備に重きを置いてでも守らねばなるまい」とセネガルやポーランドが思ったかどうかは微妙です。

さらに今回の大会はファールに対してかなり厳しい判定を下されやすいです。前半も1点目はハンドにレッドカードを、二点目も長谷部に覆いかぶさったファルカオではなく長谷部にファールがとられて失点しました。

主審の思考が変わったのか、ファルカオが執念でシュミュレーション気味にファールをとっていったことを踏まえてか、後半は少々の交錯プレイでファールを取らず、前半の主審の判定を信頼して、ファールを取りに行ってそのまま待ちぼうけというシーンが散見されました。

今大会は、こうしたファールの厳しさに期待して、数人のプレイヤーが待ちぼうけになってピンチに陥るというシーンがよく見られるので、笛が吹かれるまで全力でプレイすることが重要なのではないでしょうか。

ああ~相変わらうず「かもしれない」「思った」というあいまいな感想が目立ちますが、面白い試合でした。数的優位をつくれたのもしっかり攻めたから、数的優位後に同点に追いつかれたなか、ハーフタイムで修正して逆転したことは素晴らしいと思います。

何より、1トップのFWが点を取ったというのは日本にとって何よりの朗報だと思います。今後の戦いでチームが勢いづくでしょう。

・・・・さて、僕は次の試合に向けてワールドカップTOTOを買おうと思います。では

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
未分類
tukasamakotoをフォローする
スポンサーリンク
京都のドラッグストア店員ブログ