にほん酒食堂 しずく 自家製の大豆や醤油に深みがあり、刺身も歯ごたえがあり、そして粕汁牛すじという新しさ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

高倉二条に日本酒のバーがあると聞いて、駆け付けました。

その名も

にほん酒食堂 しずく

不定休ですが、平日は16時~25時、土日祝は15時~25時です。

最寄りは、地下鉄烏丸御池になるでしょうか・・・

高倉二条は、近年洋食から和食、そしてバーまで様々な店が新規出店されていますが、あまり開拓できていないんですよね・・・いろいろありまして・・・

中に入ると30代~40代ぐらいの若い店員が2名。そして客層はサラリーマンばかりではなく、むしろ私服の20代の若者が4名ぐらいで談笑しながら、たのしんでいました。

すごく意外・・・意外とフランクなバーなんでしょうね。

店員さんの接客は非常にやわらかで、食品の説明もすごく丁寧です。日本酒×バーで敷居を高く感じるかもしれませんが、気兼ねせず寄ってほしいですね。

このようにカウンター席もあるので、ぼっちでもOK!!

伏見のお酒も多いんですが、全国の純米吟醸がバランスよく並んでいます。今回は、酒フェスで飲めなかった二兎を頼みました。

チャージ代が600円つくのですが、つきだしが粕汁、自家製おから、糸こんにゃくの明太子和えとこれだけで、上品な和食という素晴らしいものです。日本酒との相性は言わずもがな

食堂と記載されているだけあって、単なる日本酒が呑めて、ちょっとつまめるだけではなく、ちゃんと食事もしっかりしています。お刺身の歯ごたえが非常に素晴らしい。醤油も自家製みたいです。

自家製がなかなか多い・・・すごいな~(小並感)

一番衝撃だったのが、粕汁でつくったこの牛すじの煮込み。とろとろで柔らかく甘い牛すじと粕汁の相性が絶品です。

日本酒専門店だけあって、粕汁の味わいの深さは申し分なく、牛すじのわずかな臭みもすべて吸収して、旨味に変わっています。これは新しい珍味ですね。

日本酒の銘柄がわからなくても、ジャムと一緒につくったカクテルだったり、サングリアだったり、日本酒をアレンジしたドリンクがあるので、女性やお酒の知識が全くない(僕のような人)状態でも楽しめると思います。ソフトドリンクが充実しているので、食事目当てでもいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。