資生堂の秘密兵器? 花粉対策スプレー IHADA(イハダ)を使った

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうもみなさん、快適な花粉ライフをお過ごしでしょうか?僕は絶賛、くしゃみと目をごしごしひっかき中です。内科で処方された薬を使っているんだけどな・・・

残念ながら一日中移動しまくり、吐息ぜぇぜぇはぁはぁの肉体労働者なのでマスクを使ってもすぐに眼鏡が曇ってオワタ式・・・

そんな肉体労働者の皆様に朗報!!

あの化粧品メーカーの大手資生堂からこんな商品が発売しました!!

おかめ顔のおねぇさんが魅力的?なIHADAという商品です。イハダアレルスクリーンっていうのが正式名称。

 

価格は50gで900円ぐらい。補助商品として考えると高めです。1000円代なら内服薬や点鼻薬を購入するでしょう。ぶっちゃけ面白そうだから買った・・・これ以上の理由がないです(笑)

使い方は簡単、スプレーを顔から20センチほど話して顔面に放射するだけ!!これだけ。

使った瞬間だけ、顔表面にオーラを纏い念能力者になれます。

これで花粉やPM2.5の吸着を防止するのです。寄せ付けない効果なのでわざわざ顔面だけに使わず、髪や衣服にも使うと効果があがるかも?

主要成分はエタノールで、噴射するとエタノール臭が若干します。僕はこれで、剃刀負けした肌がジンジンと痛むという経験をしました。あと目も少し痛い・・・スプレーなので廃棄しにくいにもデメリットです。

顔全体に吹きかけるは使用感の悪さからデメリットに見えますが、鼻に直接塗りかける薬が増えてきた花粉市場。次は目へのケアをどうするかが課題となっています。

今まで、この手の商品はマスクに追加して吹き込むことでマスクの防止性能を飛躍的に上げるという副次的な使われ方でしたが、このイハダは単体で効果を発揮するスプレーということで今後の活躍が期待されます。

特に資生堂がつくっているので、マスクによる化粧崩れを恐れる女性、僕のように肉体労働者でマスクの使用感が悪くなる人たちにはオス勧めでしょう。

ただし、定期的に噴射しないと効果が落ちるなどデメリットも多々あります。

特にスプレーを顔面に吹きかけるので眼球への負担はないのか?裏面で説明もされていますがアレルギーテストを繰り返していますけど、アトピーなどへの影響はあるのか?という点はまだまだ不明なところがあります。

もしある程度の効果が実証されるならば、この手の商品は消臭ロールオン並みに流行る可能性を秘めています。花粉症のみならずオールタイムでほこりを寄せ付けないなどの使い勝手のいい商品が氾濫していくことを望みます。