セブンイレブン 柿安監修の牛すき鍋はおいしい?値段相応?食べてみた感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2022年11月15日から展開されている、セブンイレブンの鍋フェアの柿安監修の牛すき鍋を購入して食べてみました。
800円近くと、コンビニの弁当としてはかなり攻めた価格になっていますが、果たして、その価格に見合ったクオリティなのか?本当においしいのかどうかを検証してみました。

このブログは、コンビニで買える商品をいくつかレビューしています。よろしければほかの記事もお願いします。

京都の人間が天下一品のカップラーメンを正直にレビュー・感想・評価 おいしい?まずい?

Coco 壱番屋 うまこくカレーラーメン  カップラーメンに比べておいしいのか?

セブンイレブンで買える高級カップラーメン 最高に面倒で、最高にうまいラーメン。

マルちゃんZUBAAAN(ズバーン)袋めんの歴史を変える? がっつり濃厚スープと麺のからみは最強なのか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セブンイレブン 柿安監修の牛すき鍋はおいしい?値段相応?食べてみた感想

セブンイレブンが行っている鍋フェアにて期間限定発売の牛すき鍋がこちら

肉、豆腐、うどんとまさにボリューミーないっぱいに仕上がっています。

レンジでチンするとこんな感じに、具材の彩もあざやかで、お肉が意外に多く盛り込まれています。

さすがに、牛丼チェーンのすき焼きと同じように、肉はコマ切れ気味で、肉厚などはあまり感じられないものの、柔らかさや甘みなどはちゃんとあり、臭みなどは全くありません。

食べやすく、普通においしいと思えるお肉で、値段相応だと思います。

割り下に関しては、容器ごとそのまま食べたり、最後につゆを飲まれることを想定して、少し薄味に作られています。甘さはほんのりとしており、素材の味を殺しすぎないほどに濃厚になっています。

興奮を抑えきれずすぐに容器をあけて、そのまま食べてしまったのですが、生卵やご飯を用意してもらえると幸せになれます。

残念なポイントとしては、具材と割り下が別になっているので、レンジでチンして、具材を割り下にしっかり浸さないと、具材だけを食べてしまう可能性があるということでしょうか。

 

スポンサーリンク

2022年 最近のコンビニ弁当事情について

私の昼ご飯は、基本的にコンビニで購入したおにぎりや、スープ類なのですが、弁当はあまり買っていません。

理由は高いのと、あまりにもボリューミーなのと、健康について少し考えるからです。

とはいえ最近は、ロカボメニューや、1日分の野菜がとれることを強みにしている商品が出ていますが、基本はからあげ、とんかつ、ハンバーグなどのがっつり系が主体なイメージです。

スーパーの弁当などに比べて、ほぼワンコインで済まないのがコンビニ弁当。

だったらもう1000円近くの高級路線や、健康にこだわったもので、スーパーの弁当から徹底的に差別化をはかるべきなんじゃないかなって思います。スタンダードも必要ですけどね。

というわけで、セブンイレブンの鍋フェア、他にもちゃんこなど魅力的な商品があるので、よかったら買ってみてください。

 

京都の人間が天下一品のカップラーメンを正直にレビュー・感想・評価 おいしい?まずい?

Coco 壱番屋 うまこくカレーラーメン  カップラーメンに比べておいしいのか?

セブンイレブンで買える高級カップラーメン 最高に面倒で、最高にうまいラーメン。

マルちゃんZUBAAAN(ズバーン)袋めんの歴史を変える? がっつり濃厚スープと麺のからみは最強なのか?