楽天pay(ペイ)で期間限定ポイントをコンビニで使い倒せるのが、マジで便利

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんにちは

最近、楽天payを良く使っています。

楽天payは、最近話題になったpaypayなどと同様に、アプリをインストールして、クレジットカードの情報を入力したら、スマホのバーコードをコンビニや居酒屋などサービス提携している場所で読み込んでもらうだけで決済が可能というキャッシュレスアプリです。

コンビニ決済でしか利用していませんが、2019年5月時点で、ローソンとファミリーマートで使用できるので、利便性は十分高いと言えます。

ちなみにセブンイレブンでも楽天Edyなら使用できます。

ざっくり両者の違いを挙げると、EdyはICOCAのようにチャージして支払い、payはチャージの手間がなく、そのまま決済ができます。

提携や使えるショッピングが異なるため、一概にpayの方が優秀とは言えません。

ネットで調べるとEdyは楽天カード経由でチャージして(200円で1ポイント)、Edyで支払って(200円ごとに1ポイント)と2重どりできます。さらに、楽天ポイント対応の店ならポイント3重どりすることができます。

しかしながら、年会費無料の楽天JCBデビットで普通に支払いをしたら100円1ポイントなので、Edyが有効活用できるかどうかは熟慮しないといけません。

(キャッシュカードとデビットカード両方を併せ持ったカードはあらゆる局面で便利です。キャッシュレス、現金双方に柔軟な対応ができます)

利用によるポイントバックキャンペーンも行っているので、Edyの情報もしっかり把握しながら、利用するのが賢い使い方といえるでしょう。

楽天payの優位性として

「楽天スーパーポイントがそのまま支払いに使える」

という点にあります。

さらに

「期間限定ポイントを支払いに使える」

期間限定ポイントは、意外と使い勝手が限られており、嬉しいけど厄介なポイントです(笑)

例えば、最近になって、楽天証券で契約した投資信託に積立投資するときに、楽天スーパーポイントが使用できるようになりました。

元金が保証されるわけではありませんが、これが増えれば実質ポイントをお金に交換したことと同じです。

しかしながら、積立投資に期間限定ポイントは使われません・・・

楽天といえば、入会時に8000円分のポイントキャンペーンの不定期にやることで有名ですが、通常のスーパーポイントが2000ポイントで、楽天カードを使用することで6000ポイントの期間限定ポイントが得られます。

この6000円の期間限定をどのように使用するか・・・という問題ですね。

さらに、楽天インサイト(アンケートモニター)を隙間時間にやっていて、こまめにやれば1か月に500ポイントほど得られます。しかし、これも期間限定ポイントなんです・・・

それを有効活用できる一つの方法として、楽天payで支払うわけです。

楽天payのアプリ内で、ポイントカードのコードも用意されていますし、コード、QR支払いで「すべのポイントを使う」にチェックを入れたら、決済時に期間限定ポイントが自動的に使用されます。

支払いの際にコードを出すのが、面倒ですがスマホが低速状態でもアプリ起動からコードの出現まで3秒ぐらいしかかからないのが、非常に素晴らしいです。

アプリ内に保有ポイントと期間限定ポイントがいくらあるか先頭に表示されます。

楽天payの使用に際して、クレジットカードを登録する必要があります。

理想は、楽天カードですが、楽天カード以外のVISAやマスターカードでも登録できるので、楽天ポイントを保有しているなら、手持ちのクレジットカードをとりあえず登録してもいいでしょう。

残念ながら楽天のJCBデビットでは登録できませんでした・・・

コンビニは定価販売なので、油断したらすぐにポイントを使い切ってしまいますが、昼食代や、間食を浮かせることができるでしょう。生活必需品にあててもいいでしょう。

重要なのは、ポイントがたくさんあるからいらないものを買ってしまったり、ポイントをためるために結果的な損な買い物をしないことです。

楽天があまりにも多角的なサービスを行ってるがゆえに、楽天ポイントはもっているが、持て余している人は、楽天payを使用して有効活用していくのがおすすめです!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。