無料で遊べるPS5付属作品 ASTRO’s PLAYROOM(アストロプレイルーム) デュアルセンスをフル活用したPS5専用作品 感想、レビュー、評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム温故知新(ゲームレビュー+考察)
ASTRO's PLAYROOM_20210528160634
スポンサーリンク

スポンサーリンク

まだ抽選販売が主流で、転売されているPS5。幸運にも家電量販店の抽選販売でPS5の抽選に受かって、入手することができましたので、さっそく、無料でインストールされているアストロプレイルームを遊んだ、感想とレビューになります。

PS5のお披露目となり、新しいコントローラー、デュアルセンスの性能をいかんなく披露した作品になります。

 


このブログでは、最新や話題のゲーム作品のレビューをお届けしています。よろしければほかの記事、動画もお立ち寄りください。

 

サイバーパンク2077 バグ映像の数々 炎上の原因 再延期の末の問題点 実際に初期型に近いPS4、外付けSSDで遊んだ感想・レビュー

 

2020年正月に遊びたいPS4 おすすめ面白いソフト5選 クリア時間と共にお届け

 

2018年現時点ベストゲーム スパイダーマン(PS4)プレイヤーにストレスを与えない完璧なアクションアドベンチャー

 

クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース 復活したレトロアクションの評価、感想、レビュー 難しいのはやりがいか?理不尽か?

 

The Last of Us Part II(ラストオブアス2) クリア後ネタバレ全開の感想 なぜストーリーは残念だったのか? part2とアビーの設定の真実について考える

 

 

スポンサーリンク

ASTRO’s PLAYROOM シンプルな3Dアクションゲーム デュアルセンスのお披露目だけではない

 

もともと、PSVRで発売された「ASTRO BOT: RESCUE MISSION」の派生作品で、ASTRO’s PLAYROOM(アストロプレイルーム)は、PS5にプリインストールされた作品になります。

 

 

 

今後、どうなるかわかりませんが、ソフトとPS5本体を一緒に購入したとしても、このアストロプレイルームを先に遊ぶことをお勧めします。

 

アストロプレイルームは、動画をつけることで、実際にどのようにタッチすればいいか?ボタンを押せばいいかということが、視覚的にわかるつくりになっています。

 

 

 

複雑なギミックは少なく、コントローラーに息を吹きかけたり、モーションセンサーを駆使して傾けるなどの体感操作を手軽に行うことができます。

 

 

デュアルセンスの性能について switchのHD振動との比較

 

PS5で採用されたコントローラー、デュアルセンスは、単体で7000円を超えるかなり高価なコントローラーになりますが、振動、マイク機能など新しい時代を感じさせてくれる、様々な高性能な要素を備えています。

 

代表的な機能はこちらになります

 

 

ハプティックフィードバック HD振動よりも細やかな振動を実現

 

switchのHD振動に似ていますが、ゲーム内で起こっている状況に応じて、砂浜を歩いているときは軽い振動、相手からダメージを受けた時は大きな振動、というように振動のレベルが小刻みに変わっていく機能になっています。

 

switchのHD振動とどう違うのか?と比較すると、HD振動はシンプルに強弱をつけるといったところで、コントローラーの大きさも片手におさまるため、振動の感動はやや少なめです。

 

一方で、後発のデュアルセンスは、振動の種類が非常に豊富で、従来のバイブ式のブルブル震える振動もあれば、カタカタと軽くふるような振動もあり、振動のバリエーションが非常に豊かになっていると感じられました。

 

アストロプレイルームのみならず、他の作品でも映画の4DMXのように場面に適した、リッチな振動を体感できると思います。(開発は大変だと思いますが)

 

 

アダプティブトリカー R2、L2トリガーの押しごたえが変わる感動体験

 

PS4のデュアルショックでは、R2、L2トリガーは、大きく作られ深く押し込めるつくりになっていした。

 

PS5のデュアルセンスは、このトリガーの大きさを利用して、トリガーに振動や重さを体感できる機能を実現しました。それがアダプティブトリガーです。

 

例えば、ゲーム内でキャラが踏ん張ったり、ハンドガンではなくショットガンを持ち上げた時にトリガーの反発が強くなって、押しにくくなります。

 

さらに、ボタンを押して、キャラが激しいアクションをしていると、R2、L2がカタカタと振動します。

 

(アダプティブトリガーがうまく活用されていると、キャラクターの動きにリンクして、振動するので、臨場感も素晴らしいです)

 

アストロプレイルームでは、キャラがジェット機に乗り込んだ時にトリガーボタンが、激しく振動しました。このような体験は初めてでしたね。

 

体験を売りにするゲームであれば、アダプティブトリガーは大きな売りになるでしょう。

 

 

 

ただ、普通のゲームであればそこまで活用する機会はすくないかもしれません。今はバイオハザードヴィレッジを遊んでいますが、銃を構えた時にアダプティブトリガーが適応されていることを、後になって知りました。

 

 

 

アストロプレイルーム プレイした感想 やり込み、タイムアタックモードの実装

 

アストロプレイルームは、オーソドックスな3Dアクションゲームで、マリオのように敵を避けながら、ゴールを目指すというのが目標になります。

 

ただ、道中で武器を入手したり、最後はボスと戦うことになりますので、味気ないと感じる必要はありません。

 

ただ一本道ではなく、道中には道のはずれや、特定のアクションを達成することで、パズルやアーティファクト(過去のPSの周辺機器)を入手できます。

 

 

PSのゲームハードは、4つの世界を攻略すると必ず手に入りますが、周辺機器に関してはマップをくまなく散策する必要があるため、やり込む必要があります。

 

ゲームをクリアすれば、タイムアタックモードなどが用意されており、タイムアタック専用のステージもあるため、隙間時間に遊んで、世界中のプレイヤーと競ってみるのもいいでしょう。

 

タイムアタック専用BGMがかなり好みです。

 

 

 

 

任天堂の十八番だった、水の表現もアストロプレイルームをプレイすると、ほぼ実写とそん色ないグラフィックに見えます。

 

また、単にきれいな背景でとどまっておらず、フィールドを歩いていると、PSに関連した小ネタが散らばっています。リプレイ性は高いです。

 

 

アストロプレイルーム 総評、クリア時間 3980円ぐらいする高品質な無料作品

 

以上が、アストロプレイルームの感想になります。

 

アクションゲームとしては、シンプルなルールと操作で、マリオが好きな人ならだれでも楽しめる作品です。

 

デュアルセンスの様々な機能、振動方法などが体感できます。まだまだPS5専用ソフトがでる見込みが薄いため、現状でPS5の要素をしっかりと使い切った数少ない作品です。

 

 

当分はPS4作品を爆速ロードと、高FPSで遊べるというのが、PS5の強みになりますが、アストロプレイルームを遊ぶことで、PS5専用ソフトがどのような形で出るかを予想したり、楽しみにできます。

 

大雑把にクリアするだけなら2~3時間程度でクリア可能です。やり込みを含めると4~5時間は遊べるのではないでしょうか。

 

 

有料ソフトとして発売されるなら、2980円、いや3980円はくだらないと思います。

 

このレベルの作品をプリインストールでつけているということが素晴らしいですね。できればPS5の新型を出し続けたとしても、このアストロプレイルームは、プリインストールされ続けてほしいですね。

 

サイバーパンク2077 バグ映像の数々 炎上の原因 再延期の末の問題点 実際に初期型に近いPS4、外付けSSDで遊んだ感想・レビュー

 

2020年正月に遊びたいPS4 おすすめ面白いソフト5選 クリア時間と共にお届け

 

2018年現時点ベストゲーム スパイダーマン(PS4)プレイヤーにストレスを与えない完璧なアクションアドベンチャー

 

クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース 復活したレトロアクションの評価、感想、レビュー 難しいのはやりがいか?理不尽か?

タイトルとURLをコピーしました