1か月で6キロ減量 誰でも無理なく習慣にできるプロテインダイエットが凄すぎて引く・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

実は、友人にも仕事の上司にも気づかれていないのですが・・・

私、個の一か月で6キロぐらい体重落ちました。

いや、まぁ完全メタボ状態からなので、これといった苦労はしなかったですけど。

一応いろんな好条件が重なりました。一番は発熱して、食欲が減退して、それで胃が小さくなったことですかね。

現在なら、マクドナルドのバリューセットを食べただけでもかなり満腹感を得られています。

目標はあと7キロなので、まだまだ道は遠いですが、目標を設定しているからこそ、この6キロを無理なく落とせたものだと思います。

6キロ落ちたことで、ベルトはゆるくなりましたし、手先も少し細く感じましたが、まだまだ実感まで程遠いですね。

 

私が実践したダイエット方法はこちら

  • レコーディングダイエット
  • ボクササイズ
  • プロテイン置き換え

レコーディングダイエットは半月で挫折しましたし、ボクササイズは激しすぎて毎日できません・・・。

しかし、レコダイを活用することでコンビニでカロリー計算を自然とやるようになりましたし、ボクササイズを導入することで持久力は多少つきました。

それぞれ、しっかりメリットもあるので、過去記事を載せました。興味のある方はどうぞ

一番利用しているのは

プロテイン置き換え

これは、市販のプロテインを朝食、または夕食。調子のよいときは両方で置き換えるという方法です。

単純でしょ?

わざわざ食事を置き換えるので、無理せず低脂肪牛乳で置き換えています。やはり普通の牛乳より低脂肪牛乳で置き換えた方が調子がいいです。

現在利用しているのは、このビーレジェンドですね。交流戦でもたびたび後ろの広告に掲載されていますね。

ザバスより安く、たんぱく質が1回で20グラムで取れます。何よりうまい!!

イチゴ味は、ミルクとあわさることで、明治の濃厚な苺チョコレートに化けます。積極的に飲みたくなるプロテインが理想ですよね!!

(低脂肪牛乳でもしっとりとしたコクをプロテインに与えてくれます)

プロテインによって満腹感が確実に低減されています。

そして、これと牛乳をあわせてもカロリーは200~300です。朝食だとあまり恩恵は感じられませんが、夕食なら油断すると500カロリーは余裕で超えるので、これは凄いっす。

さらに、何度か夕食の置き換えに成功すれば、それだけで食費を節約できるので、プロテイン代は一見すると高いのですが、置き換えでお得感が出ます。

ただ飲むだけなので

  • 気分が憂鬱で食欲がわかない
  • 喉が痛くてごはんが食べられない

こういったトラブルを抱えてもプロテインはすこしとろみがありますが、飲み物なので摂取が用意です。

特に精神が憂鬱で食欲がわかない場合は、精神が元に戻ったら、その喜びの反動でドカ食いにまわることが僕は多かったので、その抑止としてもプロテインは十二分に機能しています。

睡眠を抑えるためには、適度な仮眠が必要なように、食欲を抑えるためには我慢ではなく、適度な摂取が必要なのです!!

ビーレジェンドなら、楽天で専門店が出ているので、まとめ買いで送料が無料になったり、ポイントの恩恵もあります。

 

 

たんぱく質は通常の食事にプラスするだけで、消費カロリーを抑えるという研究結果も出ているようなので、置き換えをしないときでも飲むようにしています。要するに習慣づけです。

今までは、ホエイプロテインかソイプロテインか、他の痩せる成分を加味すべきかですごくなやんでいましたが、とりあえず習慣づけて飲むことを意識して変わりましたね。

 

スポンサーリンク

置き換え専用商品とプロテインの圧倒的な違い

置き換えダイエットといえば、ゼリー食とか、最初から

「置き換えることが重要です!!」

と半ば強迫されるような形で始めることが多かったのではないでしょうか?

通販サイトを利用すれば、送料もかかりますし、契約を一回中断したらもう再開する気力なくなりますよね。

プロテインならば、ドラッグストアや大型スーパーで難なく入手できますし、こだわればさらにたんぱく質が豊富で安価なものや、アメリカ産でクオリティの高いものがどかどかと見つかります。

それをSNSやインターネットで発信する楽しみもあります。フレーバーも飽きないように多いですし。

「プロテインはジムの後にマッチョな人な飲むもの」

って常識は古いものです。

太っている僕やあなたにこそプロテインは必要なのです!!

ついでにたんぱく質のみならず、ビタミン類やミネラルをとれるものもあります。サプリメントが好きな人もプロテインに変更するメリットはあります。

あと、太る要因の一つに「好奇心」という概念がからんできます。

つまり

あれもたべたい、これもたべたい、あれが気になる、あれも気になる

といった知的好奇心が食欲に繋がるんですよね。そのため、結果的に満腹を通り越しても食べすぎてしまったり、間食の回数が爆増してしまうというのが、僕の太る最大の要因でした。

現在では、プロテインの種類の豊富さに対して、好奇心が使われるようになりました。プロテインの種類を制覇してしまったら・・・不安ですが(笑)。当分はプロテインに好奇心が注がれ続くと思います!!