市販されているヘパリン類似物質を使ってみた 感想・レビュー 血行促進とターンオーバーで、皮膚の奥に届く 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

病院でも処方されていますが、市販薬も活躍中。乾燥荒れ肌治療に使われているヘパリン類似物質というのを使ってみました。

ヘパリン類似物質は50年使われているという歴史を持ち、体内にある「ヘパリン」と似た成分のため、ストレートに類似物質と使われています。

保湿・血行促進・抗炎症作用

これらが機能することで、乾燥肌対策として抜群の効力を発揮します。

効果・効能も多岐にわたり

小児の乾燥性皮膚、乾皮症、手指の荒れ、しもやけ、ひじ、ひざ、かかと、角質の角化症、
手足のひび、あかぎれ、きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、
打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛

注意点として、血行促進させるので、出血した箇所に塗ると血が止まらなくなることがあります。

有名な、ワセリン・セラミド・コラーゲンなどは、角質層の水分蒸発を防いだり、保ったりするだけにとどまります。

一方で、ヘパリン類似物質は、基礎細胞に働きかけ、弱った細胞を修復し、内部構造から変えていきます。

皮膚の代謝をあげるため、夏場などはやけどのあとを修復する薬として、使われることが多いです。

最近では、小林製薬さんのSaiki(さいき)が有名ですね。

あの商品は、ヘパリン類似物質に加えて、皮膚修復のアラントイン、抗炎症のグリチルリチン酸ニカリウムが配合されています。乾燥治療薬として、特化したような商品ですね。

第2類医薬品ですが、顔にも使えます。(少量で副作用が出ないかまずはテストしましょう)

顔の粉吹きがきになり、このヘパリン類似物質が有効であることを聞きつけ、購入しました。
ちなみにローションタイプ。メーカーによっては、乳液やクリームもあります。

製造は、日医工株式会社さんのピアソンHPです。サイキと異なり、ヘパリン類似物質のみが主成分です。

非ステロイドで、無香料・無着色になっています。

実際につかってみた

最初は顔につかっていましたが、刺激はなく、肌のつっぱりが感じられない・・・ぐらいの感触でした。

以後は、手の乾燥を防ぐために使っていました。

ローションのため、水っぽく、渇きが非常にはやいです。べたつきはほぼなく、匂いもないため、どのような場面でも使えますね。少し振るだけで適量が出るのも便利。

しっかり、丁寧に塗ればすぐに乾燥するにも関わらず、シアバターやワセリンなどを贅沢に使ったハンドクリーム同様の保湿効果が、期待できます。

手のはりはしっかりしていますし、使い勝手は非常に良いです。

ただし、クリームのように勝手にのびていかないので、しっかりと手になじませるように塗っていかないと効果は感じられません。

さらに、クリームよりは意識してこまめに塗らないと、やはり感想はしてしまいます・・・

乾燥を予防するために使えますし、血行促進が主な効果なので、しもやけにもお勧めできる商品です。広範囲の場合は、ローションや乳液、ポイントであればクリームを使い、ヘパリン類似物質を使いこなしていきたいところです。