おかわり屋 伏見の低貸し主体の店の過去と今

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日は、ホール紹介です。

伏見にある「おかわり屋 伏見店」という店です

(見た目は、完全にランチ屋みたい・・・)

外観を見ていただくと、とてもホールには見えませんし、そもそも「おかわり屋」って最初は、飲食店かと思いました(笑)

伏見には、ここから徒歩10分ぐらいでドームや京一本店という箱が大きくて、ラインナップも多い・・・でも弱い店というのが並んでいます。

反面、商店街には、小規模で低貸し中心の店が多いです。

そのことについて、綴った記事があるので、よかったらご覧ください。

物欲まみれで今月もピンチなんだけど・・・
3月に閉店したニューパラダイス白梅町の跡地をみて、思うこと 低貸し以上の価値は...
http://tukasamakoto.com/hakubaityou-teigasi-slot
たまたま、北野白梅町へ赴いたので、この跡地を紹介。ここは、3月下旬まで、パチンコ・スロットホールの「ニューパラダイス白梅町店」だったところです。北野白梅町は、目立ったモールなどはありませんが、近くに佛教大学と立命大学がありまして、北野白梅町だけでも...

Pワールドを見ても、駐車場の情報やサービス情報が列挙されています。本当に打ち手がみたい情報は、台情報なんですけどね(笑)

スマホ充電や雑誌などの基礎はもちろん、眼鏡洗浄機や血圧計の貸し出しも行っています・・・万枚だしたら血圧をはかってみましょうか(いつ?)

さらに、ポイントを独自にやっています。おそらく店員に聞けばポイントカードの即時発行と、何ポイントで何ができるか情報を得られると思いますが、そう毎日通うわけでもないですし、保留しています。

さらにさらに、当たった台があると「現在ジャグラーコーナー大当たりです」とちょっとしたマイクパフォーマンスがあります。

昔は、「ジャンジャンバリバリ」と店長が景気よく、ホール内に声を響かせていた時代もあったらしいですね。

ちなみにこの店は、全国で初めて半スロ、半パチを始めた店みたいです。そのため主力は2円パチンコと10円スロットになります。

ネットでちらっと評判をみたのですが、換金率はかなり低めです。2パチだったら1.25円換金といわれ、10スロも1500枚で1万円といわれています・・・勝負や投資に行く場所ではなく、終日まったり遊んだり、サービスを受けたりして、少しお金を落とすホールという認識です。

(こういう大会やってるんですね・・・)

駐車場も多く、独自サービスも多く、最低時給が1300円ですから、推して知るべきですね。

あと、接客には相当な自信があるようですね。

店に入ると、カウンターは台の奥にあるケースがほとんどですが、左通路の途中にあって、客との触れ合いを重視?しているように見えます。

個人的に注目ポイントは、「羽根物コーナー」が設置されている点です。手前には、ドラム式コーナーもありますね。

10月時点でのラインナップは

  • トキオプレミアム
  • ファインプレーSP
  • サンダードラゴン
  • ポチーズ
  • マジカペ

マジカペとファインプレーは、近隣のホールが撤去していますし、サンダードラゴンは特定のタイミングで、入賞するとスペシャルルートに入るので撤去しているホールが多いので、貴重な台は多めといったところでしょうか。

(完走しても900発いくかどうかですけど、やっぱり自力継続は楽しいですね)

ちなみに9月ぐらいにふらっと来店したら、デビルマン倶楽部がありました・・・・なくなっている(がっかり)

店内は、昼も夜も客はまばらな感じです。まばらなため、あまりうるさくないのがある意味メリット。10スロにあまり客は座っておらず、2.5スロもほとんどが北斗修羅、将という北斗関連だったり、南国が主力になっているというガラパゴスな雰囲気。コードギアスやブラッド+などサミー筐体が多いです。

パチンコは、安定の海やデジパチ、そして前述のドラムと羽根です。ラインナップは京都市内のホールに比べると、並み以下になりますし、0.5円で打てるパチンコも増えているので、終日まったり遊べるホールかというとクエスチョン。

2円パチンコもあっという間になくなりますし、2.5円と2円スロットだけで1万円失った経験があります・・・あほですね。

客は常連さんが多いのでしょう。低貸しで打てればいいという高齢者層がおおい雰囲気です。近くにメガホールがあるので、こういった層をつかまないと生き残るのが難しそうです。

とりあえず、台に座って懐かしいマジカペを打ちました。

自力継続・・・大好きなんですよね。

そして、大栄ホール以来の硬貨による玉貸し。両替の場所がわからなかったので、店員の案内を受けました。おそらく僕が初打ちだったことを知ったので、ほどなく現れて

「ドリンク無料になります。よろしければどうぞ」

と非常に愛想よく、メニューをみせてもらいました。僕はすかさず、アイスコーヒーを頼みましたね。いやぁ無料って嬉しいね。

いつも露出度満点のイベントガールやコーヒーレディが案内に来るけど、フル無視ですから・・・というか羽根を打っているときは、声をかけてほしくない・・・いや女性に声をかけられるなら営業でもうれしい・・・このせめぎあい・・・・

紙コップに入ったコーヒーを飲みながら、マジカペをまったり消化。

「デビルマンって撤去したんですか?」

「はい、お好きだったんですか?」

「ええ、一回しか打てませんでしたけど、周りは全くないので」

「そうですよね」

笑顔で、僕と同じように名残惜しむ従業員さん・・・いい人ですね。従業員さんも筐体が好きな人多いですから、そういう話で盛り上がれるといいですね。設定も教えてくれないかな(邪)

運よく500円でヒットして、16R完走。いやぁ出玉は1000玉あるかどうかだけど、完走したときの喜びは自力継続ならではですね。正直、ラウンド抽選より大好きです。

現状遊べる自力継続っていったら、ビッグシューター零ぐらいですかね・・・

大当たりになっても、玉の行方で一喜一憂できるので、羽根の醍醐味っていったら、自力継続ですね。

肝心の釘ですが、鳴きはかなり殺されています。換金が悪い上に釘もよくないという前情報をつかんでいましたけど・・・

逆に寄りはそこまで悪くないです。ただマジカペはカーペットに乗らなければ基本ノーチャンスです。おっさんの後ろの絵柄が夕方か夜背景にならないと、下で待ってくれません。

あと、SPに5~6回ぐらい入りましたけど、いずれもスカりました。3分の1のはずなんだけどな・・・レレレはあんだけ相性いいのに。

3回Vにいれて、2回完走して、1回は9R止まり。結構勝ったかなと思いましたが、鳴き致命的に悪いので、すぐに飲まれました・・・

すぐ横のファインプレーで、未練うちしましたが、筐体の磁石の調子が悪く、これは500円で切りました。

時計をみたら1時間が経過していました。1000円で1時間で、アイスコーヒーも御馳走になったので、まぁまぁ遊べたんじゃないでしょうか。できれば1円パチンコほしかったんですけど、採算があわないんでしょうね。

たとえ、低換金や釘が悪かろうと、羽根で珍しい台があったら僕はおkな人間です。

ちなみに、トイレは非常にきれいでしたね。「これから10月で寒くなるので気を付けてください」という手書きの張り紙がいたるところにされておいり、個性を感じました。

あと、横に杖置きがあったり、空気清浄機があるなど、一見して古めかしい雰囲気なんですけど、最近のホールらしく4Sには気を付けていると思います。

手前みそではありますが、京都のホールは比較的綺麗なホールが多く、便所もきれいです。逆に大阪は・・・・マルハンは整備されていると思いますけど。

感想ですが、羽根専に回ればワンチャンあるかなって思ったんですが、京一本店が羽根に相当な力をいれています。羽根島もつくっていますし、大当たり回数のついているものは、それなりに鳴き、寄り、傾斜が優遇されているものが多いです。

2円パチ、2.5スロで安く遊べますが、京都市内なら0.5円パチンコ、1円スロットすらありますし、客はそういった情報を熟知しています。

独自サービスや、4Sなど特徴はあるんですけど、ホールのサービスに対して我々は麻痺している部分もあります。

多少汚かろうが、老朽化していようが、珍古台への需要は近年高まっているので、台のラインナップを見直さないと、今日のホールの生き残り戦争にこぼれてしまうのかと危惧するところがあります。(珍古台をいれても、その情報が口コミなどで拡散されないと意味がないのですが)