呑みすきを活用してみた 近所で居酒屋と晩飯と酒がとれる利便性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

最近、牛丼チェーン店でビールが飲めるようになりましたね。

近所のすき家で、試しに飲んでみました。

すでに終了していますが、200円で1回あたり70円びきのフリーパスが販売されていましたね。3回利用すれば、得・・・いいですね。

焼き鳥から、ベーコン、ソーセージとおつまみのいろはがそろっています。牛すじもあったのですが、残念ながら品切れ・・・とのこと。

朝の5時までやっているというのが、24時間営業の強みですね。

アサヒスーパードライ・・・(キンキンに冷えてやがる)

そして、表のちょうちんにもあった、バッファローチキン。余談ですが筆者は近鉄バッファローズのファンでした・・・

バッファローチキンは、写真でわかるように肉厚で、骨も細めで、とても食べやすいです。味付けもほどよく、ビールとの相性抜群・・・

メインは牛丼+うな重のうな牛にしました。牛丼とビールの相性は最高ですね・・・

まだ、駅地下の立ち飲み屋や、居酒屋をみると繁盛しているイメージですが、コンビニなみに存在する牛丼チェーンがこういう試みを行うと、商売あがったりですよね・・・

消費者からすれば、近所でビールが飲めたら、多少酔っぱらってもなんとか徒歩で帰ることができるし、ちゃんとご飯をとりながらお酒を飲むので、すきっ腹で悪酔いを防ぐこともできますね。

最近は、翌日が休みでなければ呑むこともありませんが、この形態なら休日でも思い切り呑むことができますね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。