門扇 祇園本店 夜の世界の癒しの鶏ラーメンがここに!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日は、京都の東山にある

門扇 祇園本店

にやってきました。

あれれ、過去に伏見でもとりあげましたね。でも、やはり近くに本店があったら気になるじゃないですか(笑)

このキリン(モンスターハンターの)・・・ではなく、ユニコーンっぽい銅像が目印。中へ入るとこんな提灯があります。

ぎおん一番勘っていうみたいですね・・・ちなみに木屋町店もあるみたいです。

この近辺は、スナックや呑み屋、そしてキャバクラ、ガールズバーと夜の店がならんでいます。ちょっとした風俗も・・・

そのため、平日だと22時開店で、朝の5時までやっているみたいですね。まさに夜の世界に生きる人々の潤滑油となっているわけです。

そのため、この近辺をちょろちょろ歩くと客引きに何度も遭遇します・・・まあ仕方ないですね。

店内はカウンターもテーブルもそこまで広くないですが、3人ぐらいの男性店員の活気が素晴らしいです。

まようことなく、名物の鶏ラーメンを選びました。

くぅぅぅぅ!!五臓六腑に沁みます。お酒で酔ったときに間違いなく食べたい一品ですね。

鶏ラーメンと記載されていますが、鶏の味わいの方が素朴で繊細で、野菜の旨味がどっしりと舌に残るといのが、このラーメンの特徴です。

天下一品と同じぐらい、定期的に食べたくなる中毒性がありますね。あっさりのなかにもしっとりとコクのある素晴らしいラーメンであることを再認識しました。

個人的には伏見酒蔵店をお勧めしたいですね。ここでしか食べられないコラボメニューもたっくさんありますし、日本酒をのみながら、そこで酔っぱらって、鶏ラーメンでシメる!!ってことができます。

駅からも比較的近いですからね。

もし他府県から知人を呼んだとしたら、この門扇を紹介しようかな~と思います。

関連記事