ヒルナンデスで取り上げられた酒粕ラーメン 門扇 おいしい、濃厚、カレーもある

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

1月22日のヒルナンデスで取り上げられた、伏見酒蔵小路。

すごいインスタ映えするな~

18酒蔵飲み比べしてぇ・・・・・

場所は、京阪の「伏見」、近鉄京都線の「桃山御陵前」を下車してから、大手筋をまっすぐ7分ほど歩いて、この標識を目印に左に曲がってください。

数々の飲食店が複合していて、かねてより探索を考えていましたが、残念ながら、入り口のラーメン屋しか訪れていないので、とりあえず紹介してきます。

門扇というラーメン屋で、木屋町や祇園にもあるみたいです。京都の鶏ガララーメン専門店です。

伏水酒蔵にある門扇は本店のメニューをそろえながらも、ここ限定のメニューもあります。

鶏ラーメン

ネギと野菜が上品に乗せられて、チャーシューも鶏です。
器に対して、スープは少なめですが、このスープがとにかく濃厚で、こってりしています。

白湯のコクが濃縮しており、豚骨と違って、後味があっさりしています。鶏ガラは最初は濃厚でも、後は味気なくなるんですが、最後までこってりとした味わいが残ります。

うーーーーん!!これは、お酒のあとに間違いなく、シメに選びたいラーメンですぜ

ランチタイムだとからあげや餃子とセットにすることができます。からあげの場合はライスもつきます。

このからあげが、非常においしいです。ぷりぷりで衣に対しての肉厚がかなり占めています。さすが鶏を主体としているラーメン屋ですね。おかずも抜かりないです。

 

 

酒粕ラーメン

さて、本題の酒粕ラーメンに行きましょう。

8種類の酒蔵さんから選びます。濃いか淡いか、そしてあなたのセンスで決めましょう。

僕は以前、家族と美味しく飲めた玉乃光さんをセレクトしました。

このように、選んだ銘柄の付箋がついてきます。なかなか斬新

鶏ラーメン同様、こちらもこってりです。さすが酒蔵の酒粕を使っているだけあって、酒粕の濃度は文句なし。

前回もこの近辺の酒粕ラーメンを紹介しましたが、酒粕ラーメンの中でトップかはわかりませんが

最も豊富な酒粕ラーメンを食べたければ、ここに寄れ!!

そう断言できますね。

さて、これで終わりではなく、変わり種のメニューを紹介。

なんと・・・カレーがあるんです

これね・・・セットなんですよ。餃子とからあげだけでなく。紹介を見るとスパイスにこだわっていますね。

ラーメンと違って、スープはさらさらでさながらスープカレー。

単体で食べると、確かにスパイスが効いていておいしいですね。ラーメン屋でカレーを食べているってことを忘れてしまいます。やや具が物足りないですね・・・

そして、酒粕スープと少し絡めると、酒粕の甘さとカレーの辛さ、酸味がさらに引きたちます。もしかして、これが王道?

駆け足気味でしたが、酒粕ラーメンの種類、鶏ラーメンの濃厚さ、そしてカレーとからあげのサイドメニューのクオリティ。

ネタの豊富さだけでなく、一品一品がしっかりと独立しておいしいというなかなかレベルの高いラーメン屋でした。

あまりラーメン屋に感動することはないのですが、ここは伏見を立ち寄られる場合は、あえて足を運ぶ価値はあると思います。

 

関連記事