贅沢なおばんざい、野菜、肉、ジェラート満載の男性も大満足のビュッフェ 農場レストランモクモク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は河原町通り六角西入るにある

元気が出る農場レストラン

モクモク

ホテルビスタプレミオの1Fにあります。結構インパクトのある外装なので、付近をとおるとわかりやすいかもです。

 

スポンサーリンク

1800円と超安価ではないが、野菜食べ放題というありがたさ

モクモクは契約農家から届く新鮮な野菜やおばんざいを使った、和食中心のビュッフェになっています。

昼なら1800円ほどで健康的なビュッフェが楽しめますね。12時をこえると家族連れも非常に多く、安心して知人を誘える店になっています。僕も困ったときはモクモクを紹介しています(笑)

 

おばんざいが中心ですが、カルボナーラ、ウインナーやがぼちゃのマーボー煮込み、そして豚足といった肉料理もしっかり充実しており、男性客でも十分に満足できます。

個人的にかぼちゃマーボーが一番おいしかったですね。ただいろいろ取りすぎておかわりできませんでしたが(笑)

モクモクの特徴として肉料理の味わいは塩味など素朴なものにとどめ、肉ほんらいの味わいを重視したものにして、野菜料理はサラダを除いて、味付けを意図的に濃くすることで、子供舌の僕や(笑)、子供客でも満足できる食べやすいものになっています。

ちなみに、カルボナーラも派手な味付けではなく本当にモチモチの麺の味が感じられるほど素朴なもので、知人は結構はまっていました。

モクモクの地ビールもいただきます。こちらは別料金になりますがワンコイン近くで、パッションフルーツのような豊かな風味のフルーティーなビールが味わえます。

よくフルーティーな味わいという宣伝文句は聞かれますが、このビールは間違いなく柑橘系のフルーツの味わいがしましたね。苦みも少なくビール初心者や普通のビールに飲み飽きた人にこそお勧めです。

仕事休みの昼に飲むビールはうまいな!!

 

ごはんや豆腐もこだわりの味わいで、ごはんは出汁をかけてお茶漬けを楽しむことができます。抜群の相性を誇っているおばんざいとあわせることもできるので、本当に何杯でもおなかにスペースがあればご飯を無限に食べられそうです・・・・

年を取るって残酷ですね(しんみり)

 

デザートもいろんなビュッフェやバイキングを体験しましたが、種類とボリュームは申し分ないです。和洋折衷ですね。

味わいも特別なミルクをつかったジェラートは本当にミルクをそのままアイスにしたような凝縮された甘さとコクが素晴らしい!!

なんか、デザートビュッフェのためだけでも訪れたいですね。ホットコーヒーも飲めますし。

 

お金を払って和食や野菜をとるという価値観

冒頭でも少し触れましたが、現在は1000円でバイキングとかビュッフェの店も少なくないです。でもモクモクのように契約農家からのこだわりの野菜やおばんざいをしっかり食べれる機会ってあんまりないですよね。

野菜にしても価格が高騰しているのか、店によってはワンコイン以上するものが多く、お金に余力がないとなかなか頼めませんよね・・・

昔は野菜は給食などで無理やりとらされるものというネガティブなイメージでしたが、社会人になるとお金を払ってもしっかりとらないといけないものという認識になりました。

その目的があるなら、モクモクは素晴らしい店だと思います。