ハンドクリーンジェル アルコール濃度が71%ではなかった問題についてこれからの対策 |メイフラワー 韓国 対策 amazon

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、現役ドラッグストア店員の私が取り上げるアルコール濃度偽装問題に関してです。海外のハンドクリーンジェルという商品を輸入してネットなどに流通されていましたが、アルコール濃度が表記の71%からかなり下回った事実が発覚し、問題となりました。
今回は、問題の経緯と、5月時点で医薬品のエタノールや、指定医薬部外品のアルコールジェルは購入できるかどうかを、調べつつ、情報発信していく内容になっています。


このブログでは、コロナウイルスによって話題を集めた商品を紹介したり、その問題にメスを入れる記事を投稿しています。よろしければ参考にしてみてください。

YOUTUBEを最近になってはじめました。よろしければチャンネル登録お願いします

 

スポンサーリンク

ハンドクリーンジェル 71%優良誤認の経緯 販売元メイフラワーの対応と原因

アルコール濃度 実際には大幅に低く行政処分 新型コロナ

事の発端は、化粧品の輸入販売を行っている東京の「メイフラワー」という会社が、取り扱っている「ハンドクリーンジェル」という商品のアルコール濃度が表記の71%ではなく、5~30%という表記よりも、非常に低い濃度しか配合されていなかったということ。

消費者庁は、景品表示法に基づき、再発防止などを求める行政処分をメイフラワーに命じました。

 

 

メイフラワー側は、ハンドクリーンジェルを韓国から輸入し、6万本以上輸入して、半数の3万本を回収しているということです。また、別のニュースサイトによると、メイフラワーは、化粧品として輸入していたため、アルコール濃度を自社側でしっかりチェックしなかったということをコメントしています。

 


メイフラワーの公式サイトを確認すると4月14日に、ハンドクリーンジェルの返品対応について表記されています。

ハンドクリーンジェルのアルコール濃度不足についてのお詫びとお知らせ

実際にニュースになり、我々に情報が届いたのが、5月19日であることを考えると、1か月近いラグがあり、コロナ状況下において致命的だと感じさせます。

 

 

アマゾンで「ハンドクリーンジェル」と検索してみた結果、購入できる商品は?

一説によると、ハンドクリーンジェルのアルコール71%疑惑は、消費者から会社に訴えがあったことが発端といわれています。

アマゾンでもまだ商品レビューを見ることができるのですが、全く引火しない点や、成分表にアルコールではなく精製水が先頭に来ているのです。

 

 

知らない人に説明すると、成分表に記載されている成分は量が多いものから順に記載されます。アルコール濃度が71%もあるのであれば、先頭に記載されるのは、エタノールであってしかるべきという考えからの疑問です。

ちなみに5月20日現在、amazonで「ハンドクリーンジェル」と検索すると、以下の商品が先頭にヒットします。

70%の表記が商品に記載されている点は、同様ですが、焼酎の原料である穀物を発酵させた植物アルコールであることを強調したり、成分表の先頭にエタノールが記載され、(70%)と表記されています。

 

 

医薬品、指定医薬部外品のアルコール、アルコールジェルの販売状況について

現在、ドラッグストアでは、医薬品扱いの健栄製薬による消毒用エタノール、無水エタノールなどはまだ安定して供給されていない状況です。

アマゾンでも確認しましたが、1本あたり転売価格で4~5000円します。今回のハンドクリーンジェルの虚偽報道を受けて、さらに医薬品のアルコールの需要が高まってしまったといえます。

 


アマゾンを調べてみると、洗剤や消毒用品を多数手がけるSARAYAさんによる、指定医薬部外品のエタノールジェルが1200円台で、予約注文(6月1日発売予定)されています。

1200円という価格も平常時で考えると高価ではありますが、マスクをはじめ衛生用品も海外産も国産も値段が全く変わらない状況に突入しています。

 

この10日間で、ドラッグストアに医薬品、指定医薬部外品(手ピカジェルなど)が供給される可能性はありますが、されない可能性も依然としてあるため、こういった商品が続々ネットでも流通されているという情報は抑えた方がよさそうですね。

 

これからアルコール用品を購入する際に消費者がとるべき行動と対策

今回の優良誤認について、消費者からすると

  • パッケージ表記と誤ったことが書かれている
  • 販売元が国内の会社であった(輸入商品であるか判別がつかない)

という非常に難しい状況だったと推察されます。これは、販売している人間でもおそらく気づくことが難しいでしょう。

できることがあれば、複数のアルコール用品が販売されていれば、ネットでその商品名を検索してレビューや感想を見ることや、見本があれば積極的に利用してみるということぐらいしか思いつきません。

 

 

最近では、突然販売された除菌用品について、医者や化粧品や医薬品に携わっているプロが、有用性があるかどうかを確認して、ブログや動画にまとめているケースもあります。

YOUTUBEを最近になってはじめました。よろしければチャンネル登録お願いします