ジャッジアイズ ロストジャッジメント ネタバレ 忙しい人のためのメインストーリー解説・あらすじ 

ゲーム温故知新(ゲームレビュー+考察)
LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶_20210929180935
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は9月下旬に発売されたばかりの木村拓哉主演、龍が如くチームのジャッジアイズロストジャッジメントのストーリーを解説、要約する記事になります。
メインストーリーが魅力の本作ですが、クリアには最短でも15時間程度要するため、忙しい人のために、要約と解説した記事になります。

なお、記事の性質上多大なネタバレを含みます。少しでも情報を入れたくないという人はブラウザバックお願いします。

このブログでは、ゲームのストーリーに関する考察記事などをあげています。よろしければほかの記事もお読み願いします。

ちなみに本記事は4000字程度のボリュームになっています。

ヒットマン3 wiki風 シリーズ最終作のストーリーをまとめてみた(ネタバレ注意) 人物・組織相関関係

龍が如く7 ネタバレ エンディングを終えてストーリー感想・評価・レビュー

龍が如く0 誓いの場所がなぜシリーズ最高のストーリーと言われているのか?

ジャッジアイズ 死神の遺言 ストーリー ネタバレ考察 ジャッジアイズのテーマと黒幕について

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

八神復活 現職警官による痴漢と殺人事件の関係性

物語は二つの事件、横浜の異人町で発見された腐乱死体と、現職警官の痴漢事件からスタートする。

痴漢で捕まった江原は、裁判で実刑を宣告されたのちに、横浜で発見された腐乱死体の身元が、御子柴弘という男性で、4年前に江原の息子を自殺に追いやった張本人であることを告げる。2つの事件にはたして、どのような関連性があるのか?

 

スポンサーリンク

舞台は横浜へ 誠稜高校のいじめ調査によって明るみになった事実

東京の神室町で探偵事務所を営み、弁護士でもある主人公の八神隆之。彼は元極道の海藤とともに探偵業に明け暮れていた。

かつて、八神とともに難事件を解決し、横浜の伊勢佐木異人町で天才オタクの九十九とともに探偵業を営んでいた、杉浦から応援の連絡が入る。

 

気分転換に、海藤と横浜に乗り込んだ八神は、道中にて、街の住人を困らせる誠稜(せいりょう)高校の不良を懲らしめた。

その後、杉浦たちと合流し、誠稜の理事長から学園内のいじめ問題を発見し、解決してほしいという依頼を受ける。

八神達は、清掃員に変装し、カメラを仕掛けることで学内のいじめを発見。香田という少女がいじめられ、松井といういじめグループのリーダーを懲らしめる。

 

 

スポンサーリンク

謎の便利屋・桑名 事件のカギを握る澤先生

間もなく、元所属先だった源田法律事務所の城崎さおりから、痴漢で実刑判決を受けた江原の息子と、教育実習生をつとめていた御子柴が同じ誠稜高校だったため、調査してほしいと依頼を受ける。

八神はいじめ調査の過程で、香田のクラスの担任だった澤という教師が、過去に江原と御子柴の担任だったという事実を突き止める。

真相を確かめるため、澤とコンタクトを取ろうとした八神だったが、横浜流氓(はんぴんりゅうまん)から妨害を受け、その間に澤とコンタクトした女性から生前のリンチされた御子柴の写真を見せられ、澤は八神との接触を避けるようになる。

横浜流氓と争う中で、八神は便利屋を名乗る桑名という男性と出会う。

桑名は横浜を知り尽くした便利屋であり、杉浦とも関係があった。だが非常に謎の多い人物でもある

謎が深まるばかりだが、さらに衝撃な事実が発覚する。

江原が生前の御子柴の首をかっきり、殺害する動画がネットで拡散されたのだ。あまりにもショッキングな内容。御子柴の死亡推定時刻を考えると、痴漢をしていた江原に犯罪は可能だったのか?

殺人で立件しようとしても、すでに江原は痴漢で実刑を受けている。検察と警察が失態を認め、弁護士もあらため江原の無実のために控訴しなければならない。

 

スポンサーリンク

暗躍する半グレ集団 RK 痴漢事件への疑問

同時期に神室町では、RKという半グレ集団が暗躍していた。RKは、解散した東城会の残党を取り込んでいる。

RKは金のためなら手段を選ばず、誰でもスカウトするかなり危険な組織だ。

首領は元東城会の相馬という男性。ハウスダストに弱く常にハンカチが手放せないが、冷静な分析と不気味なたたずまいが印象的な男性だ。

RKは、ガールズバー経営の男性を血眼になって探し回っていた。海藤は同じく元東条会の阿久津からRKへの勧誘を受けるが、これを断る。

異人町に戻った八神は、痴漢事件はフェイクではなかったのか?という可能性にたどり着く。

職員室で見た澤の写真から、澤は元黒河学園で、痴漢事件の被害者の間宮由衣も黒河学園出身者だった。さらに黒河学園は14年前に生徒がいじめを苦に飛び降りしている。

命は助かったものの事件がずっと意識不明。担当した教師は、笑いながら「やりすぎるなよ」といったことが拡散され、2008年当時にバッシングを受けて、教職を追われたという。

八神はさらに真相を究明しようとするが、澤が空き巣がはいったということで自宅へ戻る。不穏な空気を感じた八神は、澤のマンションへ向かうが、そこで桑名とRKの集団に出会う。

八神はRKに拉致され、半殺しにされるが海藤の援護もあって命からがら抜け出す。再び澤を訪ねようとしたが・・・

 

スポンサーリンク

正義の犠牲と桑名の正体

八神の前に横たわっていたのは、相馬によって喉元をアイスピックでかっきられた澤の死体だった。犠牲になった澤のために、八神は、真実を最後まで追求することを誓う。

ここでまた、2つの疑問が生まれた。なぜ桑名は澤のマンションにいたのか、そしてRKが次の標的に桑名を選んだのはなぜか?

相馬に尋問を受ける中、八神は桑名が偽名であることを知り、本名を喜多方という。

八神はRKの目をかいくぐり、桑名が便利屋としての居住先でUSBメモリを手に入れる。

桑名は闇社会との接点もあり、世話になった恩師と八神は接触する。USBには桑名が何者であるかをしるための手がかりがあるようだ。

USBに残っていたファイルは、2008年。14年前のある映像。映像は1人の生徒を集団でいじめている。その中には、いじめられた楠本充と、主犯の川井、そして江原の痴漢事件の被害者だった間宮が映されていた。

八神は、急ぎ間宮と接触する。

推理通り、痴漢事件は狂言だった。桑名は黒河学園の国語教師の喜多方として、楠本、川井、間宮、澤の担任を務めていた。

澤の訴えにより、楠本がいじめられていることを喜多方は知るのだが、同級生のじゃれあいだと舐めていた。一応、教室内にカメラを設置したが、おこなわれていたいじめは想像を絶するもので、追求しようとしたが、ほどなく楠本は飛び降りをしてしまう。

楠本を守れなかった不甲斐なさと、いじめによって自殺に追い込む人間への復讐として、喜多方は桑名として、闇社会に溶け込み、楠本いじめに間接的にかかわった間宮らに接触する。

桑名は、間宮たちが結婚や就職などの社会的地位を得たことを人質に、いじめ動画を公開することで協力させるように強制している。

 

 

痴漢と御子柴殺人事件は、まず駅のホームにたって電車内で痴漢をしているふりをしていたのは、桑名だった。桑名は3Dプリンタで江原の口もとを再現して、監視カメラにあえてうつっていた。

駅のホームで1時間待っている間に、江原は御子柴を殺害する。電車停車後に桑名は間宮に追われ、監視カメラの死角で、江原とバトンタッチ。間宮が「痴漢!!捕まえて」と叫んで、かけつけた桑名の教え子だちが、江原をとらえ、スマホで動画を取る。

 

この仕組まれた痴漢事件によって、江原は法の無力さの証明と、御子柴弘を世間にさらそうとした。当時、学校を訴えても御子柴は何の裁きも受けなかった。

桑名は自分の正義になんのためらいもない。しかし八神は過去に行き過ぎた正義によって多くの人々が犠牲になったことを目の当たりにしてきた。そして今回も、桑名の行き過ぎた正義と、真相を隠すことでそれを利用する輩があらわれ、結果的に澤先生がこの世を去ったのだ。

 

 

決して意見が交わらない八神と桑名。RKの襲撃によって桑名は別れ際に、八神へ江原の息子の写真が入った首飾りを託す。ただの首飾りではない、江原の御子柴殺害動画の書き換え、編集不能の本物であることを証明する証拠品だ。

 

スポンサーリンク

事件の真相と黒幕 真実を隠し続けることによって闇が深まる

桑名は同じように、いじめ加害者を7人殺めている。その中には自分が担任した黒河学園の川井も入っている。川井はすでにこの世を去っている。しかも川井に手をかけたのは、厚生労働省のトップ事務次官だった。

事務次官が殺人を犯したというネタでゆするために、事務次官を良く思わない一部の層が、公安を動かし、公安とパイプのあるRKが実行部隊として動いている。

本当の黒幕は、事務次官の楠本を配下におさめ、国民によってあつめられた年金を思いのままに使おうと画策している。

楠本事務次官は、八神の説得により自首することを考えたが、息子が13年ぶりに目を覚ました。人殺しの息子の汚名を着せたくない事務次官は、公安と手を組み、桑名の居場所を吐いてしまう。

 

 

桑名の正体が分かったが、なぜRKが公安とつるんでいるのかわからない。ここで海藤は「相馬が公安のスパイだったのでは?」という仮説を立てる。そう考えるとつじつまが合う。

相馬は、公安のスパイとして、長期間東城会で暗躍し、東城会解散後にのさばっていた残党をRKという組織に集め、管理するという役割を担っていた。

人を殺めることに戸惑いのない相馬。桑名と楠本の関係に勘のいい澤は気づくに違いない。だから澤もためらいなく殺したのだ。

 

 

桑名は最終手段として、冷凍保存した川井の死体を材料に交渉する。川井の死体は事務次官の指紋が残っているからだ。

おびきよせられた大量のRKと、桑名にコンタクトしようとする八神一行。最後の決戦が幕を開ける。

相馬と桑名を打倒した八神。

 

スポンサーリンク

結末 お前らのせいだ 失われた裁きの行方

桑名は7件の殺人にかかわっているが、証拠がない。さらにいま警察に突き出せば公安につながり口封じされるのも、目に見えている。

八神は、桑名にも澤先生への悔恨がのこっていることを知っていた。そうでなければ、重要な御子柴殺人のSDカードを託すことはしなかったはずだ。

 

悪質ないじめ加害者を裁くことを絶対とする桑名だが、どこかで自分も裁かれなければならないという思いがあったのかもしれない。

江原の殺人は立証され、楠本事務次官は自首、公安をあやつっていた坂東も悪事が明るみになった。

 

 

桑名は再び行方不明になった。もう二度と明るい道を歩くことはできない。桑名は自分なりのけじめとして、他5人の殺めたいじめ加害者の遺体を警察にリークした。

八神、海藤、杉浦、九十九、東は再び集まり、平穏な日常が戻った。

ヒットマン3 wiki風 シリーズ最終作のストーリーをまとめてみた(ネタバレ注意) 人物・組織相関関係

龍が如く7 ネタバレ エンディングを終えてストーリー感想・評価・レビュー

龍が如く0 誓いの場所がなぜシリーズ最高のストーリーと言われているのか?

ジャッジアイズ 死神の遺言 ストーリー ネタバレ考察 ジャッジアイズのテーマと黒幕について

タイトルとURLをコピーしました