年末年始に向けて カラオケランキング1位の米津玄師のLemonを平均点出しながら、感情豊かに楽しんで歌う方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

年末にカラオケへ行く予定があるでしょうか?私は歌う予定ありますよ!!

ヒトカラですけど・・・

僕は、近場のジャンカラに通いつめて、DAM年間カラオケランキング1位の米津玄師さんの

「Lemon」ばっかり歌っています。

米津玄師 MV「Lemon」

 

好きな歌詞は

「きっともうこれ以上傷つくことなどありはしないとわかっている」

「切り分けた果実の片方のように」

ですね。ここにかかるとテンション爆上がりです・・・悲しいバラードなのに。

今回の記事は、年末のカラオケラッシュに向けて、今年一番歌われたLemonについて

  1. このように歌ったら感情がうまいぐあいにこもって面白く歌えますよ
  2. 高音のサビはこうやって歌ったら楽しめますよ

点数をあげるよりは、没入感をあげて、楽しく歌える考え方みたいなものです。参考になれば幸いです。

5~10回ぐらいしか歌っていませんが、音痴が僕の限界がこれだと思います。一応原曲よりキーが一つ高いか低いぐらいの設定でした。原曲キーでも確かめてみましたが、ぎりぎり平均だったと思います。

「曲の情景が思い浮かばれました」というのは、機械からの評価とはいえ、すげぇ嬉しいです(笑)

ダムの採点って平均より5点低いと「アレンジしすぎ」「音程をあわせてみましょう」と批判的なコメントで、平均以上だと基本べた褒めです。

本当はね、かっこつけて「90点取る方法」とかかきたかったんですけど、せめて平均点とる方法で許してくんなはれ。

よく、カラオケの祭典で気合を入れてバラードを選曲して、ひでぇ点数になることが多いんです。ビブラート、ロングトーンが全然でなくて点数につながらないんですね。

米津さんの曲は、ラップベースとか「これどこでブレスするの?」っていうぐらい立て続けに歌詞が続く曲が多いです。

米津玄師 MV「LOSER」

さらにAメロ、Bメロは超低音だったのに、サビになってやたら高音を求められるテクニカルな曲もあります。

米津玄師 MV「春雷」Shunrai

(春雷は歌詞が狂おしいほどすき・・・「言葉にするのも、形にするにも、そのどれもがおぼつかなくて」こんな経験人生で何回したことか・・・)

(名曲ばかり。Lemonは収録されていませんが)

作詞・作曲をすべてご自身でコントロールされているので、自分が歌いやすい間や音程を作り出しているので、キーがやたら細かく、音程を合わせるだけで一苦労です・・・・

Lemonもバラードに見えますが、音程を細かく切り替えることを要求されていますし、1音数ごとにどうやって喜怒哀楽を吹き込むかを考えないといけないと思います。

Aメロ、Bメロは音程が低いですけど、もうそこから情念を込めて、気持ち高めに歌ってもいいんじゃないかなと思います。

悲しい曲なんですけど、哀しみに浸るというよりは、もう一度想い出とともに生きていこうという再起を込めて、歌う方がメリハリがつくかもしれませんね。

伸ばしも

くら~いまま~

かえ~~れない

バラエティの企画で、演歌歌手の方にLemonを歌ってもらうという企画がありますが、伸ばしているところを感情豊かに歌われていて、これが素人が感情を込めて歌ううえでも重要なのかなと思います。

一番音程とるのが難しいのは、実は間奏だったりするんですよね・・サビは結構ごまかせます。

https://youtu.be/ucUtxn2WT34
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

この曲の難しい点であるサビの高音。

そのすべてを愛していたあなたとともに

この部分です。僕も最初は全く歌えず、もう小梅太夫のようなキンキンで乗り切っていました。今もかなり不安定すぎですけど・・・

そこでやってみたのが、3つ目のサビ、曲のクライマックスで米津さんがやっている首を震わせながら、両手で三角を作って突き出して歌う所作を真似してみました。

すると、感情の込めかたが把握でき、首振りがリズムの合図になっているので、音程も少しとれるようになりました。

立って歌ったり、手を突き出して歌うことで、音が伸びやすくなります。

一つ目のサビのところの手の動きもリズムをとるうえで参考になります。実際、MVの動きとカラオケの測定の音程はずれていることもありますが。

しまいには、女性ダンサーの動きもトレースしようとする謎の努力・・・

こんなこと、密室でできるのはヒトカラの特権ですわ・・・

平均点を取るためのポイントをまとめると

・バラードだが音を細かく切って、音程を意識する

・短いながらも伸ばすところはしっかり伸ばす

・サビの高音がでずらいなら、最後のサビの米津さんの動きをトレースして歌ってみる

以上を意識しつつ、1点でも多く点数を取って、今後カラオケの定番として、スタメンに加えたいところです。

Lemon / 米津玄師 練習用制作カラオケ