スカイラウンジ「空」京都タワーで観光とカフェを両方楽しめ、上空空間からいただく古風なプリン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都タワー内にあり、上空の優雅な景色を楽しみながら、観光とカフェが楽しめるスカイラウンジの「空」を紹介します。

外国人に人気のある京都のシンボル kyototowerです!!

この日、お化け屋敷の最終日近くで、せっかくの記念なのでいきました。

ワンコインを払って体験した、一人お化け屋敷(アラサー男子)でしたが、ビビッて早歩きで、すたすたと・・・・おそらく前後の家族連れや女性同士のお客さんの中でも最速だったのではないでしょうか。

すごく手作り感満載のお化け屋敷でした。おそらく「中の人」(NGワード)も1~2人ぐらいで、必死にビビらそうと四方八方動かれていましたね。最後にひつぎに渡された鈴をいれるのですが、棺の中が怖かったですね(笑)

 

スポンサーリンク

ビルがみえない開放的な眺めの京都タワーは観光にぴったり

京都タワーは確か700円ぐらいでしたね。直近で新世界も登りましたが、高さというボリュームではやはり低いですが、周りに高いビルがないので、すっごい景色は気持ちよく開放的に広がっていました。

ちょっとストレスがたまったり、明日の仕事で憂鬱になるときは高いところに上るのはお勧めですね。

高所恐怖症ですけど、ビビることもストレスを紛らわせてくれます・・・ショック療法ですね。

4人になって再始動の純烈さんのサイン、特撮ファンとしてはありがたく拝ませていただきました。

いたるところに京都タワーのゆるキャラである「たわわちゃん」のグッズが販売されています。たわわ・・・と聞くとよからぬことを思い浮かぶのは、まだ僕が若い証拠なのか。

(これを休日眺め続けるのもよろしいですな・・・)

すごくすがすがしいほどに広がった景色・・・このはるか彼方に大阪なのか和歌山なのかを教えてくれます。

直近では、東本願寺などがくっきりと映っています。

双眼鏡も見放題なので、しっかり目に焼き付けておきましょう。

京都の人間なので、京都タワーをあえていく理由もなかったのですが、やはり灯台下暗し。地元の観光スポットというのは、地元民だからこそ楽しめる!!というのが持論になりましたね。

今後もブログでささやかながら、そういう情報発信をしていこうと思います。

 

スカイラウンジ「空」の古風なプリンで観光とカフェを

今回の主役である、スカイラウンジ「空」さんにやってきました。

休日の昼間でしたが、人はあまりおらず、実質貸し切り状態・・・という素晴らしい環境でした。

ラウンジなので、優雅にワインを楽しみながら、景色を楽しむというところですね。今回はデザートを食べたので、カフェ感覚で行きました。

京都タワー、京都駅周辺には多くのカフェがあるわけですが、中で過ごすというのはなかなかおしゃれではありませんか?

ただ、展望フロアよりもかなり下になってしまうため、ビルの圧迫感は少しだけ感じられてしまいますね。

おそらく夜景は素晴らしいものになるので、時間に余裕があって夜に京都駅を通る用事があれば、伺いたいですね。観光の〆としては最高かと

今回はアイスコーヒーとプリンのセットを頼みました。

お値段は800円ぐらい。セットによっては展望フロアのチケットをもっていると割引などがされるみたいです。

京都価格だとこれで1000円とかざらにありますから、周辺のカフェや観光施設を考えると、おもったよりお安いかと。

このプリンが結構弾力があって、カラメルも渋めでしたね。昔懐かしのかなり古風なプリンですね。純喫茶でも見かけるような風貌です。

今回はカウンターに座りましたが、奥にはリッチなクラブのようなテーブル席が用意されています。大切な人と観光とともに休憩するのにも最適ですね。

 

さて、かなりまたーりとした記事になりました。

個人的に観光スポットに併設された飲食店は、多少高くても行った方が、観光スポットの思い出と掛け算されます・・・掛け算されるということは、そこで嫌な思いをしたら観光スポットにもネガティブなイメージがつくのですが・・・

逆に良い発見や素晴らしい体験をすれば、記憶に根付きやすくなったり、情報がさらに鮮明になりますので、お勧めです。