ドイツで一番の入浴剤 バスソルトの高級感とハーブの上品な香り クナイプのトライアルセットを使ってみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、ドイツの入浴剤「KNEIPP」、クナイプを紹介します。

125年前に誕生したハーバルブランドであるクナイプ。

19世紀末、ドイツのセバスチャン・クナイプ神父が植物や水などの自然の生命力に着目し、クナイプが誕生しました。今や入浴料ではドイツシェアNo.1を誇るブランドです。

(中略)

クナイプバスソルトはドイツの地下460mからくみ上げた2億5千万年前の古代海水を昔ながらの方法で精製した天然岩塩を使用。天然ミネラルを豊富に含んでいるから、温浴効果とともに血行促進、発汗、保温作用に優れています。

公式サイトより

主要商品は、「バスソルト」といわれ、この天然岩塩に天然のエッセンシャルオイルを贅沢に使用していることで、高級感のある入浴剤を実現しているわけです。

植物やハーブ、さらに腰痛におすすめなもの、快眠におすすめなものと使用用途も分かれているんですね。

どれを選べばいいかわからなかったので、1袋ずつ網羅されたセット商品を買いました。

とりあえず、袋をあけて浴槽に入れてみます。

写真だとわかりにくいですが、天然岩塩が粒上のまましたに落ちていきます。なかなか溶けないので、手でかき回したりして、ちゃんと溶かしていきましょう。

色は淡く美しいです。どの香りも上品に香っており、オレンジだからと言って柑橘系がきついとかそういうものではありません。ハーブ系なので、アロマセラピーのように長時間浸っていることで、癒されているような感じがします。

一番よかったのは、レモングラスですかね。レモンとお湯の相性がバッチリでした。うーん、ボトルごと買おうかな・・・

日本人でも愛用者は多く、好きなボトルやいろんな種類をボトルごと購入される方が多いです。

気になる方は、トライアルセットからでも使用してみて、お好きな入浴剤をみつけたら、ボトルで購入されることをお勧めいたします。

これから暑くなり、入浴剤を100%楽しみづらい季節になってしまうので、この春の想い出に高級ハーブと岩塩に浸りましょう。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。