平成生まれでもわかるなつかしさ 遊技場かすがでアルカノイドに没頭してしまった・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

前回は恵美須町近くの「ザリガニ」を取り上げましたが、今回もレトロゲーセンの紹介。

5分ほど歩いて、新世界のジャンジャン横丁にある「かすが娯楽場」も紹介したいと思います。

以前、紹介した八重勝(やえかつ)さんのすぐ近くですね。

まず入ると

懐かしのワニワニパニック。よく幼稚園~小学生のころデパートの屋上で見つけては叩きました。100円で数分だけですが、結構動くので疲れて、遊ぶ気力がなくなるのですよ(笑)。

得点はアラサーのおっさんが頑張って、80点。113点ってどうやってとったんや・・・

台の向こうには、スーパーマリオブラザーズとその横にガンダムのエゥーゴVSティターンズDXが・・・滅茶苦茶懐かしい・・・PS2で発売されたら友達と家で白熱した記憶しかない・・・今のガンダムはよくわかりませんが。

ザリガニの国宝級な筐体の数々に比べると、やや衝撃度は落ちますが

ハウスオブザデッド2。タイピングオブザデッドならほぼノーコンですけど・・・すぐやられましたよ

電車でGO2

SNKのビーストバスターズセカンドナイトメア。こんなゲームあったんですね。マシンガンで遊びやすく、体力がゲージ制で、回復アイテムが結構出てきます。ただし、ゴア表現がかなりきつめで「時代だな~」と感じます。

これも、アーケード限定。サミーの「メタルスラッグ」スタッフが作った「ドルフィンブルー」。戦闘機は3Dグラフィックなのですが、あのメタルスラッグの職人芸といえるドットとは明らかに差が・・・・スペシャルアタックで、イルカを突撃して敵を蹴散らすのは楽しいですが。

一番遊んだのが、大山のぶ代さんが得意とされていた「アルカノイド」。

ゲーム性の豊かなブロック崩しゲームです。ラウンド1をクリアするのに2000円も使ったことは、ここだけの内緒ということで。

レバーをぐりぐりしながら、動かすだけでも楽しいですね。

奥にはメダルゲームもあり、普通のゲームセンターのようにスロットやパチンコもありました。リンかけ、番長2・・・あとなんだっけ。

平成前半のデパートの屋上にあったゲームセンターのような雰囲気でしたね。とっても懐かしい気持ちに包まれました。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。