貝印 おすすめ使い捨て2枚刃 コスパ最強 ビスティーEXの評価 切れ味 剃刀負け|出張、電気シェーバーのお供におすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、使い捨て剃刀のレビューになります。国産メーカーの貝印さんから発売され、ドラッグストアのみならず、スーパーやコンビニでもよく目にするコスパ最強の使い捨て剃刀。ビスティーEXになります。最近になってリニューアルもされました。
過去に様々な剃刀レビューをしている筆者による実際の使用感と、使ってほしい人やお勧めの使い方を含めて紹介します。


このブログでは、使い捨て剃刀や電気シェーバーなどのレビューを行っています。剃刀負けをしやすい人にとって有益な情報を発信していますので、よろしければ参考にしてください。

スポンサーリンク

貝印 ビスティーEX おすすめポイント ドラッグストア、コンビニととにかく場所を選ばず、販売されている

貝印 ビスティーEX 安い

貝印のビスティーEXの特徴は、コンビニやドラッグストアで売られており、500円未満で買える使い捨て剃刀という点です。

参考までに、アマゾンだと6本入りが、398円で100円未満で購入できます。

出張先で髭が気になる、ホテルの剃刀だと剃刀負けが心配、という人にお勧めできます。


非常にシンプルな設計になっているので、初めて剃刀を使う人はもちろん、私のようにメインは電気シェーバーだけど、どうしてもしっかり深剃りしたいときのサブとして、貝印ビスティーEXをもっておくのは、良い選択肢だといえます。

貝印ビスティーEXは、先端が多少首振りするものの、ほぼ固定されており、深剃りしやすい設計になっています。

また、人間生活工学から生まれたデザインになっていて、ハンドルが握りやすくなっています。ギザギザの加工がされていて、多少濡れていても手から落としにくいのが、特徴です。

 

貝印ビスティーEX 切れ味と耐久性はどれぐらいもつの? 賢い使い方

貝印 ビスティーEX 2枚刃

貝印ビスティーEXの切れ味と耐久性はどうでしょうか?

実際に私生活で使用したところ、細かく髭かすを落としていけば、10回近く使用できます。ただ5回目からは、やや剃り味が落ちました。


耐久性は可もなく不可もなくですが、価格が価格でコスパがいいので、6本入りなら2か月ぐらいはもつかもしれません。

前述のように、これ一本で髭のケアをするのではなく、デートや会議の前なら、電気シェーバーであらかた掃除して、細かく残った髭をビスティーEXで一掃するのが、賢い使い方になります。

 

貝印ビスティーEX 剃刀負けは実際にあるのか? 他の2枚刃剃刀と比較

貝印ビスティーEXの剃刀負けはどうでしょうか?

なめらかな肌あたりを実現するためにアロエスムーザーが使用されていますが、シックやジレットのスムーザーに比べると、ぬるぬるとした感覚はなく、肌あたりの恩恵は、あまり感じられませんでした。

刃は、ダブルチタニウムコーティングで、鋭く切れます。

過去に2枚刃は、フェザーのF2という商品を試したことがありますが、切れ味がするどいのですが、剃刀負けもひどかったです。

 

貝印ビスティーEXも2枚刃で、逆剃りなどをやってしまうと肌がヒリヒリして、出血もしてしまうのですが、順剃りだけを心掛ければ、肌が荒れていなければ問題なくそれます。

過去に紹介した貝印プレミアムディスポイグニスに比べると、剃り味、耐久、そして剃刀負けは数段劣りますが、とにかく価格を優先するのであれば、ベスティーEXはお勧めできます。

 

まとめ 貝印ビスティーEXを購入すべき人、使うべきタイミング

これまで記載した貝印ビスティーEXの特徴をまとめてみましょう

  • 国産で、ドラッグストア、スーパー、コンビニ、ネットショッピングで簡単に安く購入できる
  • ハンドルはギザギザに加工されいて、手が濡れていても使いやすい
  • 2枚刃でアロエスムーザーが使われているので、剃刀負けが弱い人でも使えるレベル

貝印の5枚刃使い捨て剃刀のプレミアムディスポイグニスの方が、使いやすさ剃りやすさともに軍配があがるものの、2枚刃の使い捨てで価格の安さを考えると、ビスティーEXもかなりお勧めできます。

そして、貝印のビスティーEXは以下のような方にお勧めできます

  • 長期間の出張や旅行を控えていて、ホテルの剃刀を使うのが不安
  • 初めて使い捨て剃刀を購入するが、安価で性能が良いものが欲しい
  • 普段は電気シェーバーを使っているが、深剃りできるために手ごろな剃刀がほしい

以上の悩みを抱えている人ならば、確実にお勧めできる商品です。

特に安価なので、電気シェーバーのサブとして使用するのが、お勧めの使い方です。