花粉に効果のある医薬品ってほんまに効き目あるの? 3月に使用した花粉への医薬品を徹底レビュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうも4月です。そしてどうも、ヒノキです。スギの脅威は、やや減りましたがまだまだ俺たちの戦いは終わらない!!

ということで、花粉、ハウスダストに対する医薬品レビューを行いたいと思います。

それぞれ1を最低、5を最高とする5段階評価でジャッジを下したいと思います。

 

スポンサーリンク

クラリチン 評価2

要指導医薬品の抗アレルギーの新生として期待していたクラリチンでしたが、結論から言うと今年のスギには無力でした・・・

2月下旬からのみはじめ、1か月以上使用していましたが、抗アレルギーの本領は発揮されず、雨の日でも鼻詰まりがとまりませんでした。3月中旬を過ぎると目のかゆみまで悪化しました・・・

こういった薬は、花粉の激しい時期、おとなしい時期で使ってみないと結論はでませんけど、例年、医者で処方されたフェキソフェナジン(アレグラ)が効き目がありましたが、こちらはほぼ・・・無力。激しい時期に使うことはないでしょう。

眠気に関しては、鼻詰まりで常に頭がぼーっとしていたので、しっかり効いていたかどうかは不明。

アレルカットEX 評価2

ステロイドをメインとした点鼻薬。血管収縮剤は入っていませんが、長期使用は厳禁。

最初は、症状がきつくなってから使用していましたが、それは間違いで使用しつづけることで、アレルギー症状を抑えるらしいです。

では使用し続けていっても・・・アレルギー症状はとどまるところを知りませんでした。

鼻水だらだらを防いだというのは、こいつの功績でしょうか。

スタディーALG 判定不能

抗炎症成分があまりなく、抗アレルギーを中心に構成した目薬・・・。使い続けないと効果は実感できませんが、目薬をさすのが面倒すぎて、あまり使っていない印象。

その影響で深夜は目をこすりつづけて、翌朝は目が真っ赤に・・・

葛根湯加川芎辛夷 評価5

名前の通り、葛根湯にセンキュウ、シンイという鼻づまりに効能のある生薬をプラスした漢方薬。

漢方といえば「小青竜湯」があまりにも有名ですが、あちらは透明な鼻水が流れるのを止めるのですが、こちらは鼻づまりや副鼻腔炎などに効能があります。

個人的にこの漢方薬が今シーズンのMVPです。

服用してから30分ぐらいで、鼻詰まりが非常に楽になりました。

花粉の時期といえば、鼻づまりで飯の匂いがわからず、味覚が機能しなくなります。

去年は最悪なことに5日ぐらい味覚がストップしていた時期がありました・・・ほんとうにつらかった。

そのため、花粉症の時期に味覚が機能していないけど、ディナーのお誘いがあったときは、だまされたと思ってこいつを30分前ぐらいに服用してみてください。

「鼻づまりってこんなに厄介で、解消できたら素晴らしんだな」と気づくでしょう。

効果も2~4時間と体感はまばらです。

小青竜湯内服液 評価3

結論、苦い・・・

もともと酸っぱさもあって飲みにくい漢方薬の小青竜湯ですが、内服液にしてもその味は健在。これを1日3本はちときつい。

スポーツ観戦した時に使用して、たしかにくしゃみの量は減ったかなという印象ですが、1日だけではわからず(笑)

アルガードクイックチュアブル 評価4

第一世代ヒスタミンのチュアブルタイプ。水色のお洒落なスケルトン容器にはいっているため、価格がやや割高。

メキタジンという成分が眠くなりにくいらしいですが、抗コリン成分もはいっているので、薬でよく眠たくなる人にとっては意味がないのか。

いざ、使ってみるとチュアブルはメントールの味わいでやや苦みを伴いますが、眠気はおろか、口の渇きさえもでないのが素晴らしいです。

ただ、1日3回タイプなので2~3時間たてば、鼻水はまただらだらになります。

コストパフォーマンスは悪いですが、携帯性は抜群に高く、困った時のチュアブルタイプということで、評価を高くしました。

ポケットにこいつを忍ばせているだけで、なぜか安心して鼻炎症状が出にくくなったということも・・・偶然でしょうが

平成最後の花粉は極悪でした

まだ、終了していませんが、平成最後の花粉は異常なほどつらく、抗アレルギー剤程度では、どうにもならんということがわかりました。

また、度重なるくしゃみでのどの粘膜がやられ

喉が痛くなる

咳き込む

そして、免疫が極限まで落ちての発熱・・・・

ほんま、俺って病弱すぎ・・・

さて、おさらいすると

一番効果がじっかんできた医薬品が

葛根湯加川芎辛夷

一番効果が実感できなかったのは

クラリチン

になります。症状がはっきりとあらわれたばあいは、抗アレルギーでは追いつきません。あなたの症状にあった医薬品を登録販売者、薬剤師の先生に相談してみてはいかがでしょうか。