糸ようじキッズ 口コミ 大人が使っても、切れない、入らない奥歯にするする入る 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は、デンタルフロスのホルダー型(持ち手がついている)として有名な、小林製薬の糸ようじを使ってみました。
ただ普通の糸ようじではなく、「糸ようじキッズ」です。子供用の小さな糸ようじが大人が使ってみました。
小さい糸ようじを使用することで、奥歯に糸が入らない問題や、大人の歯でごりごり使っても、耐久性はあるのか?という素朴な疑問を解決しようと思います。
アマゾンの口コミ情報も踏まえ、デンタルフロス歴の長い、筆者の視点で紹介していきます。


ドラッグストアで働いていて、まれに「子供用のフロスや歯間ブラシを探しているのですが」と聞かれることがあります。

大人用に比べて、子供用のフロスや歯間ブラシを求めるお客様は、まだまだ少ないですが、永久歯に生え変わってからは、永久歯を死守することが大切です。

デンタルフロスは、始められるのであれば、早いうちに始められるに越したことはないのです。

本ブログでは、デンタルフロスやオーラル商品について、積極的にレビューしています。よろしければ参考にしてみてください。

(フロスだけでもかなりの数をレビューしています)

スポンサーリンク

糸ようじキッズは、大人でもしっかり使える設計 強度もあり奥歯に入りやすい

過去に糸ようじを使用した経験がありますが、糸ようじキッズが、糸ようじに比べて明らかに小さいという感覚は、あまりありませんでした。

糸ようじキッズ

ベビー綿棒なら、普通の綿棒よりかなり小さく感じられるのですが・・・

実際に使用してみると、ヘッド部分の大きさが糸ようじとあまり変わらないため、口の小さな人は、奥歯に入らない可能性があります。もう少し、小回りが利く大きさかと期待していましたが・・・

前回紹介したエビスの幅広タイプのフロスと同じく、糸ようじキッズは、持ち手が大きめになっているため、グリップ力が高く、糸ようじを動かしやすいのが利点です。

糸は細めに感じられますが、強度は、大人用の糸ようじとあまり変わりません。

動かしすぎると、繊維が少しだけほつれますが、繊維が切れてばらばらになるわけではありません。成人男性が多少力をいれても、耐えるだけの強度はあります。

そのため、お子様の歯の掃除は、お母さんだけでなく、お父さんでも対応できますね。

全体の大きさが、糸ようじに比べて、明らかに短くなっているわけではないので、お子様がお使いになると、喉の奥にあててしまうかもしれません。

フロスを使って、奥歯を掃除することは大人でも難しいため、コミュニケーション+掃除と考えて、お子さんの歯をしっかり掃除したいところです。

糸ようじキッズは食べかすを取るのは得意だけど、歯垢除去はやや苦手

糸ようじに比べると、糸の本数が6本から4本と少なくなっています。

そのため、細めになっており、歯間にはさまっても動かしやすかったり、歯間が狭い人でも使いやすいというメリットがあります。

一方で、食べかすを取りやすいのですが、歯垢をしっかりからめとっているという感覚が乏しいです。

フロスをした後に、歯間がひろがって唾液が通っているというあの感覚は、糸ようじキッズでは得づらいです。

僕は、歯の掃除をさぼる日もあるため、久しぶりに使用すると、糸ようじキッズ一本では、物足りないこともあります。

逆に、歯間ブラシを使って、食べかすをとることが好きな人は、糸ようじキッズとの相性はいいかもしれません。

僕は、歯垢をごっそりとって、歯石を防ぎたいので、糸ようじキッズより相性の良いフロスをまた求めたいと思います。

糸ようじキッズは、歯間が狭い大人や、糸ようじが苦手な人でも使用してみる価値がある

糸ようじキッズの特徴をまとめるとこのようになります

  • 奥歯が入りにくい、歯間の狭い大人が使ってみてもいい
  • 持ち手が大きめで、力強く動かすことができる
  • 成人男性が力任せに動かしても糸は切れないほどに強度は高い

(糸ようじ同様に、プラスティックケースになります)

糸ようじキッズは、2~6歳の使用を想定した糸ようじになりますが、糸ようじが使いにくいという大人の方でも、使用する価値はあります。

注意点としては、大人用の糸ようじ同様に、プラスティックケースになり、角張っているため、お子さんが触ると、けがをする可能性があるということです。

子どもにフロスを使ってあげることで、将来の歯周病、虫歯予防として、貴重な教育ができますし、親自身も、「自分もちゃんとフロスをしないと」とフロスを習慣づける意識付けができるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。