なぜいろはに愛姫は撤去されて、ディスクアップは増台されるのか? 甘いの定義 ホールの設置状況

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

自粛明け後に、スロットホールに何度か足を運び、ようやく2020年に話題をかっさらった台の一つ、大都技研の「いろはに愛姫」を打てることになりました。
自粛明け後も一部のホールは、愛姫を設置しつづけています。一方で、同じように甘いといわれているディスクアップは、なぜか島がつくられたり、増台しつづけられています。
なぜ、ディスクアップは増台されて、愛姫は撤去されているのでしょうか?

 


このブログでは、スロット演者についてよく話題に取り上げています。よろしければ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

いろはに愛姫 設置状況 基本1~2台、5スロでの運用も

いろはに愛姫の京都の設置状況は、DMMぱちタウンなどで見ることができます。

いろはに愛姫が、話題を集めたのは、設定が青7揃い時の左、中、右の押し順で変わるという斬新なゲーム性と、看破しやすい設定、そして設定看破ができれば104%近い機会割を得られる点にあります。

 


技術介入をすべて満たして、機会割100%以上の台は、アクロスのノーマルタイプや、最近ならサザンアイズなど珍しくなくなりましたが、私のように目押しがまるでできない養分でも遊びやすい仕様です。

厳密にいえば、愛姫もノーマルタイプの要素があるため、ボーナスを最速でそろえたり、スイカのこぼしをなくすことが、条件になります。

 

なぜディスクアップは、撤去されず島もつくられ、2020年になっても増台されているのか?

2020年7月現在、愛姫はあまりの甘さゆえ、撤去するホールも多く、逆にディスクアップは、甘いといわれているにも関わらず、なぜか増台したり、ホールによっては10台以上の島を形成しているホールもあります。

思い当たる理由を推測すると

  • 甘いといってもビタ押し要求台だから、103%出し続けられる危険性が少ない
    (さらに、非等価であればこのリスクがかなり防げる)
  • 高設定確定演出があるので、イベント日に設定変更することで、設定アピールができる
    (愛姫も設定6はあるが、確定演出はない)
  • 初期パネルと後期パネルで、出率が異なる・・・(後期は完全攻略で100%らしい?)といううわさがある

 

「ディスクアップ初代パネルだけ激甘基盤」動画の詳細について

あと、ディスクアップは5.9号機なんですが、コイン持ちが悪くて、50枚あたり32ゲームしか回らず、ARTもパンクリスクが高く、まとまったゲーム数を得るためには2分の1の確率を通す必要があります。

そのため、諭吉の消化スピードが5号機に負けず劣らないのが、ディスクアップです。


愛姫も50枚当たり37ゲームと、コイン持ちが非常に良いわけではありませんが、BIGボーナスで、確実に30ゲーム以上のARTを獲得できます。

いろはに愛姫は、BIGボーナスさえ引ければ、だらだらと遊ぶこともできますし、ディスクアップほどではありませんが、ART中にボーナスを重ねることで、出玉の波を作ることができます。

 

 

小役に関しても、ディスクアップは音量は大きいですが、ディスプレイ演出は最低限で、愛姫は小役を演出で知らせてくれるので、スイカのこぼしも少ないように思われます。

 

 

イベント日にぽっかりとバラエティで空く いろはに愛姫

2020年7月時点で、いろはに愛姫を導入しているホールは

  • 客寄せのためだけに設置して、他はベタピンで放置している典型的な利益回収型ホール
  • 定期的にイベントなどをしている優良店

 

この2つに分けられます。後者のホールが愛姫を設置している場合、イベント日などで抽選が弱かった場合に、愛姫を打つことができました。

実際のケースとして、抽選で200人並んでいて、70番ぐらい、良くもないですが、スロットがまったく打てないわけでもない番号の時、ホールを見渡したら、狙い台は打たれていましたが、愛姫は残っていました。

こういうケースはあるかもしれません。

いろはに愛姫への批判として

  • ずっと打ち続けて、ようやく104%に近づく
  • 早期に設定を看破しないと機会割が減っていく
    (ディスクアップは、目押しさえできれば最初から機会割が保証されている)
  • ハイエナのほうが、効率よく時給を稼ぐことができる

 

確かに、いろはに愛姫で完全攻略をすることは難しいです。ただ、ハイエナもマイナー機種でさえ情報過多で、競争者が多いです。

ディスクアップも、いろはに愛姫もA+ARTなので、ARTのゲーム数をまとめて取得すると、台移動しにくいというデメリットがあります。(1人だけで活動する場合)

 

 

ずっと打ち続けないと、機会割を確保できないというのは、賛成です。10時から22時近くまで打つのは、本当にしんどいです。僕は間違いなく専業スロッターにはなれませんね。

 

 

一方で、ディスクアップは島単位で導入されていることが多く、波の激しい台なので、出ている人、出ていない人と別れますが、愛姫は1~2台だけなので、AT機を打っているときのような、殺伐としたメンタルにならないのは、最高だと思います。

 

いろはに愛姫とディスクアップも軍資金は10万円ぐらいは必要

ディスクアップ、いろはに愛姫に関して、甘い=勝てるといわれていますが、軍資金は必要になります。

ハイエナの場合でも、天井まで当たらず天井単発が続けば、軍資金はかさみます。

前述のように、ディスクアップはコイン持ちが良くなく、30分程度で1万円が速攻で消えます。現在は税金の関係で、1000円あたり46枚貸しのホールが増えたことで、さらに軍資金が必要になります。

 

 

たまたま、1000円入れて、BIG引いて、ARTが続いて2000枚ぐらいの出玉ができて、貯メダルできた・・・となれば最高ですが、そのような展開はほぼないと思って、淡々と打つしかないでしょう。

愛姫に関しても、チャンス目を引いて3割を通さないと、ボーナスにはなかなかつながりません。ボーナス合算は、設定6以外で分母が160ほど、天井のないノーマルタイプなら、やや重めです。

 

 

さらに、REGの性能がほぼ現状維持と変わらないような出玉になるので、BIGが引けないと投資がかさみます。さらに、打ち始めは設定がわからないので、BIGによるARTのゲーム数も計算しずらいです。

 

 

そのため、いろはに愛姫も余裕で3~4万円負けられます。僕も9000円投資して、1300枚まで出玉を作れたのですが、最終的に少しマイナスぐらいまで、落ち込んでしまいました。最大700ゲームはまりました・・・

 

2020年下半期以降のいろはに愛姫の打ち方とホールの選び方について

コロナの影響などもあって、徐々にいろはに愛姫を導入するホールは、減少傾向にありますが、撤去されているからこそ、導入して信頼を得ようとしているホールもあります。

私は、椎間板ヘルニアなので、愛姫を終日打つこともできませんし、小役や押し順をどうしてもこぼすことはあるので、機会割も下回るかなと思います。

 

 

また、仕事終わりに愛姫を打つという人もいるみたいですが、夕方から空いているほど不人気な機種ではありません。たぶん、これから残しても1~2台というホールが大半で、ディスクアップのようにシマを作ったり、増台する可能性はゼロに近いです。

そのため、前述のようにイベント日で中途半端な抽選番号を引いてしまったとき、友人と連れ打ちして、1日ずっと打てるときの保険、選択肢として考えたいと思います。

 

 

1~2台だけの場合、バラエティにひっそりと隠れている場合があります。Pワールドで確認したり、下見するのもいいかもしれませんが、ある意味、バラエティの救世主みたいな位置づけですね。

ただ、ずっと打ち続けて収束しての103~4%の機会割なので、当然1日だけ勝とうとおもっても、3~4万のマイナスを背負うことも、逆に3万以上のプラスになることもあります。

 

 

youtubeでも動画発信しています。よろしければチャンネル登録お願いします。

The Last of Us Part II(ラストオブアス2) クリア後ネタバレ全開の感想 なぜストーリーは残念だったのか? part2とアビーの設定の真実について考える