amazonで3000の口コミ ワイヤレス充電器をiPhone11で使用した感想|寝ながら使用できる? 欠点 充電速度 レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhone11はワイヤレス充電に対応していると聞いたので、さっそくamazonでレビュー3000件以上のワイヤレス充電を購入しました。PeohZarrのワイヤレス充電を使用しました。もちろんiPhone11対応です。
実際に利用したケーブル充電と違うメリットや、逆に欠点はあるのかどうかを比較しながら、使い方を含めてレビューしていきます。

このブログではガジェットに関するレビューを行っています。よろしければ参考にしてください。

スポンサーリンク

ワイヤレス充電 使い方は簡単 充電しながらiPhone11を操作することもできる

ワイヤレス充電は、付属のUSBケーブルをつないで、ACアダプタをこちらで用意して電源にさせば準備OKです。とりあえず、iPhone11付属のアダプタをつけてみました。

余談ですけど、iPhone11のACアダプタ・・・最初から高速充電対応にしておいてよ・・・

参考までに、+のマークにiPhoneのリンゴマークを重ねると充電状態になりやすいです。

 

 

また、充電器は軽いので、充電器とiPhoneをくっつけた状態で、持ち上げてしようできなくもないです。あまり推奨はしませんが。

ワイヤレス充電のメリットとして、端子を傷つける必要がないという点です。


特にiPhone11は独自規格のライトニング端子になり、イヤホンジャックなどもないので、ワイヤレスイヤホンを採用しない場合、かなりライトニング端子部分を酷使します。酷使すると最悪充電できなくなってしまいます。

長期間同じiPhoneを使用し続ける場合は、ワイヤレス充電器は選択肢の1つになるというわけです。

 

ワイヤレス充電器 欠点 充電速度のワイヤレス充電の正確性に難あり

ワイヤレス充電器の欠点は主に2つ

  1. 充電速度が遅い
  2. 面倒くさい

この2つです。この2つの欠点により、私は高速充電対応のアダプタを購入して、そちらを重視しています。

まず充電速度ですが、iPhone11付属のアダプタは、ケーブル充電しても遅すぎるので、高速充電対応のアダプタに変更・・・それでも変わりませんでした。従来品より充電速度が速いみたいですけど、1時間で30%充電できるかどうかぐらいの速度でした。

 

高速充電対応のアダプタを使えば、1時間で50%近く回復します。お風呂に入っていれば、寝るまでは余裕で使えます。

次にワイヤレス充電なのに、面倒?って不思議だと思いますが、面倒なんですよ。


まず、台座の上に置きさえすれば簡単に充電できると思ったのですが、ちゃんとプラスマークとリンゴマークを合わせないといけません。充電できれば台座の部分が少し発光するのですが、大きなiPhoneを置くと、発光部分が見えないです・・・

iPhone11の画面をみればいいんですけどね。

残念だったのが、眼鏡を机においた際に少しだけiPhone11が動いて、正常に充電できずに勤務日の早朝にかなり焦りました・・・

 

 

充電範囲がもう少し広くないと実用性はかなり劣ります。

一応、スタンドタイプも発売されており、縦置きしながら動画も見れるので、スタンドタイプのほうが私に合いそうです。

 

ワイヤレス充電 寝ながら使用ができないのが不便・・・

ワイヤレス充電の一番の欠点ですが、寝ながら使用ができません。ケーブルなら、直接つないで、ケーブルの位置さえ気を付ければ、寝ながら使用できます・・・視力は一気に落ちますけどね。

スマホの動画をみながらでないと寝られないような精神状態、スマホ依存の私にとっては、寝ながら使用できないのは、致命的すぎます・・・

以上が、ワイヤレス充電を使用した感想になります。新時代の充電器として、かなりワクワクしたのですが、実際に使ってみると、充電速度や正確性において不満点があり、高速充電のケーブルをさしてしばらくして、使えばいいじゃないかって結論に至りました。