楽天 ハッピープログラム改正を受けて・・・ 取引件数は公営競技で稼ぐ 楽天競馬をはじめてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうも、楽天銀行使用者の間では、有名でしたが

6月26日以降、ハッピープログラムの取引件数のカウント及び、ポイント獲得条件が変更されました。

楽天銀行には、ハッピープログラムというランクシステムがあり、預金残高や楽天銀行を活用した取引件数に応じて、月ごとにランクが決定します。

ランクによって、ATM利用手数料無料の回数、他行振込手数料無料の回数、そして、楽天銀行経由のポイントの倍率が変わってきます。

詳細は下記サイトに並んでいます。

今回は、この改正を受けて、やるべきことやハッピープログラムについて改めて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

スーパーVIPを2か月経験して思ったこと

楽天銀行を便利に扱いたいというのであれば、できればVIP、最低でも残高50万以上のプレミアムに残っていきたいところです。

私は過去にマネーブリッジ(楽天銀行から楽天証券口座へダイレクトに資金を移して株を売買できるサービス)に気を良くして、必要のない個別株を購入して、現在大損中で、口座残高もひどく減らしてしまったので・・・

預金残高が10万~50万のアドバンスドなら、ATM手数料無料回数がたった1度だけで、よく200円以上の高額な手数料を請求されました・・・

逆にスーパーVIPになるメリットは、あまりないです。ATM利用手数料以外は、VIPと変わりませんから。月に7回もATMを利用することってありますかね・・・

さて、過去に楽天銀行を使用している先人たちが、ハッピープログラムの欠陥をつきました。

それは、取引回数でランクがあがることを利用して

  • 100円の投資信託を複数買って、取引回数を荒稼ぎする
  • 積立NISAを毎月ではなく、毎日投資にして、取引回数を荒稼ぎする

こんな方法を使用していました。ネットでもその過去の産物がいろいろと見られます。

この方法のメリットは、一度楽天証券で設定してしまえば、あとは放置するだけで取引回数とポイントの恩恵を受けられることです。

スーパーVIPになれば、ポイント倍率もつくので、100円の積立投資なら3ポイントで利率3%で実質運用といわれていました。

僕は、積立NISAをやっていましたし、銘柄をたくさん選ぶのはややストレスなので、積立NISAでやりました。

しかし、今回の改正を受けて、どちらのやり方も通用しなくなりました。

入金があった日ごと月間3件まで

1日にどれだけ取引しようが、月間3件です。手厳しすぎる・・・

明らかにユーザーから見ても、穴だったので修正されることはわかっていましたけどね。

とはいえ、僕の預金残高はまだまだ100万まで遠い・・・

そのため、また新たに発見されたテクニックを活用しました。

楽天競馬で、入金と精算を繰り返すだけ

今回の改正で規制、いや逆に緩和されたのが一つ。

それが

公営競技

いわば、ギャンブルですね。

他が月に3件までと明らかな限度が設けられているのに、これだけ月をまたいでも1件としてカウントされます。さすがに1日に何度入金しても1件扱いですが。

いろいろあるんですけど、今回は楽天競馬を活用してみました。

楽天競馬は、地方競馬に投票できたり、周りのオッズを俯瞰できたり、LIVE映像がみられるサービスみたいです・・・

みたいですって言っているのは

競馬に全く興味がないからです(笑)

おそらく、よっぽどストレスが溜まらない限りは、利用しないと思います(ありそうで困る)

地方競馬なので、カレンダーをチェックするとほぼ毎日開催されています。

購入した馬券にも楽天ポイントが付与され、レースによってパーセンテージが変わってきます。中には10%返ってくるものも・・・勝利すれば二重取りですね。

あと、事前エントリー必須ですが、それを済ませることで楽天競馬に会員登録(もちろん無料)するだけで、楽天ポイントが1000ポインともらえます。

ポイントサイト経由でもポイントがつくサービスなので、僕はハピタス経由で二重取りしましたね。

取引件数を確保できる無難な方法として

  1. 会員登録後、入金受付時間にとりあえず100円入金
  2. マイページから会員情報へ入り、投票資金繰越設定を「当日一括清算」に変更

これをすると、入金してその夜になったら自動的に100円が楽天銀行に戻っていました。

入金と精算をメールで伝えてくれるサービスもあるみたいですが、そもそも入出金が発生したら楽天銀行からメールが届くので、「不要」で問題ないでしょう。

一応、参考のサイトではポイント加算まで確認できたみたいです。過去にも公営競技だけでスーパーVIPになった報告はよく聞かれているので、鉄板な方法になりそうです。

今までのように、一度設定さえ済ませれば、全自動で取引件数が稼げる方法ではありません。

残念ながらGoogleのアプリは作られていなくて、アップルのみが現状みたいです。アンドロイドユーザーはおとなしく、ブラウザからINですね。

前述の通り、ポイント倍率ならスーパーVIPにならずVIPでとどめても問題ないので、月に20回ぐらい取引回数を稼げれば問題ないと思います。

将来的に、マネーブリッジの金利優待がなくなって、マネーブリッジ=スーパーVIPに紐づけされるのではないかなぁと予想しています。