GUM ガム・ウェルプラス デンタルハブラシ 466 ガムの最新歯ブラシの使用感が非常に素晴らしかった話

健康欲のドラッグストアで買えるものレビュー
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日は相変わらず、GUM(ガム)の歯ブラシはクオリティが高いという話です。ただそれだけの話です。
ガムの歯ブラシといえば、愛好者は多いですが、ウェルプラスシリーズの歯ブラシを使っている人はあまり多くないと思い記事にしました。
実際に使ってみた驚きの使用感、長時間使ったからこそわかる従来の歯ブラシとの違いについて、語っています。

このブログでは、オーラルケア、歯ブラシ、歯磨き粉に関する情報を紹介をドラッグストア店員、登録販売者の視点で紹介しています。

シュミテクト トゥルーホワイト 感想と評判 やさしいホワイトニングとの違い 電動歯ブラシとの相性 しみない?白くなる?

クリニカアドバンテージNEXT STAGE ハブラシ ブラシではなく歯ブラシの構造そのものに着目したパキパキ+しなりの歯ブラシ

シュミテクト 歯周ケアブラシ 3次元フィット 感想・レビュー 多機能歯ブラシの中では、まだマシ・・・優等生と劣等生の差が激しい

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガム・ウェルプラス デンタルブラシ #466【極細毛先シリーズ】の特徴と解説

今回使用したのは、ガムの歯ブラシの中でも上位シリーズ?にあたるウェルプラスの466番

極細毛先にざらざら毛先が追加されて、歯垢プラークをしっかりと除去するというコンセプトの商品になっています。

GUMの商品らしく、スケルトンカラーで高級感があり、歯先もしっかり作られており、職人技が感じられる1本になっています。

持ち手は、エンピツ持ちができる、多角カットを売りにされていますが、実際はそのまま握ってつかっていました。

スポンサーリンク

ガム・ウェルプラス デンタルブラシ #466【極細毛先シリーズ】 使ってみた感想と評価

使って、1か月あたりは、歯ブラシにしっかりとざらざら感があるのがわかります。やさしくなでるように磨いたとしても、ブラシのざらざらがしっかり、歯茎と歯にあたって、心地よく歯垢をかきだしているのかな?と感じられます。

強くあてすぎると、ザラザラ感はそこなわれるので、やさしくあてましょう。

しっかり磨けば、歯磨き粉は不要で、ツルツルとした感覚がやってまいります。普通に使っているだけで、ここまで気持ちよい気分になれるのは、ガムのなせる業ですね!!

ただ、さすがに2~3か月使用すると、表面のザラザラ毛先の効力は弱まり、普通の歯ブラシを使っているのと変わらない感覚です。ただ、ガムはベーシックで優良な歯ブラシなので、たとえざらざら感がなくても、ストレスなく使えますね。

 

以上が、ガムウェルプラスの歯ブラシのレビューになります。ウェルプラスは阿部寛さんのCMで歯磨き粉は有名になっていますが、歯ブラシも非常に素晴らしい商品なので、ドラッグストアで見かけた際は、購入を検討してはいかがでしょうか?

シュミテクト トゥルーホワイト 感想と評判 やさしいホワイトニングとの違い 電動歯ブラシとの相性 しみない?白くなる?

クリニカアドバンテージNEXT STAGE ハブラシ ブラシではなく歯ブラシの構造そのものに着目したパキパキ+しなりの歯ブラシ

シュミテクト 歯周ケアブラシ 3次元フィット 感想・レビュー 多機能歯ブラシの中では、まだマシ・・・優等生と劣等生の差が激しい

タイトルとURLをコピーしました