原神 最新まとめニュース バージョン2.3は岩祭りの予定 荒瀧とアルベドは引くべきなのか?

原神最新情報まとめ
原神_20211110234352
スポンサーリンク

スポンサーリンク

原神の最新情報をお届け。来るVer.2.3白雪に潜みし影にて、完全新キャラの荒瀧一斗、ゴローとともに、アルベドが一枚絵にうつされたことにより、ほぼ90%以上、次回の復刻ガチャに岩元素のサポーター、アルベドが登場することが決定しました。

 

このブログでは、原神の無課金、微課金、初中級者を中心に原神の最新情報と楽しむポイントをお届けてしています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

原神における岩元素 守って攻撃力をあげて殴るという単純明快なコンセプト

岩元素は、他の元素と反応を起こすと、結晶化という反応が起こり、シールドを生成してくれます。

一方で、敵の動きをとめたり、大ダメージを与えるといったメジャーな元素反応に比べると、かなり地味な効果になっています。

岩元素の魅力は、パーティーに岩元素キャラ2体を入れて元素共鳴を起こすことになります。他の元素と異なり、岩元素共鳴は、かなり強力な効果になっています。

シールドを強化し、シールド状態の場合、与えるダメージのバフ、さらに相手に岩元素耐性を下げるデバフになります。

つまり、戦闘の鬼になります。

もともと岩元素キャラのコンセプトが、シールドやバフで純粋に味方を強化して、敵を殴るというシンプルイズベストなもので、岩元素のコンセプトと元素共鳴が、あまりにもはまりすぎています。

 

 

スポンサーリンク

すべての原神プレイヤーが、岩元素共鳴を体験できるぐらいに敷居は低い

また、岩元素共鳴が強いといいましたが、岩元素のメリットとして、無課金、微課金でも下地が整っているという点が挙げられます。

主人公は、早い段階で、岩元素キャラになることが可能。単発火力があり、敵の攻撃を防ぐ元素スキルと、味方にバフをかけて、敵の進路をこちらも妨害する元素爆発をもっています。

主人公なので、6凸もしやすく、元素爆発の回転率があがるなどのメリットがあります。

次に、初心者ガチャで確実にゲットできるノエルです。

ノエルは、元素スキルでシールドをはり、元素爆発で防御力を基準に攻撃を上げて、攻撃範囲の広い岩元素斬撃を繰り出します。

防御力を基準にパワーアップするというユニークなキャラですが、アタッカー、サポーター、ヒーラーすべてをこなすことができます。

確実性はかけるものの、元素スキルでチーム全体を少しずつ回復することができるのは、地味に便利。r

サブアタッカーとして運用すれば、メインアタッカーが傷ついたときに、ノエルに交代して助けてもらったことが、何度もあります。

余談ですが、私は岩主人公をメインアタッカー、ノエルをサポーターにして、原神のストーリーを稲妻まで遊んでいました。

今思えば、岩主人公の火力は心もとないのですが、岩元素共鳴が強力だったので、あまり意識してませんでした。

 

スポンサーリンク

荒瀧一斗はどういうプレイヤーが引くべきか? 実は初心者向け?

まだ、2.3の予告放送がされておらず、荒瀧一斗の明確な能力が不明になっていますが、見た目からして、メインアタッカーになりそうです。

岩元素のメインアタッカーは、凝光とノエルになりともに星4です。純粋なメインアタッカーならば、凝光のみになります。

あとは、サブアタッカーあるいはサポーターになります。星5のアルベドと鍾離(しょうり)は、サポーターとして最高峰の能力を誇っており、岩元素パーティを組むのであれば、アルベドは必須級といわれています。

 

以上の点から、星5の岩元素のメインアタッカーとして、荒瀧は待望のキャラといえます。一方で、大剣キャラというのは、メインアタッカーであれば激戦区になります。武器も優良な武器が多いです。

ちなみに私は、100時間ぐらいはレザーを使っているので、大剣のメインアタッカーかぶりは嫌だなという理由で、荒瀧はスルーする方向です。他の星4のピックアップしだいで、数十連引こうかな?という程度です。

ちなみに荒瀧がお勧めな人は、岩元素パーティーを頑張って作っている人は当たり前になります。またショウリ先生や、アルベドをすでに持っている人も候補にあがるでしょう。

あとは、前述のようにすでに岩主人公とノエルという岩元素キャラの下地を誰もが持っているので、原神はじめたてて、メインアタッカーが欲しい人は、初のメインアタッカーとしてはアリだと思います。

一方で、ここ最近のガチャが、タルタリヤと最も人気の高いアタッカーのフータオ。しかも現在進行で、かなり優秀な武器ガチャが開催されており、既存プレイヤーは、重課金でなければ荒瀧を引く動機が弱そうです。

 

タイトルとURLをコピーしました